大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2010/10/22(FRI)   
『MEANING to be here...vol.13』
MEANING/Idol Punch/MASTER PEACE/
/GARLICBOYS/THINK AGAIN

GARLICBOYS live at Fandango 101022
GARLICBOYS
THINK AGAIN live at Fandango 101022
THINK AGAIN
食欲の秋、松茸が栄える今日この頃、僕の松茸は眠ってばかりいます....。 下ネタはこれくらいに、みなさん調子はいかがでしょうか!?
10/23、日本LOUD界を牽引するモンスターバンド達が『MEANING to be here...Vol.13』 の名の下、ここFANDANGOに集結だゼヨ!!超豪華なラインナップによだれはでるわ、 汗腺は開ききるわと体中の穴という穴から内なるパッション汁が留まることを知らず、 そら出るわ出るわの人間噴水祭りと言ったところでしょうか。
とにかくこの日を待ちわびたのは私しかりこのコラムをご覧のあなたではないだろうか!!? 只今PM6:30頃、店内の明かりが消えると同時にジェネレーションギャップを感じながらも 流れるSEは日本を代表する80'sアイドルと思われる邦楽POPSが大音量垂れ流し!!と、 その時ステージにGARLICBOYSの参上だ!!先程のSEとは打って変わって演奏される ギター音に鼓膜はPUNK寸前!!響き渡るノイズは徐々に理性を蝕み、興奮で意識が 錯乱します〜。締め括りの『あんたとばしすぎ』には目が飛び出すほどの観客の熱狂!! あ〜楽しかった☆って、一息ついている場合ではなかった!〜まだまだ始まった ばかりではないかと自問自答。
お次はTHINK AGAINの登場だ!!聴いているだけで感情が爆発するノイジー!! 閉じこもった殻をぶち壊すメロディー!!音楽がカタルシスを生み、会場を沸かすgroovy!!! 三拍子全てが僕らを虜にするゼヨ!!轟音で鼓膜が裂かれそうになる!!『追放』『大衆』 『反戦』と続け様にかき鳴らされた曲。型にはまった社会に中指を突き立てる思いが ひしひしと伝わります。「think you again!!THINK AGAIN!!」〜と意味不明を心の中で 何度もつぶやいてました。
待ってました!とお次は暴走天使こと、Idol punchの登場だ!!過去に何度か Idol punchのライブを拝見させて頂いています。そのどれもが共通して 言えることはただひとつ〜「crazy」〜だ。ボーカルのルックスからは想像し 難いキーの高い歪んだ歌声とノイズが絡み合い場内の風景はモッシュで捻れます!! しかし、常時かなりマイペースなMCでいつも場内の笑いを掌握している彼らは きっと吉本興業が送り込んだ最終兵器なのだと私、勝手ながら思い込みさせて 頂いております。年を経つごとに、笑いが消えていくストレス大国日本。 死んだ魚の目をしているそこのあなた....。Idol Punchで笑いましょう☆
もう時間の必要性が分からないくらい気持ちが良い〜☆ライブハウスの多くに 時計が無いのはそういうことなのかとふと思いました。と、気が付けば早いもので MASTER PEACEの登場です!以前、先輩にMASTER PEACEのアルバムを 拝借していた事もあり、CDを通して流れる聞き慣れたメロディーがダイレクトに 目の前で鳴っている光景には大袈裟な表現になるが〜神々しい〜。 『LIFE』では、激しいドラミングに合わして徘徊する歪みと爆音が純粋に 格好良すぎます!!!あくまで予測になりますが、某大手音楽企業である何とか レコードのマニフェストでもある「No Life No Music」はたぶん この曲からきているのでしょう。
そして、この企画を飾る最後のバンドMEANINGの登場です!!!!!!
独特な緊張感を纏いながら演奏が始まる。1曲目は『Knack it off』。 疾走するメロディー、エモーショナルが神経を麻痺させる。中毒性の強いボーカルに 体毛は逆立ち、地獄からの叫び声のような楽曲に狂気と歓喜が爆発してまるで 小さな宇宙にいるようだ!!モッシュandダイブは普段とは何か違っていた。 救いを請うかのごとくステージに這い上がろうとするお客様達はまるで〜 腐った死体(引用 ドラゴンクエスト4より)〜のようだ!!終始、狂気満ちたliveに アーティストの迫力に劣ることのないオーディエンスの可能性には舌を巻くばかりです!! 音楽はみんなで作るものだとこの企画でまた一つ勉強になりました。

限られた短い演奏時間にこれだけの精力をだし尽くせるアーティストは日本でも 指折りなのだろう〜と、無知の僕は独りよがりに確信しきっていました。 とにもかくにも熱烈で最高なliveをありがとうございます!!
次回もカオスでクレイジーな企画を楽しみにしています☆
(text:MORITA/photo:MOO)
Idol Punch live at Fandango 101022
Idol Punch
MASTER PEACE live at Fandango 101022
MASTER PEACE
MEANINGlive at Fandango 101022
MEANING

go to live report 101017 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 101025

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com