link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2011/3/5(SAT)   

『L.A.T.L × FANDANGO「サウザンド・サークル十三侵略編」』
LUCY&THE LIPSTIX/クワレアルギ/ギャーギャーズ/
Hystoic Vein/???[なめんなよーかい(狂撃)
/utti(ex.LAUKAUS)/チャーシュー(スターラーズ)]

ギャーギャーズ live at Fandango 110305
ギャーギャーズ
クワレアルギ live at Fandango 110305
クワレアルギ
3/5、ここFANDANGOではお馴染みのバンドや、新しい面子が集う 『L.A.T.L ×FANDANGO「サウザンド・サークル十三侵略編」』が始まります!! 個性派揃いの素晴らしいバンドが五組も出るんだからそりゃもう驚きの 一言に尽きます!!

先陣をきったのはメランコリックジャカジャカ青春センチメンタルロックこと ギャーギャーズのみんなだ!!FANDANGOではお馴染みの彼等だが、 ライブを重ねるごとにパワーアップしていくこのバンドにはいつも唖然と させられます。その期待を今回も裏切ることなくギャーギャーズは会場を 盛り上げてくれました☆僕の大好きな楽曲『バカ』でのステージはまさに 馬鹿な人達による馬鹿で楽しく愉快な空間につまらない日常を一瞬で 払拭させられます!!ギャーギャーズのライブを見終えた後に、馬鹿じゃなくて 楽しめない人生より馬鹿で楽しめる人生の2択を迫られたとするならば、 みなさんは間違いなく後者を選ぶでしょう!!

続いては何かと妖気を放つクワレアルギの登場です。ボーカルの半端ない オーラのためかライブが始まるやいなや空気は一転〜。ある角度から 見れば変態とも捉えれるようでいて、また違った角度で見れば 天才かもしれないと思わせる多面性あるクワレアルギ特有の雰囲気は 他のバンドと一線を画する大物の予兆すら感じます。しゃがれた甲高い ボーカルにドラムとギターがスライドして体中にバイブレーションが走ります! 中毒性を秘めた楽曲に一度ハマれば抜け出せなくなってしまいますよ!! みなさんもご用心の上、是非ライブへお越しくださいませ!!

続いてのバンドは???だ!名前からしてかなり謎めいたキーボード、 ベース、ドラムからなる3ピースバンド???。ステージに???が現れるやいなや ドラムが音をたて始めます。会場は静まり返り、先ほどの2バンド分で 蓄積された熱をクールダウンさせるかのようにドンドンと力強いドラムが テンポ良く響き渡ります。緊張感高まるドラムには息することを忘れるくらい 見入ってしまいます。ドラムがドンドンと力強さを増せば、徐々にシンクロする キーボードとベース。一言では言い表せない、どのジャンルとも言い切れない とても不思議な音楽です。既成観念にとらわれることなく進行する演奏は徐々に 熱を帯び緊張が和らいだかと思いきや良い意味で期待を裏切るドライな 演奏に変わるなど、個性ある楽曲はこのバンドならではかと思います。

続いて神戸は拠点の4人組ガールズロックバンドHystoic Vein。 Lady Gagaばりのルックスを纏い、突出した存在感で登場するのは ボーカルのINKOさん。疾走するビートに見事なパフォーマンスで観客を魅了する INKOさんはもはや和製Lady Gagaと言っても過言ではありません!! もうYamato Gagaてなもんです!!しかし、ここはロックの聖地FANDANGO。 レディガガのようなエレクトロポップアイコンはさておき、白熱したライブを 次々と披露してくれます!『DECA-DENCE』では流暢な英語を巧みに操り、 躍動感あるガレージパンクロックがボーカルと絶妙に絡み合います。 どうみても日本人離れしたライブには目が釘付けになります。 まだまだ若い彼女達の可能性は莫大であり、これから積まれるライブには順を 追って見たくなる素晴らしいアーティスト集団でした。

そして、最後を締めくくってくれるのはLUCY & THE LIPSTIXだ!!ステージに 現れた四人組はエナメルで固められた未来の新素材かなにかで 作られたかのようなテカテカした衣装を纏い、宇宙遊泳をイメージさせる SFドラマ満載な楽曲とパフォーマンスがとても印象的でした!各メンバーの顔には 化粧が施され、中性的な顔立ちからは想像を逸する素晴らしいポップなライブでした。 半ばに差し掛かった頃、『遊星タイムワープ』では会場全体の盛り上がりは絶頂期を 向かえ、いわゆるノリノリな状態に差し掛かっています!!90'sを彷彿させる懐かしい メロディが未だに耳からはなれません。見て聴いて楽しむバンドとは LUCY & THE LIPSTIXのことを言うんですね!!
こんなにも様々な個性が集まったイベントに来れなかったそこのあなた、 絶対後悔することになるでしょう!!
(photograph :MOO/text:morita)
??? live at Fandango 110305
???
Hystoic Vein live at Fandango 110305
Hystoic Vein
LUCY & THE LIPSTIX live at Fandango 110305
LUCY & THE LIPSTIX

go to truchan's 1104 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  110310

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com