大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2013/5/16(THU)   
『NO HITTER「SUPER FUTURE tour 2013」』
NO HITTER/St.ELMO'S FIRE/
ISCREAM 7 SHOWERS/GARLICBOYS

ISCREAM 7 SHOWERS live at Fandango 130516
ISCREAM 7 SHOWERS
St.ELMO'S FIRE live at Fandango 130516
St.ELMO'S FIRE
前日までの春の心地よい気温から一転し真夏日和になったこの日、FANDANGOはそれ以上に 灼熱状態になってました!それもそのはず、札幌代表のパンクバンドであるNO HITTERと St.ELMO'S FIREが久しぶりに来阪!

この日トップバッターを飾るのは【ISCREAM 7 SHOWERS】です! 1曲目は“Sick minds”からスタート!神戸を代表するハードコアバンドのISCREAM 7 SHOWERS! 凄まじいファストハードコアナンバーと、シンガロング必至のナンバーまで持ち時間の全てをフルに 演奏していてめやくちゃ男らしいステージングでした!最初うずうずしていたお客さんもすぐに 拳を上げて暴れまくっててこれぞハードコア!という感じでした!最後は“TAKE BACK OUR FUTURE”! ステージから人が飛び交うわマイクジャックしまくるわでフロアもステージもぐちゃぐちゃ!(笑) 全15曲をあっという間に演奏してこの日最高のトップバッターを努めてくれました!

次は【St.ELMO'S FIRE】の登場です! 1曲目は昨年に初全国流通された1stフルアルバム“NAGATIVE SIDE”より“COPY CAT SHEEP”で ライブスタート!演奏が始まった瞬間にその圧倒的な出力のバンドサウンド、そして攻撃的なギターリフは 一気に体全体を包み込まれました!日本人離れした野獣のような声から発せられる英語の歌詞もすごく 印象的でした!St.ELMO'S FIREは早くも今年の夏に2ndアルバムを発売するそうです! 今後の活動もすごく気になるバンドですね!

3番手は大阪代表!われらが【GARLICBOYS 】です! いつもの少年隊のSEから1曲目は何と“”さすらい節”!バラードナンバーから始まるのか!という驚きと 歌い上げるVo.ペタさんの姿に感動してたらそこから“泣き虫デスマッチ”、荒野のさみしん棒”という なかなか無いセットリストにめちゃくちゃワクワクしました!圧倒的な演奏力とパフォーマンスで フロアの盛り上がりもどんどん上がり、モッシュ・ダイブが止まらない!!最後は名曲“あんた飛ばし過ぎ”で フロアは沸騰状態!!やはり何回ライブを見てもGARLICBOYSのライブは圧巻でした! アンカーのNO HITTERに最高過ぎるバトンを繋ぎました!GARLICBOYSの次のライブは 6/29(土)にFANDANGOでワンマンライブが決定しているのでこちらも要チェックお願いしますね!

そして本日の主役!札幌代表パンクバンドの【NO HITTER】の登場です! SEに何と自分たちの今までの音源をミックスした楽曲を使っていてこれにはテンション上がりました! 1曲目は“Good Boy”でスタート!オールドスクールな匂いがプンプンの楽曲とハイテンションで ユニークなライブ!そして何よりメンバーが一番楽しそうに演奏するんですもん!そりゅあこっちも 笑顔になるしビールも美味くなりますよ!フロアを見わたすと踊りながら酒を飲んでいる人や ひたすらモッシュする人、テンションが上がりダイブする人たちみんなが本当に笑顔なんです! こんなにポップでも根っこのパンクスタイルは健在で、本当にNO HITTERにしか出せない空間でした! 気づけばあっという間にラストの曲、“Just Like Amelica”です!この時は僕も我慢出来ずに 最前まで行って喉が枯れるまで歌いました!(笑)そして鳴り止まないアンコールに答えてくれて、 途中に無理矢理RAZORS EDGEのVo.ケンジさんをゲストボーカルに招き全14曲、 はしゃぎ倒してステージを降りました!本当に格好良すぎました!

北海道のバンドは本当に個性たっぷりでジャンル関係なく、アツいんですよね! 十三も負けてられません!そう思えた良い夜でした!またの来阪を楽しみにしてます!
(photo:moo/text:MURAKAMI)
GARLICBOYS live at Fandango 130516
GARLICBOYS
NO HITTER live at Fandango 130516NO HITTER
go to live report 130512 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 130524

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com