大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/7/13(SUN)   
『YOUTH ANTHEM
「走らなアカン夜明けまで VOL.11」』
YOUTH ANTHEM/ 東狂アルゴリズム/
壬生狼


YOUTH ANTHEM live at Fandango 140713
YOUTH ANTHEM
東狂アルゴリズム live at Fandango 140713
東狂アルゴリズム
だんだんと梅雨から夏らしく蒸し暑い、暑苦しい毎日が続く中7月13日、そう十三の日に YOUTH ANTHEM企画『走らなアカン夜明けまで vol.11』がファンダンゴで行われました。 出演バンドはYOUTH ANTHEM、東狂アルゴリズム、壬生狼、DJリンダの熱いバンド、DJが揃いました。 タイムテーブルは YOUTH ANTHEM→東狂アルゴリズム→壬生狼→YOUTH ANTHEMの順で、 OPEN後DJリンダによって懐かしい曲や夏らしい曲が流れる照明もキラキラするいつもとは 雰囲気の違ったファンダンゴでお客さんもお酒を飲みながらそれぞれ音楽を楽しみながら 十三の日がスタートしました。

パッと照明が暗くなり、SEが流れ始めトップバッターYOUTH ANTHEM前半戦の始まりです! 1曲目、ドカーン!と疾風の如くで一気にファンダンゴ全体がYOUTH ANTHEMの空気に染まり、 みんな拳を突き上げて必死に食らい付いているように見えました! まっすぐ突き刺さってくるような、男気溢れるガツガツした楽曲、なのにどこか優しくなれるような 楽曲があったり、すごく刺激的でした。
そのまま突っ走るように5曲を演奏しYOUTH ANTHEM前半戦終了です!

続いて東狂アルゴリズムの登場! I feel all rightでこれまた一気にアルゴリズムに染まり持っていかれたファンダンゴ、 テンションもあがります! すごくノリやすいというか、2曲目の平成ブギウギなんて踊りたくなるくらい楽しい 元気になれる、ムカつく!を連呼し、なんでもアリの楽曲がこれまたカッコ良かったです。
「おもろいことを考えて あんたたちを楽しませるのが俺の仕事!」というvo.佐々木さんの 言葉にワクワクしました!最後まで彼らの音楽はまっすぐでめっちゃカッコ良かったです!

そして3組目、壬生狼! 国内では絶大な支持を得ていると同時に海外からの評価も高い壬生狼。 ステージの後ろには大きな日の丸に壬生狼と書かれた旗が掲げられ、 流れゆく刻の中で でスタート!男気あふれる熱いメッセージには 魂を揺さぶられます!! 「最後だいたい何やるか読めるでしょ?生きてればまた会えるし、 十三でも札幌でも。いつでもどこでも会えるし。なあ、ぼくちょっと上がっておいで」と vo.近藤さんのMCでステージ前で見ていた小学生くらいの男の子がステージに呼ばれ、 マイクを渡され男の子の「今を生きています」という言葉に会場全体が笑顔と拍手に 包まれました!ラスト、今を生きろでヒートアップ!!野太い声とシンガロングしやすい 歌メロで大熱唱し、こんな時代だからこそ、愛国心を取り戻せ!!という熱い メッセージがひしひしと伝わってくるライブでした。

ボルテージの下がらないままの会場で最後、トリを飾るのは今夜2回目、 YOUTH ANTHEMの登場です!! 男らしく突き上げられる拳。強烈すぎるギターの音!『まだ見ぬ夜明けを』から始まり、 もう会場のテンションは最高潮!!本当にひたすらカッコ良かった。体が自然と 動き出してしまいそうなくらいの勢いと情熱を感じました! 春風で、このクソ暑い熱い夜に爽やかな楽曲で気持ちよく、感動をも覚えるくらいの 会場全体の一体感でラスト一曲、青天の霹靂。轟音に負けない歌声と、 蹴り上げるようなリズム隊。それはシンプルなロックな姿であり、何より王者の風格でした。

13日、十三の日は最初からどこまでもシンガロング!!力強い男声が響き渡り 最後までステージからの熱風が放出されていました。 最初から走り続けて、夜明けまで突っ走る。そんな素敵なイベントとなりました。 ロックンロールは鳴り止まない!!
(photo:あき/text:fujimu)
壬生狼 live at Fandango 140713
壬生狼
YOUTH ANTHEM live at Fandango 140713
YOUTH ANTHEM
go to live report 140707 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 140719

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com