大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2013/10/20(SUN)   
『FANDANGO 26th ANNIVERSARY PARTY!!!』
GASOLINE/THE抱きしめるズ/
ズクナシ/GRIKO/
RED SNEAKERS/COMMERCIAL DRIVE
司会:カリスマ(ハンバーグオムレツ)

GRIKOlive at Fandango 131020
GRIKO
THE抱きしめるズ live at Fandango 131020
THE抱きしめるズ
1年という歳月は長いのかはたまた短すぎるのか、皆様のおかげでまた今年もこの日を 迎えることができました!1年に1度のお祭りなのです!毎年、スタッフまでもが記憶を なすという大変な1日!10月20日、、ファンダンゴアニバーサリーパーティー! ぼくはもう、どうなるのかわからない夜の事を思い、リハーサルの時から胸がいっぱいに なっていたのでした。
そして毎年恒例となっているスタッフ同士の乾杯をしてからこのパーティーは 幕を開けるのです!お祝いに駆けつけてくた、それはもう楽しませてくれるに違いない 豪華なメンツ、店長の加藤さんが一緒に呑みたくて仕方がないバンドが集まっている!と 勝手に思っている、面白くないわけがない! そして忘れてはいけない!この日、この人なくしては始まらなかった。 司会のカリスマさん(ハンバーグオムレツ)!そのカリスマさんの巧みなMC?に導かれ登場しましたよ!

1バンド目は浪速のロックスター!「GRIKO」の登場です!Bavoのセミマルさんはこの日に ライブが出来ることに、喜びとどうなってしまうのかわからない、恐怖が入り交じっている 様子でした!なんてたってファンダンゴのお祭りなのですから!最初から気合い全開の ライブ、見ていてとても気持ちがよかったです!幾度となくメンバーチェンジを繰り返し、 その度に力強くなっていく、ブレていないまっすぐな音楽に対する姿勢に僕は やられてしまいます!浪速から世界へと飛び立っていくGRIKOをこの目で見たいと 思っております!

そして、早くも酔いどれてきているのは誰だ!司会者のカリスマさんだ! お酒のペースがとんでもないぞ!そんなカリスマさんから日本一包容力があるバンドと 紹介され出てきましたよ!「THE抱きしめるズ」です!なぜかVoのひーくんだけステージに 現れないと思って見ていたら、受付の上の鉄柱にぶらさがっているではありませんか! 今夜なにか得体の知れないものが渦巻いているファンダンゴ、そんな空気感を 感じないわけがない!彼らはみなぎっている、洗いざらい感情をぶちまけていた! これでもかと自分達を見せつけてくれた!キラキラしていた彼等のステージに僕は見とれた、 なにもカッコつけているところはないんだけれども、いや、彼らは精一杯カッコつけて いるのかもしれない、でもなにもいやらしくない、潔さまで感じられてとてもカッコよかった! ずっとそのままでいってほしいとさえ思いましたよ!一気に温度が上がりました!

さぁ祭りはまだまだ続くのです!この時すでに、カリスマさんは泥酔していましたが、 しっかりとやるべきことをやっていました!続いてのバンドです!この日のために 13年ぶりの復活を果たしましたよ!「COMMERCIAL DRIVE」の登場です!待っていましたと いわんばかりにどっと歓声が巻き起こる!この日限りの復活をするということで見に来ていた方も 多かったようです!ライブはといいますと、13年の年月なんて感じさせません!大人の 色気ムンムンでもうセンスといいますか、何かを超越していました!もうその人がそこに 立っているだけで成立するというぐらいの、「なにもかも忘れてとにかく楽しもう」、その一言の 説得力が物凄いのです!引き込まれる力を感じました!なにもこびずに尖っている、 なぜ復活を喜ぶ人達があんなにもいたのかという理由が明確になりました。 いろんな事が重なってステージに立っている、今日この場にいれた事はとてつもなく すごいことなのではないかと思わされました!

次ば4バンド目の登場となるんですが、僕の記憶はこの辺りからあやしくなっていきます! カリスマさんが何を言っているのかもあやしいくらいに、大分皆さん砕けていっているようすで、 そんな中、出てきましたのは本日、紅一点!東京から駆けつけてくれました「ズクナシ」です! 皆さん素敵な衣装を身にまとっていた!ゲストにサックスを迎えてのライブ!もうなんといいますか、 音がギュッと濃縮され1つになり飛んでくる、そしてぶつかって弾ける感覚!とにかくキレが すごかった!かっこよすぎる姉さんたち!僕も気がつけば、ステージが目の前にありました! もう、無我夢中でズクナシの音楽をむさぼりました、皆もう踊り狂っていました!最後まで パワフルでとどまることを知らない、まさに底なしなライブには圧倒されました! ジャンルなんか飛び越えて1つになった瞬間を僕は確かに見たのでした。

まだまた終わらない夜が続きます!テキーラが飛び交い、酔っ払い達は加速していく! カリスマさんが司会をしていたのかどうかも、僕はあやふやになっていました、 5バンド目は奈良の大仏のケツの穴から飛び出した、ロケンローブルースバンド! 「RED SNEAKERS」です!酔っ払い達がどっとステージに詰め寄り出す! アニバーサリーパーティーには2回目の出演ということで、冷静にこの状況を 見極めているようにも見えた、しかし、もう一番最初に出した音で全部が震えだした! ほとんどが新曲だったという、攻めすぎているセットリスト、こういうところにもやられてしまいます! なにもかも関係なく、自分達だけのなにかを作っていっている!もっと攻めていってほしいと 思っています!ロックンロールをひっくり返すぐらいのなにか大きな力、得体の知れない事を 見ているような、そんな感覚にまで引きずり込まれる!お客さんを煽りまくるDrのヤマモトテルトシ! タンバリンが飛び交っている!とうに狂っているお客さん達、もうカオスというのはこの事なのでしょう! 圧巻のライブでした!

いよいよ最後のバンドとなりました!カリスマさんはすべてのことをやり終えたあと誰かの手によって どこか遠くに召されていきました、いつだってどこだって土曜日の夜にしてくれるこの人達! 「GASOLIN」の登場です!ガンさんのガソリンに火を灯しライブが始まります!もう荒れ狂っている! モッシュとダイブの嵐のように見えた!そして、ガンさんはすでに飲まされすぎていて ステージから降りることができなかったのではなかったと僕も微かな意識の中で、 そう記憶しております!いつもはBarにいる豊嶋さんが柱によじのぼりフロアのお客さん達に お酒をぶっかけていたシーンは鮮明に残っているのですが、最後、どんなふうにライブが おわったのか、まったく覚えておりません!そこからの記憶は曖昧なのでもうなんとも 言えないのです!
とにかくたくさんの方々にお祝いの言葉、お酒等、を頂いてもう感謝の気持ちでいっぱいてす! ここからまた始まることがたくさんあると思います!また来年もこの日を迎えられるよう ファンダンゴ一同ふりしぼって行きますので!何卒よろしくお願いします!
(photograph:moo/text:inoue)
COMMERCIAL DRIVE at Fandango 131020
COMMERCIAL DRIVE
ズクナシ live at Fandango 131020
ズクナシ
RED  SNEAKERS live at Fandango 131020
RED SNEAKERS
GASOLIN live at Fandango 131020
GASOLIN
 live at Fandango 131020
MC:カリスマ
(ハンバーグオムレツ)
☆☆☆☆パーティーの様子はこちらから!!☆☆☆

go to live report 131012 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email:fandango@fandango-go.com