大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2015/2/09(MON)   
『踊ってばかりの国とシャムキャッツ』
踊ってばかりの国/シャムキャッツ


踊ってばかりの国live at Fandango 150209
踊ってばかりの国
踊ってばかりの国live at Fandango 150209
踊ってばかりの国
「踊ってばかりの国とシャムキャッツ」というそのままなタイトルのツーマンイベントが 開催されました! この二つの組み合わせが素敵すぎてこの日を心から楽しみにして、順番はどっちが先かなーとか わくわくしていました!
会場が暗くなり、とても静かで落ち着いたSEの中ステージに上がったのは 「踊ってばかりの国」です!静かなBGMを切り裂くようにギスギスしたギターの音を合図に、 一斉にバンドイン!まるで花がパッと咲いたみたいに【セブルバ】がはじまりました! 何度も踊ってばかりの国をこのステージでみているし、メンバーが代わってから2回目の FANDANGO出演でしたが、とっても新鮮で、まるで新しい音楽に触れているみたいに 感じるのです!ボーカルギター下津さんを筆頭にメンバーが変化を恐れず新しいことに 挑戦しているからなのではと感じます!(君が思うまま、君の想うまま 踊ればいい 歌えばいい)と いう歌詞にあるように自由に生きることを歌い続けるバンドの演奏は、自分達の好きな音色や メロディーを素直に曲にしているんだろうな!!とか思っちゃうほど、気持ちよさそうな表情の メンバー。3曲目に【時を越えて】というミドルテンポの新曲を披露!家を飛び出して どこかに歩き出したくなるような軽快なステップがこの曲をハッピーに仕上げていると 思います!
今年の3月25日に発売予定の4作目のフルアルバム【SONGS】に 収録されるということでかなり期待しています!4曲目【いやや、こやや】では 下津さんが「どこにいこうかな」とつぶやいて、ふわっとステージを降り、 PAブースの高台から歌うというサプライズが!どんな行動をしても様になる カリスマ性はこの年代のアーティストの中でも群を抜いているのではないでしょうか! 惚れ惚れするステージに新作への期待が一層高まりました!!

余韻を噛み締めながら「シャムキャッツ」を待機していたら、会場のBGMが すっと消えて、無音状態の中メンバーの登場。ボーカルギター夏目さんが 「こんばんわ、シャムキャッツです」と一言おいてから、ギター二本で綺麗な アルペジが繰り返される【渚】が始まりました。このイントロだけで充分に情景が 想像できるほどに気持ち良く、初っ端から心をぎゅっと鷲掴みにされてしまいました。 3曲目【LAY DOWN】ではギターの菅原さんがとっても器用にギターと キーボードを交互に素早く弾きわけていてそこも見ものでしたよ!(笑)
4曲目【忘れていたのさ】では冒頭語りのようなものから始まって、 ドラムもベースもギターも一貫して爪弾くように静かに優しく音を鳴らすこの曲は、 ドラムさんの表現力の底なしさと、コーラスワークがとても絶妙に構成されていて、 シンプルで優しい曲の中に遊び心がたくさん詰まっていてその引き出しの多さに 驚きの連続です!!シャムキャッツの特徴的なメロディーと歌詞のアクセントのつけ方の 独特さが目立っていて、このバンドの魅力が抜群に引き出されている曲だと思います!
MC では突然灰皿とタバコを用意し、アンプの上に灰皿を置いててステージ上で 吸うという行動に(笑)以前からステージ上で吸うのが憧れだったようで、 とても美味しいといって会場を笑わせていました!そこから矢沢永吉の話に 広がって、なぜか自分の好きな曲の一番を完全に歌い切るという不思議な 行動に!しかししっかりオチをつけてくるあたり、大阪人の心を掴んだことに 間違いないでしょう!でっかい男ですね!そんなシャムキャッツ、 前作のアルバム【AFTER HOURS】の「その後の世界」を詰め込んだ ミニアルバム【TAKE CARE】が今年の3月4日に発売されます!
両バンドの新作がとても楽しみですね!3月が早く来て、 またライブが見れたらどんなに幸せでしょう!
とても素敵なふたつの バンドの演奏で幸せいっぱいになりました!!
お腹いっぱい!!
(photograph:あき/text:3)
シャムキャッツ live at Fandango 150209
シャムキャッツ
シャムキャッツ live at Fandango 150209
シャムキャッツ

go to live report 150125 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1502

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email:fandango@fandango-go.com