大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2015/8/20(THU)    
『がらくたロボット
CD発売記念GIG 大阪!』
がらくたロボット/THE GUAYS/
オオヌキシンゴ/B玉


オオヌキシンゴ live at Fandango 150820
オオヌキシンゴ
B玉 live at Fandango 150820
B玉


2012 年ヤマモトダイジロウを中心に結成。当時高校1年生ながらも 全てオリジナル曲でライブを精力的に行っていたため、数々の ティーンズフェス・イベントに出演 し話題を集めているがらくたロボットが 待望の新音源"太陽のベルを鳴らした男”をリリース! 全国ツアーの始まりの拠点として十三FANDANGOで レコハ ツイベントが行われました!

まずトップバッターとして登場したのは【オオヌキシンゴ】です! 「栃木県宇都宮のパンクロッカー、オオヌキシンゴ始めます!」と 威勢良く叫びをあげ、“ボーイズ・ビー”で宴の始まりを告げる! 元々 はヘラクレスOH-!NUKiとしてアップル斎藤と愉快なヘラクレスたちで ベースを担当していた彼ですが、現在はロックシンガーとして アコースティックギ ター片手に全国を駆け回っています! “夜の続き”“S O S”を弾き語りで演奏し、 「今からは最高のバックバンドと一緒に唄います!」とがらくたロボットを ステージに呼び込む!自身が敬愛するアーティストをモ チーフに作られた “PiSTOL”がのイントロが鳴り響く! アコースティックスタイルのいつもとは違う、爆音でかき鳴らされる自分の楽曲に 思わず「テン ション上がるぜー!」と本人から驚きの言葉も! 「オオヌキロボットまだまだ攻めます!」と叫び、 “恋とラモーンズ”“P.U.N.K FOREVER”と王道のロックナンバーを 豪華に3曲セッションし、魂のこもったライブで 最高のトップバッターを務めてくれました!

二番手は大阪が誇る若きパンクバンド【B玉】の登場です! ノイジーなバンドサウンドと雄叫びがフロアに注がれ、 「見たものをそのまま訴えるぞ!」と狂気じみた言葉とともに “文句”で灼熱の30分間が始まる! 感 情の赴くままに吐き出す初期衝動の香り。 「若い奴らが集まって、何か変えようぜっていう気持ち。最高です。」と ギラついた目から放たれたのは“平成ソフト コア大作戦”! 圧倒的な熱量と壁をぶち壊そうとするフルエナジーは痛快です! 4月に記念すべき1st album 『TRASH』をリリースし、躍進し続ける彼ら。 現在怒涛のリリースツアーも敢行中です! ファンダンゴでも10/10(土)にツアーセミファイナルイベン トを敢行! 浪速が誇るたこやきPUNKバンドを是非ご覧あれ!

イベントも折り返し。大阪から東京に拠点を移して驀進中の【THE GUAYS】の登場! Hard OnsのSit Beside YouをSEに使い、フロアの高揚感が高まる! THE GUAYSの名を知らしめた渾身のフルアルバム「砲撃」の代名詞 “It’s only Rock’n’Roll”で一気に畳み掛ける!止まらぬ勢いで疾走する様は まさに関西が誇る核弾頭!弾ける程の爆音でガレージパンクをかき鳴らし、 ショッ トガンの様に怒号として身体中を撃ち抜く! 気合いのみといったらそれまでだが、誇るべき想いを音に乗せ、 グローバルな活動で鍛え抜いたライブパフォーマン スに開いた口がふさがらない! まさにナマモノの衝動としか言いようがありません! 革ジャンに包まれた彼らの愛と憎しみと優しさは必見ですよ!

そして今宵のメインアクト!【がらくたロボット】が遂に登場!! 真っ赤に染まったステージに、自身が主宰を務めるREAL WORLD RECORDSの 1st CD"産叫 -ubugoe-" が鳴り響く! 「We Are GARAKUTA ROBOT!! but We Are Not Robot!!」と 操り人形を批判し自らの足で歩むことを決めた若き少年がノイズに包まれる! 新 音源《太陽のベルを鳴らした男』から“ジェティー”、1stの“リケルトン・ブック”、 “街”を間髪入れずにかき鳴らす!10代とは思えぬ堂々としたス テージに加え、 巧みな演奏力によって進化し続けるロックンロールナンバー!! 「全ての出来損ないのロボット達に放つぜ!」とファストなパンクナンバー、 “ディストーション”でフロアのテンションも急上昇! 合間に見せるあどけなさの残る笑顔と、心に訴えかける切ないポップスもあったりと 引き出しの多さは圧 巻でした!本編最後は“キングコング”で大合唱し、 鳴り止まぬアンコールに応えてバラードナンバー、 “月のありかを探しに行こう”で風格あるステージは幕 を下ろしました! 10代ながらもまだまだ進化し続ける彼ら。次世代シーンを背負うであろう 若きロッカーにこれからも是非大注目でお願い足ます!

(text:murakami/photograph:あき)

THE GUAYS live at Fandango 150820
THE GUAYS
がらくたロボット live at Fandango 150820
がらくたロボット
go to live report 150805 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report150821

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com