大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/7/7(MON)    
『遠藤賢司デビュー45周年!
ニューアルバム「恋の歌」
発売記念ライブ』
遠藤賢司



遠藤賢司 live at Fandango 14030707
遠藤賢司
遠藤賢司 live at Fandango 14030707
遠藤賢司
純音楽家エンケンさんこと、遠藤賢司のワンマンライブが今宵開催されました!!!
マルチプレイヤーであるエンケンさんのワンマンライブ!いつもなら、ドラムを叩きながら エレキギターを弾いたりと、狂気の沙汰を見せつけられるのですが、 今回のライブはいつもと違って、アコースティックギターのみ使用ということで!! 今回のニューアルバム「恋の歌」は自身初の試みとなる、全曲弾き語りで 構成されたアルバムなのです!御年67歳のエンケンさんが唄う恋の歌。
「あなたに恋の歌なんてもう似合わない」なんて言われたことも赤裸々に話しながら、 一曲一曲、丁寧に想いを説明しながら演奏されました。アコースティックギターのみの エンケンさん。1曲目の「踊ろよベイビー」小気味良いストロークから、ギターを 激しく手のひらで叩いてまるでカホンのように鳴らし、無我夢中で唄うエンケンさんの 姿に鳥肌が立ちました!
「満足できるかな」も迫力あるギター、途中で弦をつまんで 激しくギシギシとスライドさせて、少し不気味で怖い音が迫ってくるようで、 やっぱり正気の沙汰ではないと思いました。アコースティックギターもこんな風に 使われてビックリしていそうですね!こんなにも表現できる楽器なんだ!と再発見しました。
ハーモニカも8本使い分けていたりして、純音楽家、遠藤賢司をたっぷりと堪能できました。
一生忘れないライブに出会えたことに感謝!
(text:3/photograph:moo)

遠藤賢司 live at Fandango 14030707
遠藤賢司
遠藤賢司 live at Fandango 14030707
遠藤賢司
go to live report 140705 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report140713

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com