大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2010/4/25(SUN)   
『第十六回 平成ラリー塾
~2マン・シリーズ「友情って何でしょう?」』
GARLICBOYS/GOOD 4 NOTHING

GOOD 4 NOTHINGlive at Fandango 100425
GOOD 4 NOTHING
GOOD 4 NOTHINGlive at Fandango 100425
GOOD 4 NOTHING
5月はもう目の前なのに、真冬のような寒さが続きます。でも今夜はそんな寒さなんて 吹っ飛ぶようなアツい夜になりそうです!その理由は・・・!そう!!本日4月25日は、 第16回を 迎える「平成ラリー塾」なのです!!GARLICBOYSとGOOD4NOTHINGの 2バンドが、向こうで足踏みしている夏の暑さを呼び寄せます!まず最初に登場したの はGOOD4NOTHING!爆音のSEで登場し、お客さんを煽ります。 そして演奏が始まった瞬間から、待ってましたとばかりにダイブの嵐!嵐! 常に誰かが上にいるような状態で、警備の人もてんやわんやです。 メロディックでハードコアな曲をぶっとばしまくって、みんな飛び跳ねずにはいられない! 明日の筋肉痛なんて気にしない、今日が楽しかったらそれでええんやーっ!!という感じの ライブ、やっぱり見ていてめっちゃ楽しい!約60分間、CDで言えばアルバム一枚 まるまる位の長さでも、ライブだと一瞬のように感じてしまいます。さて、良い感じに フロアの温度も上昇した後、やってきましたGARLICBOYSの登場です!!この風格! やはり熟練のバンド!といった雰囲気ムンムンです。さっきよりもさらにお客さんは ステージに詰め寄り前はギューギュー詰めで、演奏は「失恋モッシュ」から始まりました。 ヘヴィーなベースライン、唸るように突き抜けていくギターの音がたまりません! 大人の色気も感じます。そして、おもしろいのはなんといってもMCでしょう!! 「ですよね〜」なんていうコネタもあり、今日も爆笑の旋風を巻き起こしていました。 MCでクールダウンした後も、まだまだ続きます!新旧織り交ぜ全15曲のライブを 終えたもつかの間、「まだまだいけるやろー!!」という声が聞こえ、2回のアンコールに 応えていました。アンコールが終わった後も、フロアはすごい熱気で、完全に夏のようでした! 最近刺激がない・・・毎日おもしろくない・・・とにかくガンガン暴れまくりたいぞ! というそこのあなた!!次回の平成ラリー塾も6月27日ここファンダンゴで開催されますので、 是非一度お立ち寄りください。ダイブにモッシュで大満足この上ないこと間違いなしです!
(text:KUBO/photo:MOO)
GARLICBOYS live at Fandango 100425
GARLICBOYS
GARLICBOYS live at Fandango 100425
GARLICBOYS

go to live report 100411 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 100426

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com