大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2012/6/15(FRI)    
『Droog GIG TOUR 2012 End of teenage@大阪』
Droog/死ぬまで生きるもんズ/いったんぶ

いったんぶ live at Fandango 120615
いったんぶ
死ぬまで生きるもんズ live at Fandango 120615
死ぬまで生きるもんズ
十三の金曜の夜はクレイジー!昨年8月にメジャーデビューした大分のロックバンド、 Droogが大阪にやってきました!彼らを迎え撃つは大阪の変態的ハイテンション ニューウェイブパンクバンド「いったんぶ」の登場です!一曲目「絶望的に YEAH」で 奇妙なイントロから始まり快楽に集中しろとずんずん攻めてきます。「空飛ぶ円盤」 この曲の中盤ドラムさんがタムのみになって突然曲調が変わるのですがそこが またかっこいいのです!そんな彼らいったんぶは6月27日にそして 1st Full Album「は り 手」を全国リリースします!!そこで7月22日に ここFANDANGOで「ワッツーシゾンビ」「valva」「テレビーズ」とレコ発イベントも 要チェックです!ほんと、みて欲しい!!

二番手に「死ぬまで生きるもんズ」はじめてみたのですが、一体どんな暑苦しい バンドが登場するのか?!とワクワクしていましたが裏切られました(笑) 一曲目「ガンジス川より」でバックバンド三人だけで始まったのですが、 ボーカルさんが登場してびっくり!!女性?男性?!と本気で悩みました。 とても綺麗な顔立ちの髪の長い妖しい男性。一瞬で会場を惹きつける魅力を もっていますね。2曲目の「狂犬ソング」はやけに男臭かったり「pad 1」は ミドルテンポでまた曲も色っぽいのです。特徴的な声がまたいい! そしてバンドも負けないです。勢いのある演奏で突き上げてきます。

そして今宵のトリは「Droog」待望の1st Full Album「End of teenage」を ひっさげてのツアーで九州の大分から9時間かけてFANDANGOに やって来てくれまた!演奏始まってスモークでストロボ照明がビュンビュン なってるところにボーカルさんの声。一瞬でその力強い声に圧倒されました! まったく埋れてないのですよ!むちゃ爆音なのに!熱狂的やお客さんたちは拳を 掲げながら一緒に歌っています!4曲目「カルトスターに憧れて」がジャングルビートに 合わせてジャニスやシドヴィシャスなどロックスターの名前を早口で綴るのですが 色んな音楽的影響がみえて楽しいですね!ミドルテンポの曲はコーラスもうまくって、 サビを盛り上がります。昔の曲をやりますといって「LOVE SONG」のイントロが 始まった瞬間お客さんが沸きました。愛されてる曲なんですね!バンドもキラキラと みなぎってサビではお客さんジャンプジャンプ!みててめっちゃ楽しい! 今回も不良少年達が会場を突き上げてくれました。
(text:3/photograph:MOO)

Droog live at Fandango 120615
Droog
Droog live at Fandango 120615
Droog
go to live report 120603 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report120617

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com