link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2011/1/10(MON)   

『Theピーズ「新春ワンマン東名阪仙」』
Theピーズ

Theピーズ live at Fandango 110110
Theピーズ
Theピーズ live at Fandango 110110
Theピーズ
Theピーズのワンマンツアーの大阪にファンダンゴが選ばれました! ということで憧れのTheピーズがやって来たのです!個人的な話になるのですが、 面接でピーズが好きですと答えてたくらいの私でして、この日はほんとにほんとに 待ちに待った日でした。ピーズのライブスケジュールから飛んでFANDANGOの ホームページでアルバイト募集を見つけたのは、早3年前。やっとこの日が来ました。 扉を開ければ、リハーサルの準備をしているピーズの3人が。無造作に競馬新聞が開かれ、 いかにも、競馬好きのはるさんらしい光景で、ピーズが来ている存在感をそれが助長していました。 ライブは新旧、織り交ぜた最高の大満足のセットリスト!名曲『生きのばし』から始まって お客さんのテンションは一瞬で高まり、私のテンションも高まる!リハーサルの時点で 止まらなかった胸騒ぎがピークを迎えました!
『生きのばし』てタイトルなかなかないですよね。ピーズの歌は前向きでいないと いけないという世の中でまかり通っている常識をサラッとかわして堂々と後ろ向きな ところがかっこよいと思うのです。そしてなにかしらんけど、音楽からも、 その風貌からも説得力が半端なくある。バンドブームの時代を生きたり、 一度バンド活動を停止したりと、順風満帆ではなさそうなバンド生活で、 それが音楽に反響している気がします。なんにも伝わってこないヘタに前向きな カラ明るい応援歌よりも、全力で後ろ向きな救いのないようなはるさんの歌詞の方が よっぽど男らしいし、応援される気がします。ピーズは割と男くさいイメージが強かったのですが、 女の人のお客さんが多いのが意外で嬉しかったです!しかも年齢層にも幅があり、 初期からのファンから若い人まで、引き継がれているのを感じました。 トモフスキーさんもそうですが、大木兄弟はほんとに自由!ライブ中に、 どら焼き食べ出す人、初めて見ました。『ハニー』をやったあたりで、 『若いころの曲はキーが高いんだよねぇ』とひぃひぃ疲れているはるさんの 休憩タイム。ベースのあびさんもはるさんに渡されて一緒になって食べてました。 ライブ後ステージに食べ残したどら焼きがまだあって、見たら『たねや』のどら焼きでしたよ。 ええとこのやつや!ニューシングル『バカのしびれ』から『バカのしびれ』『ハゲ出し』 『霧の中』も連続3曲やってくれました。 ピーズの曲は初期の曲が勢いのあるイメージがありますが、 新曲3曲も渋さが増してやっぱりかっこよかったです。 後半は悲しいことに見れなかったのですが、事務所からうっすら、 『クズになってゴー』が聞こえてきて、 テンション上がりつつ、見れないもどかしさに悲しんでいました。 見たい!見たい!いや、でもスタッフとして好きなバンドのお手伝いが 出来ることは本望なことなので、うれしいこと!いや、でもお客さんとしても見たかった! さらに『脳ミソ』もやってる!『脳ミソ』は『逃亡くそたわけ』という絲山秋子著の 小説にも登場するの知ってましたか? よい小説なので、ピーズ好きは必読!あー、一曲一曲いちいち、いいですね。 ピーズを聴き始めた当時の思い出が頭の中を駆け巡ります。音楽のすばらしさは そこにありますよね。若い世代には真似できないロカビリーのかっこよさをピーズは 教えてくれます。新しい世代もあのピーズのような説得力を蓄えて、 おのおのに弧高の音楽を作っていってほしいです。 そして、十三のよく似合うTheピーズのみなさま、またファンダンゴに是非来てください。
(photograph :MOO/text:b-no)
Theピーズ live at Fandango 110110
Theピーズ
Theピーズ live at Fandango 110110
Theピーズ

go to truchan's 1101 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  110114

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com