link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2015/10/4(SUN)   

『解放宣言 vol.25
~FANDANGO
28th ANNIVERSARY
EDITION~』
G-FREAK FACTORY/
LOSTAGE/MEANING

MEANING live at Fandango 151004
MEANING
MEANING live at Fandango 151004
MEANING
激しい熱量と圧倒的なライブパフォーマンスを持ったバンドが ジャンルの壁を越えて集う名物イベント、解放宣言! しかも今回は記念すべき28周年記念編という事で全国各地から とてつもないバンドが十三に集結!

身動きが難しくなるほどお客さんと熱気に満ちたフロア。 その中でトップバッターに登場したのは東京バビロンシティーの雄、 【MEANING】です! 叙 情的なピアノの旋律が美しいSEが流れ、「派手に行こうぜ!派手にやろうぜ! 俺たちがMEANINGだ!」とシャウトし、轟音のメタリックなサウンドが鳴り 響く中“Knock It Off”で灼熱のライブがスタート!一気に沸点まで 到達する躍動感溢れるステージングに目を奪われる中、2曲目の “What We Love, What We Hate”ではボーカルのHAYATOが 「もっとファンダンゴらしいカオスな光景見せてくれよ!」と スピーカーからダイブ!疾走感とトリプルギターを含ん だ 重厚感に富んだサウンドとメロディアスなナンバーは、 ハードコアやパンクの枠を越えた新境地に達する存在感でした! 「たった一回笑うために、どれだけ苦 労する事か。今この国が 大変な事になってしまってる事とか…。感じてってくれ!」と 拳を上げて放たれた“SMILE”!震災以前から世界各国の 不条理な現 状を訴え続け、チャリティーCDを製作し 行動する真のパンクマインドを持った彼らだからこそ 鳴らせる嘘偽りない言葉。短い時間ながらも、 確実にこの日集 まった勇姿達に自身の想いを 刻んだでしょう!

2番手に登場するのは奈良の【LOSTAGE】です! ざ わめきの中、静かなフレーズから徐々に熱を帯びて いき放たれた1曲目は“ひとり”!“真夜中を”と立て続けに演奏し、 3ピースとは思えない凄まじい音圧と その奥に明確に音像を 表す繊細なメロディーに釘付けになりました! 「奈良から来ました。えーと、、この3マン、、手強過ぎる 相手に挟まれてますが、僕らら しい感じでやりますので」と 普段と変わらない柔らかい表情で話し、名曲の“BLUE”を披露! 地元・奈良を拠点にライブ活動を展開し、ベースボーカルの 五味岳久は《THROAT RECORDS》構えレーベルオーナーとしても 発信基地を構える。そのセンスはライブスタイルにも柔軟に反映しており、 日本のオルタナティヴ・ロック代表 として世界に誇れるバンドです! 《生活》とゆうボーダーレスなラインナップを集める自主イベントも 今年は関東初開催と勢いに乗っている彼ら。また近い日に 十三のステージに立ってくれるのを楽しみにしてますよ!

そして今宵の濃厚なステージのトリを飾るのは【G-FREAK FACTORY】です! ゆっ たりとしたダブテンポの“jam”から“BREAK ADDICTION”と繋ぎ、 激流の如く音のダムが決壊する!「見ての通りのビジュアル系バンド、 G-FREAK FACTORYです!」とジョークをかましながら 「今日が解放宣言の中で一番ヤバかったって言わせようぜ! ファンダンゴの今までのライブの中で一番良かっ たって言わせようぜ!」と 威風堂々の出で立ち!そして、全員が挙げた両手が美しく鮮明に記憶に 残っている“日はまだ高く”で200人以上が一斉にジャン プ! 敬愛するレゲエ・サウンドとロックを融合した“ドレッド・ロック”とゆう 独自のジャンルを展開する群馬の獅子のステージは圧巻でした! 「有難う!今日 この場に集まってくれた音楽好きの馬鹿どもよ!」と 捧げられた“EVEN”では笑顔の涙が頬を流れました! 常識を根こそぎぶっ壊すレベル・ミュージックが 交差し、 まさにファンダンゴ史上の歴史に残る最高のライブでした!

MEANING LOSTAGE G-FREAK FACTORY

最高の音霊を有難う!!
(photograph:あき/text:murakami)
LOSTAGE live at Fandango 151004
LOSTAGE
LOSTAGE live at Fandango 151004
LOSTAGE
G-FREAK FACTORY live at Fandango 151004
G-FREAK FACTORY
G-FREAK FACTORY live at Fandango 151004
G-FREAK FACTORY

go to truchan's 1511 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  151015

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com