大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/1/9(THU)    
『バニーブルース
「LIFE IS VERY SHORT!!」
~死ぬまで終わらん
ロックンロール掻き回しツアー
~初日から超絶クライマックス!!』
バニーブルース/ザ・サイクロンズ
/The BEG/ナショヲナル


The BEG live at Fandango 140109
The BEG
ナショヲナル live at Fandango 140109
ナショヲナル
「The BEG」がしっとりとしたSEとともに、登場してきました。ギターのフィードバックから 一曲目がはじまります!!モヒカンに、金髪に、オールバックというパンチのある三人組の楽曲は、 意外にもメルヘンなワードか散りばめられていてとってもポップ!ドラムさんのむちゃくちゃに 激しく叩く姿は見ていて熱くなります!そして、危なっかしいぐらい音楽性の型にはまらずに、 色んなニュアンスを絶妙に取り入れてい、ワクワクさせてくれるのです! これからどーなっていくのか目が離せません!

そして会場のBGMが突然変わり、まるでお化け屋敷の待合室のような雰囲気に。。。 真っ暗なフロアに突然怪しい光がぐるぐるぐる。ステージがパッと明るくなり 「ナショヲナル」のスタートです!一曲目からとってもキラキラしたダンスナンバーが始まり、 完全に裏切られちゃいました!!笑 お客さんも振り付けのような、なんか変なダンス踊ってるし! なんじゃこりゃ!まんまと心奪われてしまいました!奇妙なバラードは展開がとても美しく、 しかし!一貫して不気味な振り付けがあり、とことん楽しませてくれる彼等のパワーに脱帽です! 東京にはこんなバンドがいるのか!!奇想天外なライブでした!

お次は「ザ・サイクロンズ」ベースボーカルのスリーピースバンド。京都のTHE!! 和製ロックンロールバンドの登場!!このビートにのれないミュージックラバーなんていないぜ! とはっきりと宣言しちゃいたい!4曲目の「アイラブミュージックベイビー」では 自分達のギターやドラムから鳴っている音を、「パッパッパ」などと直接表現して歌い、 音を鳴らすことに対しての愛を表現しているように感じて、とても印象的なナンバーでした!

皆さんお待ちかね!本日のお祭りバンド「バニーブルース」が登場!ドラムの4カウントで ご機嫌なダンスブルースの幕開け!派手なシャツのボーカルに、スーツ姿でカチッと きめたメンバーがステージを嬉しそうに動き回り、とても明るく、華やかなヴィジュアルが 完成されています!実はバニーブルース、不定期ですが、各月13日にファンダンゴで 「踊れ!十三ナイト!」というイベントをしているのですが、メキメキと成長して、 見せ場がしっかりと浮き上がって、その核となる楽曲たちはとっても ドラマティックな展開が多彩に広がっていて、何度聞いたって、 胸がキュッとなるシーンがあるのですよ!彼等を見るチャンスを逃さないでほしいです!
(text:3/photograph:あき)

ザ・サイクロンズlive at Fandango 140109
ザ・サイクロンズ
バニーブルースlive at Fandango 140109
バニーブルース
go to live report 140107 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report140112

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com