大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2015/4/24(FRI)   
『イヌガヨ 「路地裏午前6時 vol.23」
~平成ガチンコ相撲純情派~』
イヌガヨ/バイセーシ


バイセーシ live at Fandango 150424
バイセーシ
バイセーシ live at Fandango 150424
バイセーシ
今夜はイヌガヨ企画3ヶ月連続2マン「路地裏午前6時vol.23〜平成ガチンコ相撲純情派〜  先月のTHE 抱きしめるズに続き今月はバイセーシとの対決です!

大阪を拠点に活動するバイセーシの登場です! メンバーがステージに登場し、そのまま[ガソリン][たのむくれ][大魔神]で最初からかっ飛ばすバイセーシ。 だいたいのバンドは3、4曲目のあたりでMCを入れるのですが、今日のバイセーシはずーーーっと暴れまくっています(笑) え、どこまで歌うんや、、、この人たちどこまでやるんや!!と思ってたら、なんとまさかの13曲目にしてやっとVo.病気マサノリが話し始めた! でもその言葉が「まあまあ、そろそろというか、だいたい気づいてると思うんすけど、しゃべらんとこうかなっていう。。。で何か話してほしい事はあるか」とまさかの逆質問パターン!(笑)思いっきり病気さんワールドに引き込まれてしまいます。 ていうか13曲ぶっ通すって凄すぎる!!
そのまま[テニスプレーヤー][サンバ][何時誕生日][水][ハイスコアサーファー]で全18曲を披露した。バイセーシは歌詞の意味とかより、めちゃくちゃな文法のスキマに無意識の欲動がある。それは演奏、絶叫の混じるボーカルと呼応している。 途中[サンバ]では毎度おなじみになってきたお客さんが丸くみんなで手をつないで「二本でサンバ踊るな絶対」と歌いながらサンバのリズムで踊るという(笑) しかも今夜はメンバー全員がフロアに降りて笛を吹きながら走り回るという。 動きがありすぎるライブでした!バイセーシのライブはいつも笑ってしまうというか、全員が笑顔で楽しめるライブです。 常に病気さんの動きが気になって、もう目が離せません! みなさんも、この不思議なバイセーシの世界を体験しに行ってください。すぐ引き込まれますよ!!

さあ、次に登場するのが待ってました!イヌガヨ! SEが流れメンバーがステージに登場!Vo.じゃっくの「大阪堺市北区からやってきました、 イヌガヨですどうぞよろしく」の声とフロアの歓声を突き破るかのようにDr.アルさんの スネアが破れてしまいそうな強烈な音が響く。そう1曲目は[ロックンロール] 私はあのスネアの音を聴くとものすごい鳥肌と一気にアドレナリンが出てるのを感じるくらい興奮します! イヌガヨを熱く迎えたフロアの人々への返す愛かのように[デンキューマーチ]のギターコードリフが鳴る。 もう既にフロアは熱を帯びています!! そのまま突っ走るのかと思いきやここで[オレンジ]でフロアを一旦落ち着かせ、曲を聴かせるイヌガヨ。 私はイヌガヨのはじけるような、メンバー全員が噛み付いてきそうなハイテンポな楽曲も大好きですが、 イヌガヨのバラードも本当に大好きです。 ベースもギターもドラムもバラードになると、物凄く涙腺を刺激してくるのです。
MCではじゃっくさんが「曲ーーー!」とバイセーシのモノマネで笑いを起こす。
「たまに言いたくなるんですよね。。。笑」と言いバイセーシに今夜の2マンができたことの感謝を伝える。 そのまま[あさやけ][海亀と赤い惑星][脱出]をファンダンゴに畳み掛ける!! イヌガヨに負けてられるか!と言わんばかりに手を上げお酒を飲んで踊りまくっててさらに 熱くヒートアップしていくフロア。この時点でフロアとの一体感が恐るべき高まりを見せていました。 MCでは5月13日NEWアルバムリリースを発表!タワレコでも予約ができるらしい!これは要チェックです!
来月5月30日はギャーギャーズとの2マン!Wレコ発ライブとなるらしいです。

ライブも後半に差し掛かり[ダンシングインザムーンライト]を披露。 これまた、あたしの大好きな涙腺崩壊の楽曲。 それが終わってしまうとイヌガヨのキラーチューンでもある[野獣、暁の荒野に死す] [もう地獄に堕ちたっていいや]が続けてファンダンゴに鳴り響く。 フロアのテンションも高まるボルテージが抑えきれない様子。 お客さんもお酒は止まらないし、イヌガヨも止まらないしでもうめちゃくちゃ! でも全員が笑顔で全身を使ってイヌガヨの音を楽しんでいました! 最後は[生活]で終了です。
もちろんアンコールが起こらない訳もなく、イヌガヨアンコールで再登場です!
[真っ赤な夜の中で]でフロアとの一体感を存分に見せつけてくれました。
その後本日2回目のアンコールの声がフロアに響きます。 イヌガヨが再び登場し2回目のアンコールで[ヒバリが鳴く]を披露し、全12曲を披露し幕を閉じました。 イヌガヨのライブは何回も観てますが、毎回毎回気持ちがグッと動くような力強さと生命力を物凄く感じます。 イヌガヨの曲を聴くとクソくだらないこの世の中でも生きたいと思うんです。叫びたくなるような泣いてしまいそうな、心が洗われていくような清々しさを感じたり、ライブを観ると「生」をいろんな視点でリアルに感じることができる。 言葉にはしきれないです。

5月13日にはアルバムリリース、5月30日はギャーギャーズとの2マンが決まっております。この機会にリアルな生のイヌガヨをぜひ全身で感じてみてください! きっと物凄い衝撃を受けること間違いなしですよ!!
(photograph:あき/text:fujimu)
イヌガヨ live at Fandango 150424
イヌガヨ
イヌガヨ live at Fandango 150424
イヌガヨ

go to live report 150412 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1504

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email:fandango@fandango-go.com