大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2015/2/3(TUE)    
『男たちの冬祭り 2015』
アルカラ/MOROHA/
クリトリック・リス/
響心SoundsorChestrA


響心SoundsorChestrA live at Fandango 150203
響心SoundsorChestrA
MOROHA live at Fandango 150203
MOROHA
2015年になりまして、ついこの間は年越しや!って言ってたのに、気づいたらもう 2月ですね〜 早い早い。。。気づいたら2月。今日は節分の日!十三の商店街にも たくさん恵方巻きを売る姿を見ました。そんな日に十三FANDANGOでは 4バンドが鬼を追い払って、福を呼んでくれるくらいの熱いライブが 繰り広げられました!

まずは【響心SoundsorChestrA】 Vo.総理の「バンドを使って感情表現しにきました」の言葉と共に 「どうでもいいよね」でスタート!そのまま「リスタート」 刻むドラムの音と安定かつ、リズミカルなベースの音と、ギターのジャキジャキとした、 でもそれだけでない突き抜ける音と、ボーカルのシャウトの声がすごくいいバランスで 全部のサウンドごと一気に飛び出してくる。 「今この瞬間を忘れないでほしい。縁は全部作れるものやと思う。縁がなくなるなんてことはない、 どこで繋がるかは分からない」とVo.総理が言葉を残し「さよなら」が始まる。 彼らのライブは生々しくでもまっすぐで、力強さがガツンと伝わってくる。 ライブ自体にストーリーがきちんとあり、観ていてそのパフォーマンスにも持っていかれる。

全6曲を披露し、次に【MOROHA】の登場! 「東京から鬼が2匹来てるらしいですよ。」とMC.アフロの言葉を酒をみんなで 「かんぱーい」と声を上げてそのまま「革命」ステージにあぐらをかいてアコースティックギターを つまびくGt.UK。全身を使って汗だくになりながら情熱的にリリックを繰り出すMC.アフロ。 エレキギターもドラムもない、「ロック」として思いつくような形態とは全くかけ離れた、 アコギとMCのみのラップユニット。あたしはずっと気になってたMOROHA。やっとライブが 観えて圧倒されました。しかもファンダンゴのステージはフロアから30〜50センチ、 アーティストと観客を遮るものはなく、ファンダンゴで全身全霊で人々に言葉を語り続ける MOROHAはすごく見応えがあり、身動きがとれなくなるくらい惹き付けられました! 「奮い立つCDショップにて」「俺のがヤバイ」と、序盤は焦燥感あふれるリフの中でアフロが 音楽で戦い続ける意志を見せつける。後半は「GOLD」「Salad bowl」で切なくなるくらいの ギターの奇麗なリフと、アフロの優しく語りかける声のボリュームと背中を押される曲を たたみかける。 「もうすぐタンバリンのお兄さん、出てくるんでね。笑」とこれはアルカラのことですね。 「俺は生きてる人が好き!生きている人が大好きです!また、生きて会いましょう」と アフロが言葉を残し最後の曲「勝ち負けじゃないと思えるとこまで俺は勝ち負けにこだわるよ」で
次の【アルカラ】にバトンタッチ。

観客達を嬉しそうに眺めながらスタンバイしたメンバー。鬼のお面をかぶったVo.稲村は ヴァイオリンをノリノリでプレイし、時折弓をかざしてポーズをとる。ステージ上では 哀愁のフレーズを奏でるとそのまま「交差点」でスタート! いきなりの必殺チューンでお客さんたちも絶好調!猛烈なタテノリで沸き立ったフロア。 みんながガッと身を乗り出し必死に喰らいつく!
「キャッチーを科学にする」「半径30Bの中を知らない」で容赦なくアルカラも戦う! キレが猛烈に良い曲が連発され、会場の温度はみるみる上昇していく。 途中MCで「今日は節分ということで、素敵な1日になると思うから楽しんでいってくれよー!! 今日はみんななんでもアリやでー!豆もさっき配ったから後で豆まき大会や!」とそれ以外にも 本当に今日出演したバンドをうまく交えながら話すトークがうますぎる!って思いました。笑
会場の笑いもしっかりとって、曲もパフォーマンスも完璧! お客さんも飽きることなく、むしろ食いつきっぱなしでアルカラを満喫してました!

そして今夜トリを飾るのは【クリトリック・リス】の登場! いつもの安定の光を放つパンツを履いてお客さんもさっきと変わりすぎた 雰囲気に戸惑うのかと思いきや、
お客さんもノリノリで楽しむ姿! アルカラがめっちゃいい鬼のお面やったせいで出しにくかった 持参した豆を「ライス&ライス」のリズムに合わせて撒き散らす!笑
お客さんはその配られた豆を遠慮なくクリトリック・リスに投げつける!
「こんな禿げてる鬼おりますかっ!」の声に笑いが。。。 そのまま「私のベイビーちゃん」「ロングヘアーファットボーイ」 MCに入ると絶対悲鳴が上がる、けどなぜが曲中の一体感はすごい。。。 でもMCになるとまた豆を投げつけられる!笑
さすがクリトリック・リス! 1番盛り上がる曲「バンドマンの女」が始まり、みんなが待ってました! ですが曲中にまさかのバッテリー切れ!!! 音が消え、アカペラでバンドマンの女! ある意味レアでお客さんも盛り上がり、そんなトラブルも軽くかわしてしまう クリトリック・リスはやっぱりすごいなあと、思いました。笑
優しいお客さんが多かったのかな。。。笑

でもやっぱり全体的に今年の冬の男祭り2015はかなり熱い夜になりました!
おかげさまで鬼も奇麗に退治して、今年も福がファンダンゴにたくさんやってきそうです!笑
(text:fujimu/photograph:あき)

アルカラlive at Fandango 150203
アルカラ
クリトリック・リス live at Fandango 150203
クリトリック・リス
go to live report 150201 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report150206

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com