link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2014/7/5(SAT)   

『GARLICBOYS & RAZORS EDGE
presents
「ラリー塾 'EM ALL!!vol.2
純度100% スピード感!」』
GARLICBOYS/RAZORS EDGE



GARLICBOYS live at Fandango 140705
GARLICBOYS
GARLICBOYS live at Fandango 140705
GARLICBOYS
カラッと晴れた日中に、突如として降った大雨によって嵐と化した十三本町。それもそのはず! 今日は大阪を代表する二大パンクバンド、 GARLICBOYSとRAZORS EDGEのファン待望の 2MAN SHOW!!!!外も嵐ですが中はもっと激しい嵐が巻き起こりますよー!!!

オープンして早速フロアは大勢の人で埋め尽くされる!決戦の火蓋は
【GARLICBOYS】から切って落とされました! お決まりの仮面舞踏会(少年隊)のSEで場内は歓声が上がり、早速熱狂の渦に包まれます!! 叙情的なイントロから繰り出された1曲目は何と20年近く前にリリースされた「ポエム」に 収録されている
“アリバイ”!!ファストテンポに乗せた日本語詩、いわゆる『ガーリック節』が 炸裂し、年齢層高めのファン達の熱き拳が上がる!!そして“GHQ”とゆう激し過ぎる流れで 場内はモッシュ&クラウドサーフの渦!!間髪入れずに次々と新旧織り交ぜたセットリストに フロアの熱気もサウナ状態!いや、それ以上でした!!
歌謡をを織り交ぜた心に突き刺さる “旅つばめ”を演奏した後に、問答無用のハードコアチューンの“DQ69”“泣き虫デスマッチ”を 演奏し一気に沸点へと導いてくれるパフォーマンスはさすがでした!! そしてここから2マン限定のスペシャルタイム! RAZORS EDGEのギター、TAKAが ゲストギタリストとして参加!
『今日来てない、来れてない奴に言うとけ!絶対後悔したな お前!ってな!!』と放ち、“荒野のさびしん棒”“YOKOZUNA”“ナルシスと宣言”とたっぷり3曲、 轟音のギターサウンドで熱狂の空間を作り上げてくれました!最後はもちろん一番の カオスナンバー、“あんた飛ばし過ぎ”で人が飛び交うスリリングかつ、
最高にテンションの 上がるフロアで全15曲、あっという間の1時間でした!

灼熱の空間を演出した大先輩の後は、十三代表スラッシュハードコア!
【RAZORS EDGE】の登場です! SEがかかるとフロア中にいつもの様にRAZORS EDGEのタオルを掲げる人が大勢! これを見ると始まるな〜とワクワクしちゃいますね! そして繰り出される1曲目は“BORN AGAIN”!!さっきまでのピースな雰囲気から一点! 一気にフロアもステージもぐっちゃぐちゃ!前後左右から人が飛び狂います! “SO MUCH FUN!”・“I LOVE VANS!”・“RAZORS WIND”・“YELLOW MINORITY”と ノーMCで凄まじいファストテンポな楽曲を演奏!
今回、全国ツアーで対バンを行ったり 関西でのイベントで数多く共演している今日の2 バンドですが、実は今まで ガッツリ2マンとゆう経験が無かったのです!!
止まる事無く、大阪で長きに渡り激動の ライブ人生を送って来たバンドの夢の共演!一番ワクワクしているのはRAZORS EDGEの ボーカルでありリーダー、KENJI RAZORSだとこの曲の流れを見て思いました! 溢れ出る様な高揚感とスラッシュハードコアの早さの中にあるメロディー、体全体を使って FANDANGO 中に届けようとゆう思いが炸裂してました!!ステージだけじゃ物足りず、 縦横無尽にダイブを繰り返しフロア中を駆け抜けまくってましたしね!(笑) UGLY KIDでカウント後に起きる名物の拷問モッシュピット、今回の餌食は、、、まさかの!
FANDANGO加藤店長!!レイザーズからの指名、、入っちゃいました・・・!
(爆笑) 全力で断る加藤店長を無理矢理引き出すお客さん達。そしてボディービルダーみたいな お客さんに肩車され、カウント開始!!360度全体から思いっきりモッシュをくらう! 半泣き状態で戻って来た姿を見たとき、スタッフ一同大爆笑!(後にゲンコツが全員に浴びました) 熱気にまみれたステージはあっという間に本編24曲を演奏!1時間じゃ物足りない!と アンコールの声が怒号のように響きます!そして汗だくで出て来たメンバーが最後に 繰り出すのはGARLICBOYSのカバー!
スラッシュバージョンの“あんた飛ばし過ぎ!” そして、『十三、ションベン横丁の復興を!!一日も早い復活を!!』と熱いメッセージと 共に魂を込めて
“JUSO CRAZY NIGHT”を喉がかれるまで歌い、叫んでくれました!!

終始冷め止まぬ熱狂的な一夜、最高すぎました!! 盟友同士が負けられない思いで挑んだからこそここまで熱気的な空間になったと確信しました!
そして、この2バンドが次回は十三を飛び出し、難波ハッチで再び共演します!!
詳細は以下!FANDANGOがお届けするお祭り騒ぎ! 関西から出来る事、
まだまだありますので!! 当日は難波ハッチにてお待ちしておりますよー!!

9/23(TUE)『FANDANGO presents 東北復興支援ライブイベント
「PROUD GROOVE OSAKA 2014~浪速の誇りを東北に~」』
GARLICBOYS/GOOD4NOTHING/SPREAD/
騒音寺/RAZORS EDGE/locofrank/
KiNGONS/ザ50回転ズ/STANCE PUNKS/
SLANG/HAWAIIAN6/MEANING/他
【オフィシャルHP】 http://proud-groove-osaka.jimdo.com/
(photograph:moo/text:murakami)
RAZORS EDGE live at Fandango 140705
RAZORS EDGE
RAZORS EDGE live at Fandango 140705
RAZORS EDGE

go to truchan's 1408 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  140707

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com