link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2015/5/2(SAT)   

『GASOLINE ROCK FESTIVAL 2015
~大阪炎上3マン!!!~』 GASOLINE/THE NEATBEATS /THE PRISONER guest:テクマクマヤーンズ


テクマクマヤーンズ live at Fandango 150502
テクマクマヤーンズ
THE PRISONER live at Fandango 150502
THE PRISONER
ゴールデンウィーク真っただ中で各地のイベントも大盛り上がりななか、 四日市が世界に誇るロックの申し子、GASOLINEが主催する毎年恒例の祭典、 GASOLINE ROCK FESTIVALがファンダンゴで今年も開催されました! “大阪炎上3マン!!!”と題された通り、独自のロックンロールを放つバンドが世代を超え集結!

まず最初に祭り舞台に登場したのは関東を拠点に活動する《テクマクマヤーンズ》です! サイモン&ガーファンクルのミリオンヒットナンバーの“Mrs.ロビンソン”がSEで流れ、 ドラムカウントと共にまぶしい明かりがフロア中を照らし、“マネーガネー”から 本編スタート!今夜のライブアクトの中では一番の若手ながら、持ち味である熱度の 高いロックショーを序盤からフルスロットルで披露!ハイテンションなステージングも 魅力でしたが、哀愁感漂うナンバーの“Nice”や、海水浴の帰りに見た夕日を 彷彿とさせるアコースティックナンバー “サマーエンズ”など、勢い任せに出来ない心に 響く詩も披露し、地道なライブ活動で得た確かな実力を見せつけてくれました! テクマクマヤーンズは5月にギターの齊藤が脱退し、これからは3人で myeahns(マヤーンズ)として活動するそうです!そのmyeahnsのライブも 6/21にファンダンゴに出演する事が決定しております!新体制になっても 止まる事無く突き進む若きバンドの躍進劇を是非また見にきて下さいね!

そしてお次ぎはパンクロックの革命児、《THE PRISONER》の登場! オリジナル製作されたSEがかかり、フロア前方には男気たっぷりな オーディエンスが集結!初っぱなから脳天をぶち抜くロックナンバー、 “STAY FREE”を演奏!鳴り止まぬOiコール、そしてVo.JUNICHILOWの 迫力ある歌声とVo.NANA GNAR GNAの可憐なハーモニーで魅せる 存在感は圧倒的でした!これほどまでにリアルな姿勢で『世界を変えてやるんだ!』と いうメッセージ性を持ったバンドは本当に希有です! 凄まじきライブ・パフォーマンスと演奏力によって、薄っぺらではない ポジティブなメッセージが届くのだなと確信しました!最後の “LETTER”では フロアのみんなでシンガロング!結成から10年以上経過しながらも、 ムーブメントに捕われず、ストイックにナイフの如く研ぎ澄まされた バンドのこれからが楽しみです!

イベントの後半戦に突入し、何と3番手は本日の主役の《GASOLINE》の登場! ロックスターさながらの衣装でステージに登場し、一曲目の“シャウト”の演奏中に 気づけばパンツ一丁に!(笑)“ネバーエンディングロード”ではすぐにステージに 降りて観客の前で熱狂的なギターを披露!『甘えに甘えまくった体を見ろ!!』と たぷんたぷんのお腹を揺らしながら命懸の異常なライヴ・パフォーマンスで 観客全員を巻き込む!そして常連の方はご存知の一気タイムに突入! しかも今回は主催とゆうこともありお客さんからVo.ガンにプレゼントする アルコールの数が多数!!「いつもお酒が飲めるのは??」『GASOLINさんの おかげです!!』のコールでテキーラやビール、ウィスキーを呑みまくる! フラフラになりながら、その後ろでは恒例となったBa.ガイが放つ本田圭佑の モノマネも板にハマり(笑)、ライブの勢いも加速!本編中にアンコールを 催促したり演劇の様な空間で爆笑をさらいながらも、最後の “ドランク オアダイ”ではギター弦1本で神々しいプレイで歓声を浴びました! 大トリでは無くてもやっぱりロックの申し子は魅せてくれました!

そして最後に登場するのは世界の誇る3コードロックンロール職人の
《THE NEATBEATS》です! ステージに広がる数々のビンテージ機材に 目を奪われながら、黒いスーツに身を包んだ貴公子達が登場! コテコテの関西弁で「帰って来たでファンダンゴ〜!」と言い放ち、 “FARMER JOHN”で世界のビートメーカーのライブがスタートです! ノリノリなナンバーにフロアも一気に往年の雰囲気に包まれた ダンスフロアに変貌!“YAH! YAH! YAH!”を立て続けに演奏し、 THE NEATBEATSの熱狂ライブ盤シリーズとしてリリースされた 〈LIKE THE CAVERN LIVE! REEL NO.1〉の流れに気づいた ファンは大興奮!Vo.真鍋を主体とした軽快なトークにツッコミを 入れるやり取りは吉本新喜劇も真っ青のクオリティー!世界に通用する サウンドに加えてMCも面白いとなると卑怯すぎます!(笑) GASOLINEとはスプリットアルバムも出す程縁の深い繋がりながらも、 『GASOLINE ROCK FESTIVAL、一番出たくないイベントです!』と あまのじゃくな発言で照れ隠しもしてましたが、普段以上に楽しそうに 演奏する4人をみて、本当に今日という1日を待ち望んでいた事が 垣間みれました!老若男女問わず笑顔にさせ、アンコールを含めた 全18曲、あっという間の幸せな時間でした!
THE NEATBEATSは6月21日にファンダンゴで開催される 【衝撃のローーーック】にも出演決定しております! 世界の音楽シーンを牽引していると言っても過言ではない日本が 誇るトップ・ビート・グループメーカーを見逃すべからず!
今年も呑んで騒いで大盛況だった【GASOLINE ROCK FESTIVAL】、
来年の開催も楽しみにしてます!
(photograph:あき/text:murakami)
GASOLINE live at Fandango 150502
GASOLINE
GASOLINE live at Fandango 150502
GASOLINE
GASOLINE live at Fandango 150502
GASOLINE
THE NEATBEATS live at Fandango 150502
THE NEATBEATS

go to truchan's 1506 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  150503

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com