大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2013/8/9(FRI)    
『踊ってばかりの国 X 下山(Gezan)
カップリングツアー』
踊ってばかりの国/下山(Gezan)
guest:THE GUAYS


THE GUAYS live at Fandango 130809
THE GUAYS
THE GUAYS live at Fandango 130809
THE GUAYS
踊ってばかりの国 live at Fandango 130809
踊ってばかりの国
踊ってばかりの国 live at Fandango 130809
踊ってばかりの国
BGMが止み、突然無音状態で照明も暗くなった会場。メンバーがゆっくりステージに上がり、 フィードバックが徐々に大きくなり一斉にバンドイン!THE GUSYSがヤリに来ました。 最初の音から、もうクライマックスへ向かいに行っているほどの熱量。パンクってやつは ずっとこうなんです。ただひたすらに核を曝け出す。そこに全てをかける。 この革ジャンバンド、一見の価値あり!!!

そして今夜のメインバンド、先行は「踊ってばかりの国」となりました!メンバー脱退による 活動休止から、解散か?と噂されていましたが、またファンダンゴのステージへ 帰ってきてくれました!最近ボーカル下津さんは「The Acid House.」として弾き語りで きていましたが!久しぶりの彼等は、ベースの音がとても心地良く、優しくて、 頭の中がぐるぐるしちゃって、歌詞の意味とか途中で考えるのやめて、 ずっとゆれていたくなるような。そして後半、前回の弾き語りの時に披露してくれた 「セシウム」のバンドバージョンは、自分の中で想像している肉付きとまったく違い、 心が震え、涙腺崩壊しました。素晴らしいバンドです。

そして、今夜の「踊ってばかりの国」「下山」のツーマンイベントのトリは下山となりました! ちなみに、このイベントの一ヶ月ほどまえに、実はファンダンゴで、両バンドのボーカルが 「The Acid House. 」「マヒトゥ・ザ・ピーポー」として弾き語りでも共演してます!なので、 個人的にもこのイベントほんとに楽しみにしていました。そんな下山、一曲目から 不気味なくらいかっこいいイントロで私は違うバンドを見ているのかと思いました。なんというか、 今までのステージ内での衝突とか、表面的な爆発を、内に込めたような。 キメの部分がハッキリと見え、フロアの拳がぐわっとあがった瞬間の下山を見て、 もう、次のところへ行っているんだと思いました。彼等はどこまでも突き進むと信じれます。
(text:3/photograph:MOO)

下山(Gezan) live at Fandango 130809
下山(Gezan)
下山(Gezan) live at Fandango 130809
下山(Gezan)
go to live report 130804 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report130813

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com