大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/12/14(SUN)    
『Age Factory X フィッシュライフ
Wレコ発「EGUMI.」』
Age Factory/フィッシュライフ
/最悪な少年/LILI LIMIT
/IRIKO/或る感覚



最悪な少年 live at Fandango 141214
最悪な少年
LILI LIMITlive at Fandango 141214
LILI LIMIT
まず一番目に登場したのは『最悪な少年』この名前のイメージからてっきり ジャキジャキしたロックかとおもいきや!一曲目「夕方の月をみた」とてもやわらかく、
透き通るような歌声から始まり、優しい音が会場を包み込みました。
ギター、ドラム、そしてベースボーカルという編成のシンプルな3ピースバンドですが、 歌声がメロディーになり、それぞれが音をとても丁寧に演奏するので、 とっても居心地のいい空間に変わりました。「今日を生きる」では曲中に 語りのような箇所があったりと、一曲通して一つの物語がしっかりとあって おもわず歌詞に聞き入ってしまいました。 (何も知らないくせに 何も知らないくせに)と繰り返し歌う「曇りのち晴れ」は まるで泣くのを堪えているかのような歌声で、切実な気持ちが伝わってきて、 人の体温の暖かさに触れているように感じさせてくれ優しい歌を奏で てくれました。そんな彼らはななんと2013年に結成されたばかりの 高校生!!!
結構衝撃ですよ!

お次は『LILI LIMIT』の登場です!先ほどの雰囲気とはガラっと変わって、 ギター、ベース、ドラムの他に、シンセサイザーやサンプラーを駆使する 5人組集団です!
イントロからとてもお洒落でアーティスティックな アプローチですがそこからの広がりはやっぱりバンドサウンドのパワフルさが 引き立つでカラフルなポップチューンに!!2曲目が始まる前にボーカルさんが (みんなで踊ろうよー!)と叫んでから「Girls like Chagll」ファンダンゴが まるでクラブになっちゃったのかしら!?と思うぐらいに四つ打ちの ダンスナンバービートがフロアを揺らしました!、エレクトロとラップ調な ボーカルという一見むちゃくちゃな組み合わせに思えますが、 そこをクールにまとめあげていて彼ら独特のセンスが光る楽曲の数々!

3番手に東京から『或る感覚』が来ましたよ!!(今日のイベントは同世代の 開戦前夜だとおもっているので、最後まで見届けてください!!)と 一曲目「ファイトクラブ」からスタート!イントロ部分、独特なギターリフで 始まる怪しげなこの曲、そしてディレイがかかりまくったボーカル! ドスのきいた男らしい声がとってもかっこいいのです!! 4曲目「初夏のピラニア」ではドラムの4つ打ちのリズムの土台に、 ギラギラした新鮮なギターラインがずっと頭の上の方で鳴り続けていて とても気持ちいいのです!!(俺たち天下とるんで!)とテンションあがる MCをして「亀の速さで」てっきり速い曲やるかと思いきや、さらっと スローナンバーをやっちゃうのあたり、でっかいバンドだ!不意を突かれました!!
バンド全体がとても柔軟性のある状態なのでしょうか!なにやっても そのミックス
センスで表現出来ている彼らの勢いは本当にすごいです!!!

そして『IRIKO』が初めてファンダンゴに登場!福岡県久留米市からやってきました! メンバー3人に、サポートメンバーを加えて4ピースバンドとしての演奏! 県外でのライブをコンスタントに続けてきたかれらのライブはオルタナティヴな バンドサウンドにすこしのポップ要素を取り入れてクセある楽曲たち!そこに、 なんだか泥臭くて熱くなる歌詞が乗ることによって『IRIKO』独特の哀愁の ようなものが感じ取れました!!「夜を抜けたら」ではミドルテンポのなかにも、 やさしく柔らかな気持ちにしてくれるような抱擁感がある曲で、言葉も控えめ ながらもとても美しく心に染み込んできました。それを受けとめて生まれる この心に湧き上がる感情のようなものこそがきっと大切なもなのだと思います。 自分のなかにある感情を引き出してくれるようなライブに 出会えたことは久しぶりでした!

このイベントの首謀者の先行は奈良の平成生まれのカリスマ!『Age Factory』と なりました!!なんと今月の12月3日に全国流通の1st mini album「手を振る」を 発売したばかりなのです!!そのレコ発というとてもおめでたい日!そのアルバムの 一曲目に収録されている「真空から」からスタート!冒頭に弾き語りの部分が あるのですが、まるで独り言のように歌うボーカルの姿はぞっと鳥肌がたつほどに 空虚に感じました。そんな虚無な心情のような始まり方からは想像できないほど、 曲が進むにつれて初期衝動のようなものも混在していて、彼らの合わせ持つ 感情がとても表現されている曲だと思います!「Ginger」はでは耳にのこる 圧倒的なベースラインが特徴的の曲。短い曲のなかで攻撃的な仕掛けかたと、 簡潔かつスケール感のある曲の構成にとても鋭さを感じました!! そんな彼らのアルバムリリースツアーの関西ファイナルがまたここ 十三FANDANGOで行われることが決定しています!
2015年3月15日!みなさん、お持ちしておりますよ!

さて!平成生まれが集う今宵のイベントの大トリは「フィッシュライフ」大阪で 活動している3ピースバンド!2012年に結成されて、2013年に数々の 大きな賞を獲得している彼ら!とんでもない肩書きもってますけど、 ライブみたらびっくりするぐらい納得しちゃうのです!!
(革命起こしにきました!ここにおる全員幸せにするから!)とフロアを 盛り上げて一曲目「ヒーローが死んだ夜」というアップテンポナンバーから スタート!とても瞬発力のあるステージなので、音がブレイクする瞬間が しっかりと生きていて、
ギター、ベース、ドラムのみの、3人で作る バンドサウンドの可能性のようなものをとても感じます!! ダンスナンバーもしっかりと落とすところで空気を変えて、その次へと 広がっていく展開が私たちを楽しませてくれるのです!そしてMCが 可愛くて
仕方がない!ボーカルさんが真剣な表情しているだけで フロアから笑が起きるようなアットホームなライブにメンバーの 人柄が表れていると思います!
とっても笑顔あふれるライブでした!
(text:3/photograph:moo)

或る感覚live at Fandango 141214
或る感覚
IRIKO live at Fandango 141214
IRIKO
Age Factory live at Fandango 141214
Age Factory
フィッシュライフlive at Fandango 141214
フィッシュライフ
go to live report 141205 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report141217

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com