大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2011/5/13(FRI)    
『緋と陽 1st mini ALBUM「燃えて泣く鳴る」release tour!!』
緋と陽/385/ハイテンションセックスガール
/下山(gezan)

下山(gezan) live at Fandango 110513
下山(gezan)
385 live at Fandango 110513
385
5.13さわやかな新緑の季節とはパラレルな世界観広がるアンダ ーグラウンドなイベントが十三を染める!どんな人にも潜んで いる、心の中の黒い物ここで発散して浄化させてしまうのです !それがライブハウスだー!

いきなりドロドロ!新しい関西のアンダーグラウンド界を盛り 上げる存在となってくれそうな下山からスタート!黒髪、超ロ ングへア、クルクルパーマ、丸いサングラス、サイケデリック な女性ものの衣装。あやしすぎる!生活感がまったくない!し かし、衣装負けしない音!生活感がまったく見えないライブを 作り上げているところにエンターテイメントを感じます。デザ イナーズマンションとかに住んでほしくない。沼で生活してい てほしいイメージ。

個人的に大好きなバンド385!キーボードのJUNさんは残念なが ら脱退。サポートに今回は打首獄門同好会の大澤さんが。他の ハードコアバンドとは一角を成しています。『脳みそあらおう 』、『恋がわからない』など、歌詞も独自の世界観満載でおも しろいです。385は385の独自の世界観が出来上がっているのが かっこよいです。ボーカルのミヤさんは歌っている時の発狂感 とギャップのある、かわいらしい優しいエムシー。はー、早く また見たいです!JUNさんの脱退を経て、ここから、どうなっ ていくか385から目が離せません!

続いてハイテンションセックスガール!叙情感あふれるハード コア。飛び跳ねるベース、凶暴的なドラム、絶望的なボーカル 。ハイテンションセックスガールの世界観は決して明るくはな い。どんな明るい人生を歩んできた人でも、必ず持っているで あろう嘆きや、絶望感をハイテンションのライブを通して一緒 に共有している気持ちになります。ハイテンションのすごいと ころは、その世界観に引き込まれてしまうところ。現代のトッ プチャートの音楽が平面的ならば、ハイテンションの音楽は立 体的であると私は思います。 そんなハイテンションセックスガールは7/1(金)にFANDANGOでKIRIHITO 、 LARGE400、Talking Dead Goats"45との共演が決まっています ! こちらもどんな科学変化が起きるのか楽しみ!ぜひ、お見逃し なく!

最後は緋と陽!これまた独特の世界観!Contrabass の山本さ んはNATSUMENでも活動中。歌もあるけれど、インストバンドの ような変拍子の多い音楽。 郷愁漂う曲が多いのですが、浮かんでくるイメージが日本では なくて どこか違う国のイメージです。ゲームのRPGの中の世界という か。 あっという間に終わってしまった!もう一度じっくり見てみた い! 見れば見るほど好きになっていくタイプのバンドだと思います 。 アルバム『燃えて泣く鳴る』噛み締めて聞こう!
(text:b-no/photograph:MOO)

ハイテンションセックスガール live at Fandango 110513
ハイテンションセックスガール
緋と陽 live at Fandango 110513
緋と陽
go to live report 110507 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report110520

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com