大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2012/4/14(SAT)    
『STANCE PUNKS「火の玉宣言 vol.34」&
「突然始まるstay young遠方TOUR」』
STANCE PUNKS/RADIOTS/
Dr.DOWNER/JUNIOR BREATH

JUNIOR BREATH live at Fandango 120414
JUNIOR BREATH
Dr.DOWNER live at Fandango 120414
Dr.DOWNER
街はお花見モードも終え、新たなスタートを切った新社会人や、学生達が 慌ただしく街を右往左往している。だが、そんな人たちの目は目標に 向かってギラギラと燃えているのです。そして、ここ十三本町にも、 そんなギラギラしたパンクロッカー達が集結!そう!今日のFANDANGOは STANCE PUNKS presents「火の玉宣言 vol.34」&「突然始まる stay young遠方TOUR」という激アツイベントなのです!!

そんなパンクロックな1日のトップバッターを努めるバンドは、 【JUNIOR BREATH】です!大阪在住の4ピースパンクロックバンドのJUNIOR BREATH! 1曲目は昨年に出したフルアルバムにも収録されている、“ベストスリー”!立て続けに “ナイトライダー”!3曲目にはJUNIOR BREATH代表曲とも言える“ハイネケンガール”! その名の通り、ビールを飲みながら踊りまくって歌えるロックンロールナンバー! フロアも熱気もどんどん上がってました!自然と拳を突き上げたくなるメロディに 日本語の歌詞が心に突き刺さります!!そして最後はダンスパンクロックナンバーの “ミラーボール”!お客さんも楽しそうに踊りながらお酒を飲んでいて、 最高のトッブバッターをかましてくれました!

そして2バンド目は横須賀の【Dr.DOWNER】です!横須賀在住のハイテンションロックバンドのDr.DOWNER!BGMがかかり、 1曲目は昨年に出されたフルアルバムから“バビロンタウン”! ライブが始まるや否やハイテンションなライブステージング!フロアの一気に Dr.DOWNERの空気感一色に染まりました!不器用で、不格好ながらも、 等身大で自分達の音をかき鳴らしていて、ロックの中の音楽愛という物に 対する信念がまじまじと感じられました!そして6曲目の“六浦コーリング”からの Gu.高橋のギターソロ!ギターを弾きながらフロアを縦横無尽に駆け抜け、 すごく楽しそうに演奏していました!そして最後は“ドクターダウナーのテーマ ”でシンガロングしてライブ終了!ハイテンションなライブは見てる こっちもわくわくしちゃいますね!

そして3バンド目はストリートパンクで絶大な支持を誇る【RADIOTS】です! SEが流れるとフロアからの歓声がすごいのなんの!!1曲目からなんと名曲 “DREAM OF WORLD”!一気にシンガロング&ダイブの嵐!“SWEET REVENGER”まで 疾走感がたまりません!“NO NAMED SKY”ではお客さんみんながオイオイコール! 風格たっぷりで男臭い感じが本当にカッコ良いんです!!“SEXY AND VIOLENT”では Vo.YOSHIYAがダイブしながら歌う!叫ぶ!MC途中でもFUCK YEAH RADIOTS OiOiOiOiの 掛け声が止まりません!最後の“UPRISING”まで熱気ぷんぷんなステージは圧巻でした! RADIOTSは今年、初のライブDVDもリリースが決定しており、6月9日にも FANDANGOでRAZORS EDGEとの2マンも決まっているので是非HPの方も チェックお願いしますね!

そして本日のトリはもちろんこのバンド!【STANCE PUNKS】です! SEがなった瞬間今まで以上の大歓声!!1曲目は“今夜ぶち壊せ”!ダイブ・モッシュ・ シンガロング!たて続けに“ザ・ワールド・イズ・マイン”!フロアの熱気も最高潮! 汗だくで拳を振り上げて歌っているフロア!やっぱりパンクはカッコイイ!!そして、 イベント名にも使われている名曲“stay young”!そして、「俺たちはやっぱり クソッタレなんだー!」と叫び“クソッタレ解放区”!!やばすぎです!灼熱フロアが もっともっと熱くなりました!もうサウナ状態です!(笑)そして最後に“地獄の骸骨船”を 演奏し、全11曲で本編は大盛り上がりで終了!だが、ここで黙っておくほど今日の キッズは利口じゃないですよ!「金返せ!」コールの嵐!これもSTANCEPUNKSに 対する愛ですね!(笑)アンコールでは“モンキーセブンティーン”“モニー・モニー・モニー”の 2曲を演奏し、大盛況でライブ終了!

不器用ながらも自分自身を汗だくで表現する姿はやはり心にぐっときました!
ジャンルなんか関係なく、熱量たっぷりなライブは本当に感動しました!
STANCE PUNKS、熱狂的な1日をありがとう!!
(text:murakami/photograph:MOO)

RADIOTS live at Fandango 120414
RADIOTS
STANCE PUNKS live at Fandango 120414
STANCE PUNKS
go to live report 120407 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report120415

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com