大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2012/12/4(TUE)    
『ファンダンゴ25周年記念
「男たちの冬祭り」』
アルカラ/SuiseiNoboAz/mudy on the 昨晩/ゆれる
guest:クリトリック・リス

mudy on the 昨晩 live at Fandango 121204
mudy on the 昨晩
ゆれる live at Fandango 121204
ゆれる
まず一番手に「mudy on the 昨晩」の登場です。上手ギターさんのイントロから始まり、 すかさず一斉にバンドin!!そしてシャウトして会場を湧かせる彼等。とんでもない一日が 始まるなと、、5人組でギター三本のインストバンドなのですが、こんなにも会場が 盛り上がるインストバンドなんて他にいませんよ!きっとそうだ!疾走感の中に、 しっかりと物語が感じ取れる楽曲たちに、一緒に何処かに連れて行ってもらえそう。 お次は大阪の轟音スリーピースバンド「ゆれる」の登場です!この日のゆれるはいつになく、 いかつく、硬く切ない。とても攻めを感じさせる力強さ。アンプを高く二台重ねたフォルムは すごく威圧感があり、その前に立つボーカルさんの醸し出す狂気に有無を 言わず納得させられました。

お次はFANDANGOおなじみのゲストアクト「クリトリック・リス」彼のことを 知らないであろう、満員のお客さんをまえに、彼はどんなライブをするのか。 私はそこに注目してみていたのですが、いつも通りのクリトリック・リスが 下ネタを撒き散らし、会場を沸かし、感動させていました。彼に感動させられるのは なんだか悔しいけど、やっぱり大好きです。

そして「SuiseiNoboAz」ファンダンゴー!!と雄叫びをあげてのスタート!ギターの独特な 頭にこびりつくイントロが流れ始め一気に駆け出して行きます。ギター、ベース、ドラムのみ。 なのにおかしいのです。なんで?なんでこんな音が?と、ずっと緊張してしまいます。 三人とも個性的なプレイでのこのまとまり、今度海外のフェスに出るとのことですが、 想像しただけで高ぶります。全てを見せつけて欲しい!

そしてモンスターバンド!「アルカラ」に今宵の十三、男冬祭りのトリを務めていただきます! クリトリック・リスの歌詞を真似たMCで会場を湧かせ、すかさず一曲目。 一気に距離つめてきます。さすがとしか言いようがないです。フロントマンとして最高に センスのある方だなと毎回感動します。もっとすごいのが、こんなフロントマンがいて、 他のメンバーが負けてないのですよ。圧倒的なバランスのアルカラ。 やっぱりモンスターですよ。
(text:3/photograph:MOO)

クリトリック・リスlive at Fandango 121204
クリトリック・リス
SuiseiNoboAz live at Fandango 121204
SuiseiNoboAz
アルカラ live at Fandango 121204
アルカラ
go to live report 121202 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report121212

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com