link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2014/6/1(SUN)   

『十三駅前ションベン横丁
復興支援イベント
~DRUNK AGAIN AT
SHONBEN-YOKOCHO~』
クリトリック・リス/GASOLINE/
イヌガヨ/高木まひこ/
椿 百(ex.渡部百)
/ザ・ピーボーイズ


ザ・ピーボーイズ live at Fandango 140601
ザ・ピーボーイズ
椿 百(ex.渡部百) live at Fandango 140601
椿 百(ex.渡部百)
十三駅西口の路地裏、“しょんべん横丁”で起きた大規模な火災から3ヶ月経とうというこの日、 やっと西口付近の瓦礫が撤去され、改札再開!
しかもその日にFANDANGOでは復興支援イベント!
何か運命を感じるこの日に、呑んだくれ達が集結しました!!

まずトップバッターは【ザ・ピーボーイズ】です!
十三で結成した彼らはバンド名からも分かる通りピー(小便)ボーイズ(小僧)!つまりションベン横丁の イメージキャラクター、見返りトミーくんの申し子な訳です! 悪ガキに相応しく、ファストテンポなパンクロックナンバーを立て続けに披露し、 衝動感で突き進むライブは若き性春の香りでイベントの始まりを賑やかにしてくれました!

お次は【椿 百】の登場!!
元気さ満点のポップスシンガー、百ちゃんがFANDANGOのステージに一年ぶりに 帰って来てくれました!「しっとり行こうと思ったけどピーボーイズ見たらワクワクしちゃったから 激しく行きますよー!!」とテンション高らかに場内を盛上げ、愛着溢れる笑顔から放たれる 力強い楽曲は、弾き語りながらも体全体をすごいエネルギーで包み込んでくれました! フロアを縦横無尽に歩き回り、一体感のあるピースフルな唄で男だらけの 空間に素晴らしい華を添えてくれました!

3番手は十三在住のロックンローラー、【高木まひこ】のお出ましです!!
自身がメインで活動しているバンド、“高木まひことシェキナベイベーズ”でもションベン横丁の 復興支援Tシャツの販売をしてくれていたり、今日の出演者の中でも人一倍横丁に対する思いが 強い男が復興の為にステージに立ってくれました!!
スローテンポの“壊れた宇宙船”から 代表曲“一歩下がってロックンロール”と
豪華ナンバーからスタートし、合間に一笑いさせてくれる ユーモア溢れるステージパフォーマンスで先ほどの紅一点のステージから、 男気あるブルース感あふれる大人なモードに変える演出で盛上げてくれました!

そしてここから後半戦!【イヌガヨ】の登場です!
今宵も堺の人情ロックを奏でに十三に参上!ほとんどMCをせず、哀愁感溢れる パンクロックナンバーを熱気プンプンのステージングでがむしゃらに発散する姿は圧巻でした! 安易な言葉でなく、「ライブハウスに来たならその分存分に音を浴びて楽しんで帰ってくれ!」と 言わんばかりにマイクに食らいつく!フロアでは多数の拳が上がり、言葉で表現出来ない最高の “音の繋がり”を披露してくれました!

イベントも終盤にさしかかり、十三で数々の店から出入り禁止を 宣告されている
【クリトリック・リス】が登場! 裸にパンツ1枚、大量のネオングッズで体を包み、シャボン玉を吹きながら登場! もうこの時点で場内はブーイングの嵐!(笑) 爆音の打ち込みサウンドが流れ、 一気にクリトリックワールドに突入!!自身の失敗談をポップに歌い上げ、場内を掴みかけるものの、 ションベン横丁で色んな店で迷惑をかけまくったスギムさんに罵倒の声が鳴り止みません!(笑) しかしながら、十三で彼が生み出した「酒相撲」とゆう男気をぶつけ合うお酒の飲み方により、 ライブに来たたくさんのお客さんやバンドマンが笑顔でお酒を飲んでいるのも事実!
これからも100年経っても伝説に残る様な酒相撲、期待してます!!

そして最後は伝説のカリスマロックバンドの【GASOLINE】が締めます!!
ライブが始まったと思ったら今日は何と一曲目から会場の人たちを座らせます!・・・・ま、まさか! 感づいたお客さんはボーカル、ガンちゃんに次々とお酒を渡していき、怒濤の数のお酒を体に 流し込んで行きます!!そう!これがガソリンロック!「いつもお酒が飲めるのは、?ガソリンさんのお陰です!!」と 沸き立つコール!盛り上がりは最高潮!!パンクサウンドをバックに酒を飲んで踊り狂う!
これぞ十三FANDANGO!とゆう光景が広がっていました!アンコールにはOASISの
カバーを演奏し、 出演者を含めみんなで大合唱!

十三を、いや、ションベン横丁を愛するたくさんのお客さんの気持ちが交わりとても最高な空間が見れました! この日入場時に預かった募金も受付に置いている募金箱のお金と一緒に復興委員会に寄付させて頂きます! ご協力有り難うございました!!
また、1日も早い復興に向けてご協力の程、宜しくお願い致します!
(photograph:moo/text:murakami)
高木まひこ live at Fandango 140601
高木まひこ
イヌガヨlive at Fandango 140601
イヌガヨ
クリトリック・リス live at Fandango 140601
クリトリック・リス
GASOLINE live at Fandango 140601
GASOLINE

go to truchan's 1407 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  140606

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com