link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2013/11/4(MON)   

『TheSpringSummer
「夜を歩く人vol.2」』
TheSpringSummer/
ircle/静カニ潜ム日々


静カニ潜ム日々 live at Fandango 131104
静カニ潜ム日々
ircle live at Fandango 131104
ircle
今宵の始まりは「ircle」大分から上京した4人組。最初っからアップテンポな 曲をなんと、6曲も続けて飛ばしまくって、頭からずーーっと楽しくて びっくりしちゃいます!MCもその流れを崩さない、なんなら、フロアを 笑顔で挑発するような笑。結成なんと、12周年!?な、なるほど!と。 彼らのステージパフォーマンスは、楽しくてきもちいい瞬間を与えるため、 とことん企んで、それを観客と一緒になってもっときもちよく行こうぜ!と、 相乗効果が生まれる、バケモノみたいなバンドです。これはみんなが惚れるわけだ。

そしてお次は「静カニ潜ム日々」3人組、横浜や東京を活動拠点にしている 彼等の登場です。今年、フジロックのルーキーアゴーゴーにも出演している彼等。 荒々しいギターかと思えば、綺麗なメロディで、天邪鬼のように感じるライブ! 先程との空気かガラッと一変し、まるでカーテンが一枚かかってこちらが 一歩踏み込みたくなるような。そこからチラチラ見え隠れするひたむきな 情熱のようなものを一瞬でも感じとると、もう捉えられてしまったかのように、 彼等の音に目を閉じて酔いしれてしまいます。。

そして本日の首謀者「TheSpringSummer」の出番となりました。 ドラムが脱退、加入と色々なことを経て、この【夜を歩く人】のvol.2を 迎えることになり、計り知れない思いが詰め込まれている一夜でしょう。 そして、東大阪のギターロック番長はやっぱりやってくれますよ! 日常のもの悲しい気持ちや、やりきれない思いに、彼等なりのネガティブで、 少し斜めからの光で心に寄り添ってくれます。よく、ボーカルがまるで 楽器のようだと表現されることがありますが、このバンドはギター、ドラム、 ベース、全てが歌声のように感じるときがあります。とてもあたたかい、 人の温もりに触っているような。胸がぎゅっと締め付けらました。
そして12月4日にまたここFANDANGOでアルカラ/TheSpringSummer
/クリトリック・リス/ircleが決まってます!
この日もまた沢山のドラマが生まれるでしょう!素敵な夜が続きます。
(photograph :moo/text:3)
TheSpringSummer live at Fandango 131104
TheSpringSummer
TheSpringSummer live at Fandango 131104
TheSpringSummer

go to truchan's 1312 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  131116

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com