link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2011/8/4(THU)   

『Bo Ningen来日大阪公演~FAR EAST ELECTRIC PSYCHEDELIC』
Bo Ningen/ダモ鈴木/下山(gezan)/N'夙川BOYS
DJ:TOMO(STYLE BAND TOKYO)

下山(gezan) live at Fandango 110804
下山(gezan)
N'夙川BOYS live at Fandango 110804
N'夙川BOYS
本日のイベントはどろっどろででろっでろとした髪の毛の長い人達が ここFANDANGOに大集合しておりました。8月4日真夏のライブハウスの中は 涼しいどころか…そう。あのロンドンで活動している日本人4人組「Bo Ningen」が 来日!その大阪公演がここFANDANGOでした! 共演が…濃い。とても濃い。

ダモ鈴木/下山(gezan)/N'夙川BOYS/DJ:TOMO(STYLE BAND TOKYO) 開場と共にたくさんの人が来てくれました!そしてDJ:TOMOさんがフロアを盛りげてくれます! そんな雰囲気をぶち壊す下山(gezan)のSE。登場から予想外のことをやってくれます。 1人づつ登場して、ピンスポットライトに照らされたベースさん全裸。さすがです。 なんともいえない雰囲気を作って、ベースの重いイントロ「三島と口紅」からスタート! ボーカル、まるでラジオから流れているようなエフェクトがかかってて、 なんだか怖くて焼きつきます。そして全曲爆音!むっちゃかっこいい!

そして「N'夙川BOYS」の登場です!リンダ、マーヤ、シンノスケさんのドラム、 ギター2本の不思議三人組で、立ち位置が入れ替わりみんなで順番に 楽しそーに演奏するのです。ドラムがあまり上手く無いとか関係なく、 そーいうの大事だなーって。みててこっちまで笑顔になる!

そして三番目に「Bo Ningen」スタート!イントロから怪しい雰囲気で 「殺したい気持ち」曲調がいっぱい変化して楽しい!特徴的なギターリフが 頭から離れない。3曲目に「日常」イントロのキメに痺れました。 終わったあとにベースボーカルって気付いたんですがめっちゃ上手いですね! 4曲目の名前がまだ決まっていない新曲がかなりかっこよかった! ギター2本の掛け合いが突き抜けています。

最後は「ダモ鈴木」の登場です。バックバンドは「Bo Ningen」とマーヤさん。 ドイツの前衛的ロックグループ、カン(CAN)の元ボーカリスト。 今はインスタント・コンポージングと呼ばれる独自の即興的歌唱法で、 楽譜もリハーサルもなしに行うライブ・パフォーマンスのスタイルを確立しているそう。 今回もそのスタイル。なんせ、サイケです。バンドのフィーリングが上がれば 上がるほどフロアのテンションが上がる。なんとも不思議な空間でした。 完全リハなし、ぶっつけ本番。歌詞も譜面もまったくない。 みなさんにも体感していただきたい。素晴らしいライブでした。圧巻。
(photograph :MOO/text:3)
Bo Ningen live at Fandango 110804
Bo Ningen
ダモ鈴木 live at Fandango 110804
ダモ鈴木

go to truchan's 1109 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  110812

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com