大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/8/7(THU)   
『地獄車 TOUR 2014
~OPEN THE GATES OF HELL~』
地獄車/GARLICBOYS
/MUSHA×KUSHA


GARLICBOYS live at Fandango 140807
GARLICBOYS
MUSHA×KUSHA live at Fandango 140807
MUSHA×KUSHA
あーーーーーー暑い! まだまだ頭がおかしくなるくらい暑い日が続いております。 そんな今夜は、地獄車がPIZZA OF DEATH RECORDS内の 新レーベル「ROTTEN ORANGE」復活第1弾アーティストとして 再録ベストアルバムリリースツアーでFANDANGOにやって参りました!!

1発目、戦陣機って登場したのが【MUSHA×KUSHA】!!わたし個人的に 初めて見るバンドで、まず真ん中で踊っている!?あの人は何をしとるんや!?って 初っぱなから見入ってしまいました。「バケクラベ」という曲がギターとベースの 掛け合いやユニゾンが印象的で、ラスサビからフィナーレへと向かう疾走感が たまりません!!キーボードが創りだす不思議な世界観も素晴らしい・・・
どの楽曲も全体的に低音がメインでずっしり重ためなイメージですが、 キーボードの軽めの明るい音作りが、楽曲を一気にキャッチーなものに させています。そして、あたしが1番気になってた、真ん中で踊っている人。 ボーカル・楽器隊に加えて《蟲役者》というパートがあり、歌うこともしなければ、 楽器を奏でることもしないんです。ますます興味が湧きます。彼はダンスの ジャンルに分類できないような、文章で言い表すことのできないような踊りを することでライブをより一層熱いものにしている超重要人物でした! とりあえず、曲の展開が巡り巡ってどんどん進んでいくため、聞いてて 飽きる事がありません!この独特なMUSHA×KUSHAワールドに、 みなさんも引き込まれてみてください!

そして次は【GARLICBOYS】の登場です。 平成ラリー塾でもお馴染み!ラリー塾のTシャツを着ている人もたくさん 見かけました!SEが流れお待ちかね!と言わんばかりの歓声と共に登場し、 初っぱなから「さすらい節」で大合唱。続いて「DQ69」で一気にヒートアップ!! キャッチーかつメタリックなハードコアでオーディエンスもぐちゃぐちゃ! わたしも飛び込みたいくらいモッシュビットでテンション上がりまくり! とにかくこのバンドはハードコアパンクが何であるかを分かりすぎているバンドであり、 最高に格好いい、若干メタリックなリフ、正統派パンクロックのビート、それなのに 最高に馬鹿な歌詞で歌う。でもそれが最高に格好いい!!哀愁漂う男っぷり。 本当に貫禄と凄みを持ちながらも、最高にパッションとエネルギーに 満ちたライブをしていました!
ただ8月13日、年内をもって活動休止することが発表されて、 驚きが隠しきれないですね・・・ ぽっかり穴があいてしまったような・・・
ただ、毎年恒例のワンマンライブ 《平成ラリー塾》もしっかり予定通り開催され、10月10日ファンダンゴのチケットは 既にSOUL OUT!伝説のライブになること間違いなしです。くっそ楽しみですね! 心残りのないよう思いっきりGARLICBOYSを楽しむしかないです!!男女ともにハッスル! 大ベテランでありながら、衰えや落ち着きなんてないし、溢れるパッションを全身で 感じ取らせて頂いた、最高のライブでした!

そしてラストバッターを飾るのは【地獄車】 SE でSPEEDのBody&Soulが流れるなか登場し、vo.下條スープレックスホールドの 「ウ”ア”ア”アアアーーーーー!!」で会場も一気オリャアアアー!とテンション上がり、 そのままアントニオ猪木を題材にした「鉄拳制裁」でスタート!そのまま「スシゴーランド」 「土俵の鬼」「ブス ブタババア」を立て続けに、オーディエンスも疲れを見せない 暴れっぷり!途中、vo.下條にビールが渡され、ビールを口に含んで撒き散らし もうめちゃくちゃ!!私の地獄車のイメージ、メンバー全員ちょっとコワモテ兄さん、 楽曲もゴリゴリハードコアパンク系。それでMCに入って優しい声で「めんそ〜れ〜」って! ギャップ!!!笑
「沖縄から来ました、モンゴル800です。あなたに会いたくてやってきました。よろしく。」で 会場も笑いに。その後も「奈良の東大寺に行ってきて沖縄にはあんな大きな大仏はないので カルチャーショックを受けました。どうぞ聴いてください、東大寺」で約1秒で終わる曲を 披露してみたり。それ以外にもMCがめちゃくちゃ面白く、私はイメージを一瞬でぶっ壊され、 それこそ何かのショックを受けたように釘付けでした・・・笑 そして「ルチャバカ野郎」でまた一気にゴリゴリキラーチューン!地獄車はハードコアと 格闘技の融合を目指しているらしく、極真空手や1曲目のアントニオ猪木を題材にした 歌詞にその試みが見えます!さすがは空手発祥の地。そのままテンションは下がらないまま、 むしろヒートアップの問答無用でヘドバンしまくり!EC含め全16曲をぶちまかし終了! 本気と冗談、シュールな皮肉とタフな筋肉をすべて鋼鉄のリフに昇華させて突き進むのが 地獄車というバンド。物凄い衝撃とカッコ良さを感じました。 わたしもすっかり虜になってしまいました。今夜は非常に濃かったです。刺激的すぎました。 そしてROTTEN ORANGEの復活、最高に嬉しい!!!!
ぜひ、地獄車のベストアルバム「地獄門」みなさんも手に取って聴いてみてください! きっと地獄という素晴らしい世界に引きずり込まれますよ!
(photograph:あき/text:fujimu)
地獄車 live at Fandango 140807
地獄車
地獄車 live at Fandango 140807
地獄車

go to live report 140803 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1409

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email:fandango@fandango-go.com