大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2014/12/21(SUN)   
『STANCE PUNKS 「火の玉宣言 vol.46」』
STANCE PUNKS/ THE SKIPPERS
/KiNGONS


KiNGONS live at Fandango 141221
KiNGONS
THE SKIPPERS live at Fandango 141221
THE SKIPPERS
全国的な低気圧で珍しく大阪に雪がちらつく中、そんな寒さも瞬時に蒸発させる 一夜が今宵ファンダンゴにて開催されます!STANCE PUNKSの名物企画、火の玉宣言!!

まず最初に登場したのは宇都宮のポップパンクバンド、【 KiNGONS】です!
アンプのまわりに張り巡らされたイルミネーションが真っ暗闇の中に光る中、プロレスラー “中邑真輔”の入場曲にも使われている SubconsciousのSEが流れ大歓声の中メンバーが 登場!テンション高らかに「十三!!遊ぼうぜー!」と言い放ち、“HAPPiNESS”そして “POP OF THE WORLD”、“音楽は止まらない”を立て続けに披露!持ち味である 天上知らずのハイテンションなグルーブでフロアも熱気に包まれます!持ち味の ファストチューンPOP PUNKで一気に駆け抜けるかと思いきや
“春の風に誘われて”の 時には青春時代にタイムスリップしたかと思う程甘酸っぱい歌詞で魅了する パフォーマンスは見れば見る程にどんどん心を鷲掴みにされます!途中のMCで B.B.(Vo)が『初めて十三ファンダンゴに来れたのがスタパンに呼ばれた企画で、 4年とゆう月日が流れたけどこうやってまた一緒に出来て最高に嬉しいです!』と 音楽を続けるからこそ生まれる熱い絆を語ってました!
そして“WONDERFUL GIRL”、 “FAST FAST FAST”とゆう王道のダンスチューンで最高のトップバッターを努めてくれました!

そしてお次ぎは大阪が誇るメロディックパンクメーカー、【THE SKIPPERS】の
登場! ポジティブなメッセージ性の強いTHE SKIPPERSのナンバーの中でも名曲と なっている“IMAGINE”からスタート! そして“APOLLO”とゆうパンクキッズは心臓が飛び出す程ワクワクする展開!! 新ドラマーにAKIRAを迎えてから初となるファンダンゴのステージですが、凄まじい パワーとテクニックで疾走感あふれるパンクサウンドを更に強靭なものに変えて 放出する様は圧倒的でした!!
そしてTHE SKIPPERSは間近にNEW ALBUMの リリースを控えており、『ブルーハーツの30周年を記念するトリビュートが2月に 出ますね!ぼくらも同じ日にGREEN HEARTSとゆうアルバムを出します! 狙って無かった事でびっくりしてますが・・・!』と偶然の惨劇を語ってました。 そして新曲、“HIKARI”を真っ先に
披露!!このアルバムにはリンダリンダが カバー収録されているので是非THE BLUE HEARTSのトリビュートを 買いに行かれる方は手に取ってみて下さい!(笑)

そしてフロアの熱気が煮え渡り出した頃、満を持して本日のメインアクト、 【STANCE PUNKS】が登場!! 薄暗く真っ赤に染まったステージにイベント名にも使われている“火の玉宣言”がSEで流れ、 演奏がまだ始まっていないにも関わらずフロアは沸騰状態!『良く来たなあ!』とツル(Vo)が 叫び、“Hello, No Future”で
スタート!開始早々からフルスロットルで駆け抜ける 男らしいステージングから噴出されるサウンドは世界に誇れるジャパニーズパンク!! 放送禁止にもなったMVで有名な“ザ・ワールド・イズ・マイン”では衝動的なステージで 駆け抜けるSTANCE PUNKSに圧倒されたパンクスのダイブに次ぐダイブで場内は 一気にサウナ状態!
エンジンが焼き付いてしまう程のレッドゾーン振り切る躍動感で あっという間に12曲、45分のステージが終了。汗まみれの拳が掲げられ、鳴り止まない アンコール!ここまで必死に本気で要求するアンコールはなかなかありません! メンバーがステージに戻り、『来年はアルバム出すぞー!!』とゆう普通なら歓声が 響くMCに場内は失笑。何とここ4年くらいずっと言ってるそうです。 (笑) ただいつもと違ったのが今回は新曲、“大人になんてなるもんか”を初披露! 最後は“モニー・モニー・モニー”でシンガロングの嵐! 真冬に行った火の玉宣言、どこよりも真っ赤な灼熱の炎が十三にて灯された夜でした!
次は新しいアルバムを引っ提げたツアー、楽しみにしてますよ!STANCE PUNKS!!
(photograph:あき/text:murakami)
STANCE PUNKS live at Fandango 141221
STANCE PUNKS
STANCE PUNKS live at Fandango 141221
STANCE PUNKS

go to live report 141217 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1501

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email:fandango@fandango-go.com