大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2015/12/23(WED)   
『ギャーギャーズ
「GGZ黄金時代」 ワンマン!!』
ギャーギャーズ




ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
2015 年も残り僅か。クリスマスの装飾に包まれた街・十三で、年末年始の ざわめきよりもバタバタと騒がしい宴が開催された。
そう!本日は念願のフルアルバムを今 年エキセントリックレコーズから 2枚同時リリースし、一躍全国にその名を轟かせた東大阪発の 野獣パンクバンド、ギャーギャーズのワンマンライブ!
入場の列は続々と伸び続け、開演前には先行特典のTシャツを 着た人たちが今か今かと登場を待ちわびる。

ステージに光が灯ったのも束の間、なぜかサプライズで神頼みレコードの やましょー(Vo.)が登場。「今日は普通にお客さんとして遊びに来ようと 予約してたのに、昨日の夜中に、“前説をしろ”と言われたので ここに立ってます!今、みんなよりもドキドキしていて、ギャーギャーズよりも 緊張してるのは、そう!僕 です!だから!一緒にこの場を 盛り上げるべく叫ぼうぜ!!!GGZ!GGZ!!GGZ!!!」 ギャーギャーズに絶大なインスピレーションを受け、バンドを続けている 彼らしいスタイルで、全力エールを送った。ただ、流した汗の分程は あまりウケてはいなかったのが厳しい現実だったw(猛爆)

そ して暗転したステージにアン・ルイスのグッド・バイ・ マイ・ラブがSEとして鳴り響く。静寂な空間を裂くような 爆音が鳴り響き、先述したフルアルバム《逆 襲》のシ ンガロングナンバー、“青い夏 ”“ケモノバケモノ”を披露! 甘酸っぱい思いと人間誰もが持つ皮肉を赤裸々に描き、混沌の中を 走り回るような疾走感に場内は包まれる!既存の楽曲が続くと 思いきや、新曲を3曲目に持ってくるあたりもギャーギャーズの 良い意味での皮肉さが溢れていた。『俺たちは!損してるような アンタらの為にライブしてます!僕らも変わらんから! 得しかしてないようなクソに中指を立てに、奴らに逆襲じゃ~!』と “逆襲”をドロップし、一気に場内の温度を上げていく!!

対 照的である初期衝動感の溢れるパンクナンバーと、サブカル要素溢れる 叙情的なセンチメンタルバラードを独自の詩世界で融合させる世界に魅了され、 心の奥に ある幼少時代の自分に問いかけられているようで 自然と涙が溢れてしまっていた。そんな思いに浸っていると、 ひるた(Vo.)が『今日のタイトルの黄金時 代って何かみんなわかりますか! 実は、何かカッコイイなって思いだけでこのタイトルつけたけど、 年に一回のこの日に来てくれた皆に何か黄金っぽいものを返したいって思って、 高級絵画持ってきました~!』とステージではなぜかメンバー4人が 自ら描いた絵の抽選会が行われ、しかもライブさながらの 盛り上げを見せていた。(笑)

『今 回で3回目やけど、僕がずっとここ(FANDANGO)で やっているのにはすごい意味があるんです。大阪には色んなライブハウスがあって、 呼んでくれる皆がおるから僕たちも色んなところでライブやれてます。 やけど!初めてここの店長の加藤さんに会った時に、そんじょそこらの チンチクリンの俺なんかに全力で 絡んでくれて、真剣に話してくれて、怒られて。 それに衝撃受けたから僕はここが一番カッコ良い場所って思います! 集まってくれて有難うなみんな!』と嬉し そうに話し、“雪の人”を演奏。 尖っていながらも人のあたたかみを望む、 ギャーギャーズの天邪鬼な部分が見え隠れしていた。

そ して後半は“デスビーム”や“空き家”などファストダンスナンバーを 間髪入れずに繰り出していく!アップテンポな空間は更に加速し! 本編最後では、九州ツ アーの時にワクワク(Gu)のサポートとして 一緒にツアーを廻ったナオ(ex.現象-GENSHOU-/Gu)をステージに上げ、 この日誕生日だった彼女 にバースデーソングを歌い、何とプレゼントとして 持っているギターを託した!5人編成のスペシャルギャーギャーズ としてラストソング、“チャリンチャリ ン”を披露!
これから先見ることの出来ない奇跡の瞬間にフロアの熱気は爆発! ぴっさん(Dr.)恒例の飛行機スタイルのダイブも 過去最高滞空記録をマークし、本編終了。 だが、汗とお酒を浴びまくったフロアからは獣の遠吠えの様なアンコールが 鳴り止まない!舞台袖に捌ける間も無く、またスペシャルギャーギャーズは 笑顔でス テージに戻り“文福茶釜”で沸点突破!盛大な拍手に包まれた中、 『本当のラストナンバーです』と告げられて披露したダブルアンコールの “ジェイソン”は、 全ての感情を超越し、ひるた(Vo.)の優しくなった 表情が実に印象的で、これからの躍進劇を約束する様な存在感に包まれていた。

3年連続開催となった今回のギャーギャーズワンマン。
常に面白さへの探求心を持ったバンドの刺激的な夜に立ち会えて、 僕たちも火を点けられました。また来年も同じ日にこの場所で、 今日以上の夜を迎えれるよう、突き進みましょう。
(photo:あき/text:murakami)
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
go to live report 151221 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 151224

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com