大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2010/7/19(SAT)   
『おとぎ話「やらなきゃいけない夜」』
おとぎ話


おとぎ話 live at Fandango  100719
おとぎ話
おとぎ話 live at Fandango  100719
おとぎ話
梅雨も明けました!蝉の声もちらほら聞こえだして、まさにここからが夏本番。 海!山!川!もいいけど、やっぱり夏もライブでしょ!ってことで、7月19日は おとぎ話のワンマンですよ!!「やらなきゃいけない夜」と題されたライブ!! おとぎ話にとってなんで今夜がやらなきゃいけない夜なのか。それは前回の 大阪でのライブに悔いがあるから、だそう・・・。でも今日は、開演前から ファンダンゴにはもうおとぎ話のライブを楽しみにやってきたお客さんが たくさんで、とっても良い雰囲気。こんな中でのライブが良くないわけがない!! さぁ、やらなきゃいけない夜のはじまりです!!“泣きだしそう”からしっとりと 始まったライブ。まずは見ている人の心をわしづかみに。そこからガラッと 曲調も変わり、“GALAXY”でホールの温度は急上昇!キャッチーで聴きやすく、 青春時代に戻ったような気分になれて、ステージ前ではお客さんが無邪気に 踊っています。私もバー前で踊りだしてしまいそうです。 10曲ほどの演奏が終わり、ライブの中盤でMCのあとに始まったのは フラワーカンパニーズ“深夜高速”のカバー!良い感じにおとぎ話風に アレンジされていて、原曲の雰囲気はのこしつつ、味のある“深夜高速”を 聴くことができました!ライブも後半戦にさしかかり、「徐々に終わりは近付いています」 という言葉で、なんだか切なくなってきました。そこから終盤までの時間は 本当にすぐに過ぎてゆき、後半も“white song”、 “青春”など10曲ほどの 演奏だったのですが、いつのまにかもうアンコールの時間です。1度目の アンコールはステージから降りずにそのまま「アンコールですか?」と 流れ込むように。2度目のアンコールではホールにアコギで、 お客さんはその周りを囲んで全員体育座り。みんなが一体となるような あたたかい演奏で、今日のライブは終了しました!人には誰にだって、 やらなきゃいけない夜があるんですね!今夜、みごとに私はおとぎ話に やられてしまいました。
(photograph:MOO/text:クボ)
おとぎ話 live at Fandango  100719
おとぎ話
おとぎ話 live at Fandango  100719
おとぎ話

go to live report 100711 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email:fandango@fandango-go.com