大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2015/7/19(SUN)   
『響心祭 vol.9 ~響心祭7月編!!
新譜中心のセットリストに なるぞぉ!!』
響心SoundsorChestrA/
密会と耳鳴り/ミソッカス/
沢田ナオヤ/mothercoat




密会と耳鳴り
密会と耳鳴り
mothercoat
mothercoat
常に持つ新しい事への探究心と、自らがシーンとなり音楽を超えた遊び場を 発信する響心SoundsorChestrAの5ヶ月連続イベントも遂に三回目! ジャンル分け不能な濃厚な面々が今宵も十三に集結しました!

まずトップバッターに登場したのは関西を拠点に活動する【密会と耳鳴】です!
Bimbo JonesのSo WhatをリミックスしたP!nkのダンスナンバーをバックに華麗に登場! セクシーな衣装を身にまとい、『皆さん手拍子できますか〜?』という掛け声と共に “正義とは悪”からライブスタート!アップテンポなナンバーに重ねる男性への 不条理を描いた“嫌い”とハイテンションで繋ぎ、薄暗いライブハウスを カラフルなクラブへと変貌させてくれました!そして密会と耳鳴りは何と 8月29日に泉大津で開催される大型野外フェス『RUSH BALL』へ出場が決定! 是非次世代シーンを掻き回す彼女達をATMCステージにてご覧下さいね!

そして2バンド目は、生活と音楽を融合させ発信する【mothercoat 】の登場!
叙情的な登場曲から、薄暗いステージに甲高いシンセサイザーが響く。 Vo.ギガ・ディランの巧みなリリックにBa.Vo.トキロックの重厚かつ繊細なメロディーが重なり、 段々と高まる攻撃性!濁流の様に迫り来るメロディーと独特の世界観はまさに “知的風ロック”そのものでした!各メンバーのパフォーマーとしての存在感が 非常に高く、叙情的かつ文学的な歌詞にのせるユーモア溢れた旋律! 埼玉県の深谷で自ら設立した「凡人ハウス」と名付けられたスタジオで、 常に進化を求める情景が目に浮かびました!まさに本イベントのタイトル、 “バンドを使って感情表現”の名に相応しい音を奏でてくれました!

3番手に登場したのは堺出身、東京で活動する【沢田ナオヤ】です!
ふらりとステージに上がり、アコースティックギターをつま弾く。 『キミんちの...洗濯機を貸してくれませんか?』とゆうユーモア溢れんばかりの曲、 “洗濯機”に場内は小笑い。(笑)気さくなキャラクターと小動物の様な小刻みな 動きに目を奪われつつ、かすれた声に重なる柔らかな声のハーモニーは やはり掴んだ心を離しません!少年時代に通った夕日に染まる土手を 思い浮かべる様な懐かさ溢れる“舌先の靴の時計”など、様々な情景を 彷彿とさせるナオヤワールドはやはり健在でした!

イベントも後半戦に突入!名古屋の【ミソッカス】がトリ前に登場!
F-1やプロレスイベントでもお馴染みのT-スクエアのTruthが登場曲として 爆音でかかる!ステージに上がると間髪入れずに「飛べるかジュウソウー!」と Vo.デストロイはるきちが叫び、“ロケット”でフロアのオーディエンスと共に ジャンプ!“マッドシュリンプス”と躍動感たっぷりな楽曲で一気に温度を 高めて行く!途中のMCでは響心SoundsorChestrAとの出会いを 赤裸々に語り、Key.マイケルTHEドリームの繊細な旋律から始まる“Mr.D”! バラードの様なナンバーから一気にアップテンポな“監獄五重奏”と繋ぐ! 邦洋新旧の音楽ジャンルを横断した多彩な楽曲展開に加え、見た目では 想像出来ないシャウトを交えた持ち味のスペースミクスチャーパンクとの 融合は圧巻!9月から遂にメジャーデビューを控えたミソッカス、 90`s(ナインティーンズ)の忘れ形見として遂に日の目を浴びる 彼等にこれからも要注目です!!

そして遂に本イベントの主役、【響心SoundsorChestrA】が登場!
ROTTENGRAFFTYのD.A.N.C.Eをバックに、大歓声の中メンバーが 壇上に上がる!アルペジアオの焦燥感溢れるメロディーから一気に 『良い日にしようぜファンダンゴー!!』と叫び、“CVS”で本編スタート! 冷め止まぬテンションのままリスタートと繋ぐ!「《新譜中心のセットリストになるぞぉ!!》 というサブタイトルやけど全然新譜からちゃうやん!去年のミニアルバムの曲繋がりやん!」 という突っ込みをしたい気持ちを抑えつつ、獣の様に感情を刃の様に向ける3人に 空いた口が塞がらない!弾丸の様に心の奥に降り注ぐメロディー、日常の葛藤を 等身大のまま綴った歌詞は一度耳に入るとすごく印象に残るんです!『色んな面白いことを する人を集めました。別に好きになってくれってゆう訳ではありませんが、 面白い人ばかりだったでしょ?後は思い思いに感じて、その思いを広げて行って下さい!』と 新たなシーンを開拓する彼等だからこそ言える言葉にフロアからの大きな歓声! アンコールでは、トップバッターに登場した密会と耳鳴りが一番好きだとステージで 言っていた“玉虫色”を披露!演奏中にも関わらず歌詞を即興で変え、 今日出演したアーティストにも熱いメッセージを送りました!

次回の響心祭は8/13!GRIKO、夜行性のドビュッシーズ、soratobiwoとゆう 関西の次世代シーンを担う猛者を招いて記念すべき10回目を彩ります!
音楽を飛び越えた発信基地を創り上げる響心SoundsorChestrAからますます目が離せませんよ!
(photo:moo/text:murakami)
沢田ナオヤ
沢田ナオヤ
ミソッカス
ミソッカス
響心SoundsorChestrA
響心SoundsorChestrA
go to live report 150715 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 150720

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com