大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2013/9/14(SAT)    
『ZOOBOMBS
Farewell Concert
in "OSAKA"』
ズボンズ
guest:ワッツーシゾンビ/ザ!コイルス


ザ!コイルス live at Fandango 130914
ザ!コイルス
ワッツーシゾンビ live at Fandango 130914
ワッツーシゾンビ
今夜、ズボンズが大阪最後の日になりました。ズボンズ解散が発表されて、 急遽決まったFANDANGO公演。共演は【ザ!コイルス】【ワッツーシゾンビ】となりました。 その、混沌とした空気をふんわりとやわらげるように【ザ!コイルス】の一曲目「リピート」の イントロが始まりました。前半はとてもシンプルで浮遊間のあるメロディによって、 ずっとゆれていたくなるような気持ちになったかと思えば、後半激しくなって、 リバーブがかかった歌声がぐわぐわと攻めてきます。とても深みふのある曲を作るバンドで、 これからの活動がとても楽しみなバンドなのです!!

そして二番手に【ワッツーシゾンビ】!とても久しぶりのFANDANGO出演になりました。 ドラムが変わり、なんと19歳のドラマーに!!彼のドラムが非常に逸材なのです。 他のバンドでも沢山叩いているから、あの若さで相当な場数を踏んだであろうセンス。 そんな彼を迎えたワッツーシゾンビ、個人的にフジロックの苗場ステージで魅せた ライブを越えました。新曲でしょうか?ドラムのリフ押しの曲で、ずーっと同じフレーズの ドラム。そこに彼等独特の毒々しい声とギターがのっかって、まるでサイケデリックな 映像を頭にぶち込まれているような感覚に陥りトリップ。素晴らしいライブでした。

そして【ズボンズ】が始まります。彼等の解散発表はとても衝撃を受けました。 CDでは伝わり難い、熱量と緊張感と高揚をわたしに教えてくれたのは彼等のライブでした。 まるで、演奏の決まりごとが一つが二つしかないんじゃないのか?思ってしまうほどに、 ギリギリの一瞬で、その場その場でいろんな展開に向かう彼等。その破壊と再生を 指揮するようなVo.Gtのドンさんの存在感。そしてそれに応える技量のメンバー。 バンドという、一つの集合体をどこまでも突き詰め、切り取ったであろう彼等の最後の 大阪ライブを見て、言葉にならない気持ちが溢れてきました。そして、東京での 解散ライブで発表された、新バンド The Randolf(ランドルフ)をみるのがほんとうに、 楽しみでならないです。ありがとうございました!
(text:3/photograph:あき)

ズボンズ live at Fandango 130914
ズボンズ
ズボンズ live at Fandango 130914
ズボンズ
go to live report 130901 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report130914

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com