大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2013/9/15(SUN)   
『speshall gag 3 session
「関西頂上争奪戦~
大阪vs奈良vs京都!!!
~圧巻の3マン編」』
TheSpringSummer/Age Factory
/ピアノガール

Age Factory live at Fandango 130915
Age Factory
ピアノガール live at Fandango 130915
ピアノガール
嵐の頂上決戦! 台風の夜、これから関西バンドシーンの台風の目になるであろう3バンドの競演!

1番目は奈良のAgeFactory。静かなSEとともにメンバーがひとりづつ順に3人ステージにあがり 「イエロウサブマリン」から演奏が始まりました。ドラムの女性のコーラスがボーカルの 男性の声に重なり幻想的な雰囲気に包まれる。はっきりと芯のある歌声は独特の 歌い回しであり、また曲は1曲の中でいくつも表情が見え深く練られたような曲が多い。 「後の2バンドには負ける気がしない」と宣戦布告もあわせ、最後は「プールサイドガール」で 静と動、若さ溢れる迫力あるライブ。

2番目は京都のピアノガール。「春の毒」の歌いだしとともに「ピアノガールはじめます」で 演奏へ。どの曲もそうだけど特に2曲目に演った「玉屋ビル綺譚」はメロディがわかりやすく 伝わりそれぞれの曲の効果が必要最大限に発揮される曲の構成。強いメッセージは曲にも 演奏にも曲間に発される言葉にもMCにも現れる。ただただ攻撃的なだけではなく 柔らかさも歌にあるそこが音楽好きのココロをくすぐるのだろうか。 「瞳」という新曲、今日はじめてやるということで曲の出来た経緯等話していたけど とても優しい気持ちになった。

3番目は大阪のTheSpringSummer。お客さんが一気にステージ前まで押し迫っていた。 意外な「stay with」はじまりでやわらかめの曲から始まったライブも徐々にスプサマの 持つ張り詰めた空気が漂いはじめる。客席には拳があがり歓声があがっている。 途中ドラムのトラブルがあるもさすがの繋ぎだったし、その辺りにも彼らの実力を 感じずにはいられない。新旧折り交ぜられたセットリスト、出演者勢も前方で 楽しむ姿が多く見受けられた。ハッピーチューン(!)「marl」大盛り上がりでライブ終了。 アンコールが鳴るもアンコールをしなかった彼ら、これはきっと来月再来月へ 続くというメッセージなのでしょうね??

それぞれのバンドにしかできないことがある、そうMCで聞こえてきました。 まさにその通りでそれぞれにしか無い音楽を充分浴びることができた スリーマンだったのではないでしょうか!!
(photo:moo/text:ぬ〜こ)
TheSpringSummer live at Fandango 130915
TheSpringSummer
TheSpringSummer live at Fandango 130915
TheSpringSummer
go to live report 130914 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 130922

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com