大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/1/12(SUN)   
『PUNX PICNIC NIGHT vol.17
~そして伝説へ~』
YELLOW MACHINEGUN/ コロボックルズ/
Who the Bitch/ ISCREAM 7SHOWERS/
JUGGLING DUB'S
SHOP:SPICY SPIKY


YELLOW MACHINEGUN live at Fandango 140112
YELLOW MACHINEGUN
JUGGLING DUB'S live at Fandango 140112
JUGGLING DUB'S
約八年前から大阪で細々と催されているジャンルレス・イベント「PUNX PICNIC NIGHT」も数えること17回目! 今回は「そして伝説へ」とのサブタイトル付き!おそらく主催者はドラクエ世代なのだろう。そしてレベル48から スタートする呪文を未だに覚えていることだろう。ゆうていみやおううんこ…あっ、間違えた…(どうでもいい…) いや〜、それにしても二年二ヶ月ぶりのYELLOW MACHINEGUNですよ!オープンから満員ですよ! フロアも久しぶりの顔なんかも見れたりしてプチ同窓会♪もちろん初めてイエマシを観るお客様や 対バンを観に来たお客様もいらっしゃいます♪そして、2階へ上がる階段にはズラリと本日の 出演者達が!そんな、どこを見渡しても人、人、人の中、なんとトップでイエマシ登場!!!! 歓声が飛び交う中ライブ開始!当然モッシュ&ダイブで応えるオーディエンス!演奏も 尻上がりに爆裂になっていき、中盤に飛び出したキラーチューン「I KNOW」の頃にはAVでもないのに 無敵でした!(わかるかな♪)後半に入り、ドラム・タマちゃんが「はしゃぎ過ぎた!休憩しよう〜(笑)」って 言った時の充実した笑顔は忘れられません♪どんな顔やったっけ…(忘れてるやん…)終盤になるにつれ ダイブもさらに増えていき、フロアはもう、ぐっちゃぐちゃ!最後はラストチューン定番の「AGAIN」で 終了…のはずが、まさかのアンコール!再びラストにやった2曲を演奏して終了! こうして圧巻のトップバッター終了!ブランク関係無さ過ぎ!素晴らしかったです!

でも、イベントは始まったばかり!二番手に登場は、大阪琉球ラスティック「JUGGLING DUB'S」! ラスティックに三線を絡め、沖縄を感じさせ、「日本って良いよね〜♪」と思わせてくれるバンド! そして酒♪そんなお祭りバンドはイエマシの興奮冷めやらぬフロアをじわじわと「和」と酒に染め上げ、 終盤はしっちゃかめっちゃか!まさにお祭り!初見のお客さんも多い中、イエマシのあとにこれを やってくれたのですから、すこぶる素晴らしい!この時点でイベントは大成功すると確信しました!

「うちらがフーザ・ビッチじゃーーーー!!!!」大絶叫と共に登場は、ギター、ベース共に歌も 唄うフロント女子二人と、ドラム、ギターはサポート男子という、この日特別編成で登場の 東京ポップなのにゴリゴリなツインボーカル・3ピース・ロックバンド「Who the Bitch」! こちらも気合い充分!ヨレない・ブレない演奏力とハモリ!自信満々で繰り広げられるライブは 説得力垂れ流し!MCも嬉しかった!「今日はほんまに最高の対バンやと思ってて、ほんまに嬉しいです!」 さらに静かに「スパ店(主催者)呼んでくれてありがとう。スパ店はイベントに対してめっちゃ…めっちゃ 熱い想いを持ってやってる。そこにうちは心打たれてるいっつも…ありがとう。」半べそでした! 男の子やのに!ありがとう!!!!(号泣)

そして四番手!再びモッシュ&ダイブ祭り開催!畳み掛ける轟音と共に登場は 「ISCREAM 7 SHOWERS」!燃える!とにかく燃える!MCで、主催者の子供がベースの ヨネ君のことをキモイおっさんと言ったエピソードのとき以外は、とにかく燃えたライブ(笑) サポート・ギター CROW DRAGON TEAの玉ちゃん含め、確かな演奏力!ギター、 べースもアピール充分!キラーチューン目白押しの、これぞハードコアな楽曲と ステージングとフロア!楽し過ぎる!江川すぐる!(関係ない…)あと、個人的なことですが Tシャツとパーカー貰いました♪アイスクリーム、これからも応援します!(なんか、やらしい…)

すでにお腹いっぱいで体力も尽きた頃、「ドンジャラホイ♪」と楽しげなSEが流れ、 今ノリにノッテいる この日のトリ!コロボックルズ登場!!!!プレッシャーを感じてたとのことですが、 何を言うてはるのですか!?と言いたくなるぐらいの勢い満開な爆裂なライブ!愛しさと切なさと 心強さと懐かしさの篠原涼子超えの楽曲たち!相変わらず楽しそうに、そしてアグレッシブに 縦横無尽に動きまくるギター、ベース!力強く、表情豊かなドラム!観てる側からすれば プレッシャーや緊張なんかは皆無なウルトラリラックスな篠原ともえ超えのライブ! (篠原ともえって言いたかっただけじゃ…)特筆すべきは、定評あるギター・ボーカル けいちんの声が、 いつも以上に伸びやかだったこと!その伸びやかで力強い声が優しくも、ピリッとスパイス!締める! それでいて観ても聴いても気持ちの良い、どこか暖かな空間!それに、好きなように応えるお客さん達! 音楽は自由!遊び方も自由!本当に伸び伸びと笑顔で自由に楽しんでるフロアが素敵でした♪ しかし、そんな楽しい時間にも終わりがあるのです!最後は、コロボックルズの楽曲群の中でも 随一のロックチューン「ダ・カーポ」!さらに自由に もみくちゃなフロアの中、ワタクシ、ダイブさせて 頂きました♪すると、そのまま最後尾まであれよあれよと運ばれ、なんとBAR・カウンターまで辿り着き、 バーテンの方がビールを渡してくれ、それを飲みながら、また最前まで運ばれるという 初めての展開(笑)あっ、ビール代払ってない…(もう、ええやん…)。体力尽きてたはずの オーディエンス達も皆、笑顔で終了♪まだ終わって欲しくない…待ってよ楽しい時間さん! そんな声にお応えして、本編終了後、音速でアンコール♪疾走感溢れるナンバー「てんじんさん」で、 おはようからおやすみまで…もとい!最初から最後まで大盛り上がりでコロボックルズライブ終了♪

…と同時に「PUNX PICNIC NIGHT vol.17」終了!本当に素晴らしいイベントになったと思います!
墓場まで持っていこうと思いました!おわり♪

(photo:あき/text:スパスパ店長 a.k.a たじもっくる)
Who the Bitch live at Fandango 140112
Who the Bitch
ISCREAM 7SHOWERS live at Fandango 140112
ISCREAM 7SHOWERS
コロボックルズ live at Fandango 140112
コロボックルズ
go to live report 140109 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 140125

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com