大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/2/25(TUE)   
『曽我部恵一
ライブツアー 2014
「ハッピー」』
メンバー:曽我部恵一(vo)/
尾崎友直(gt)/オータコージ(dr)


曽我部恵一 live at Fandango 140125
曽我部恵一
曽我部恵一 live at Fandango 140125
曽我部恵一
特別な夜になることは、もう最初からわかっていたのです!曽我部さんがギターを 弾かず、歌のみで、ドラム、ギターの三人編成。この公演が決まって、 告知フライヤーが届いて「この編成をバックに歌うと、どれも初めての曲のように歌えます。」 この言葉をみただけで、私の心拍数が確かに上がりました。この言葉と出会ってから、 どれほどこの日を待ち焦がれていたか。私がそうであるように、それ以上の色んな 気持ちのお客さんでいっぱいだったでしょう!後ろまでぎゅうぎゅうに詰まったフロアは、 始まる前から少しいつもと違った静けさがありました。
そんな中、そっと、静かにライブがはじまりました。一曲目「ママの住む町」消え入りそうな 曽我部恵一の歌声。微かに聞こえるシンバルと小さく爪弾くギターの音色に耳を 澄ませます。普段のライブとはかなり違ったイベントだったので、お客さんの緊張感を ヒシヒシと感じました。みんな、ピタリと動きが止まり、呼吸さえ止めてしまったのではないかと 思えるぐらいの静けさが広がりました。否応無しに全神経で音を聞かせるこの空気感は きっとこの3人編成だからできるのでしょう。序盤は徹底的にシンプルに赤裸々に 曽我部恵一さんが歌いかけます。目をつむりながら口笛でメロディーを奏でたりして、 とっても素敵!曲中に曽我部さんがキラキラした笑顔で歌ったり、やわらかいMCがあり、 フロアの雰囲気がガラッとおだやかになりました。中盤の「シモーヌ」「キラキラ!」では バンドが激しくなり、お客さんの手がぐっと上がります!
そして後半の「雪」から「ハッピー」に綺麗に繋がって、涙を流す人につられてしまいました。 このツアーでは新旧楽曲達の輪郭のようなものを見れました!このワンマンを観て、 あらためて、ライブの本質のようなものを見れた気がします!!
(photograph:あき/text:3)
曽我部恵一 live at Fandango 140125
曽我部恵一
曽我部恵一 live at Fandango 140125
曽我部恵一

go to live report 140223 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1403

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email:fandango@fandango-go.com