link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2013/6/2(SUN)   

『Zoobombs on the Jungle Tour 2013』
ズボンズ
guest:愛はズボーン/RED SNEAKERS
/bloom field

RED SNEAKERS live at Fandango 130602
RED SNEAKERS
bloom field  live at Fandango 130602
bloom field
Zoobombsのツアー大阪最終日、そして、ベーシスト、ムーストップさんの脱退発表後の ライブ。個人的にとんでもない気持ちでこの日を迎えました。
そしてこのイベントの頭からぶちかましてくれたのは【RED SNEAKERS】ドラムとギターの2人組! 一曲目から走り抜けていくスピード感、その曲調とは裏腹にだらっとしたボーカルの 歌いかたが癖になります。三曲目の「I wanna be your boyfriend」はミドルテンポの 少しゆったりとした曲なのですが、まるで街並みが浮かんできそうな、とても背景の 感じ取れる、素敵な曲です。インスト曲も、展開がたくさんあってついていくのに 必死で、なんだかトリップしちゃう感じです!

二番手は【bloom field】です!大阪発!スリーピースバンド!「ラストダンス」というロックナンバーからスタート! ドラムがとても激しい曲でしたが、ボーカルが特徴的な歌声で、何故か歌詞がハッキリと聞き取れる! 絶妙なバランスで聴き入ってしまいました。そして彼等は、コーラスの広がりが気持ちいいです。 ふわーっと迫ってくるような優しい声で。新曲も披露していましたが、イントロからサビに 向かうまでの展開がワクワクするようなものばかりで、とても楽しく、 サビの疾走感がきもちいい!!

そしてお次は「愛はズボーン」の登場です!ライブの度に、いつも違ったスタイルで 楽しませてくれる彼等、今回は蛍光色のジャージを全員で着ての登場。 そして、ベースが真ん中で後ろ向いて、ステージで4人が向き合った状態でのライブ! 3曲目「トーリライクウェル」はミドルテンポのラップ調の曲でフロアのお客さんも 体が軽くなって勝手にジャンプしちゃってるような。みんな手を上げて楽しんでいました。 そして最後は「まさかのイマジネイション」とだけ繰り返す曲で赤い風船を 巻き散らかして会場を散々盛り上げて去っていきました!

そして最後【ズボンズ】の登場。メンバーか降りてきて、待機し、最後に ボーカルギターのドンさんがステージに登場。彼がギターのスイッチを オンにしたと同時に、出来上がってしまいました。一音目からこんなにも 震えるのかと、衝撃です。どれほどの場数を踏んだのか、日本に限らず、 海外でも勢力的に活動をしている彼等は、いつも私たちリスナーに、 そしてバンドマンに、衝撃を与えてくれます。ドンさんの圧倒的な存在感、 彼の指揮でバンドはどんな方向にでも広がるし、そしてそれに応えれるメンバーは、 絶対あのメンバーしかいないのではないでしょうか。ベース、 ムーストップさんのラストライブを見れたことを誇りに思います。
(photograph :moo/text:3)
愛はズボーン live at Fandango 130602
愛はズボーン
ズボンズ live at Fandango 130602
ズボンズ

go to truchan's 1307 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  130613

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com