link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2016/2/6(SAT)   

『KiNGONS presents
"W-CUP vol.4"
~KiNGONS vs KING BROTHERS~』
KiNGONS/ KING BROTHERS


KING BROTHERS live at Fandango 160209
KING BROTHERS
KING BROTHERS live at Fandango 160209
KING BROTHERS
今年の冬も寒かったですね~、、、毎日布団から抜け出せない日が 続き寒い冬はもう御免だ。と思っていたときに 十三ファンダンゴでは寒さをぶっ飛ばす KiNGONS vs KING BROTHERS の熱すぎるバトルが 繰り広げられました!!!

ファンダンゴがOPENし、この戦いを目に焼き付けてやる!というボルテージの 高いお客さんもたくさん集まり、お酒を片手にその瞬間を待ちわびる ファンダンゴの熱気はむんむんむんむんしてました!

そしてKING BROTHERSのSEが爆音で鳴り響く! メンバーが順にステージに登場し、ケイゾウ(Gt.Vo)が「十三!ワールドカップ!KiNGONS! ロックの準備はいいですかー!!死ぬほど暴れまくって暴れまくっていきましょう!!!!」と 声を張り上げるとオーディエンスもその音に負けないくらいの声を張り上げ KING BROTHERSの音がファンダンゴに鳴り響いた。ケイゾウとマーヤ(Gt.Vo)の アンプに乗り背を向ける画はいつみても本当にかっこいい画だ。
1曲目は“マッハクラブ” こちらが頭がどうにかなりそうなくらいのど迫力。 曲途中マーヤが「退場ギリギリのレッドカードギリギリのライブを見せてあげましょうか」と叫ぶと、 1曲目序盤にして早くもフロアに移動!ケイゾウが「宇都宮から挑戦状が届いたーお前らと俺らに 挑戦状が宇都宮から届いたぞー!!」という声でまた曲がスタート。

360度お客さんに囲まれてのライブ、マーヤは既にオーディエンスの上に。 2曲目“☆☆☆☆”で既にオーディエンスの熱気は最高潮に!!キンブラの色に 完全に染まったファンダンゴは誰も止められないキンブラの勢いに引き込まれていく状態! 気持ちが良すぎるほど音の厚みと歪みとドラムの突き抜けるようなリズムと マーヤのシャウトが本当に聴いてて気持ちがいい。 この音を聴いて身体が動かない人はいない!

ライブは終盤に差し掛かるが、オーディエンスの熱もキンブラの勢いも 止まるところを知らないようにどんどん上昇していく。最後を飾る曲は“ルル” 途中マーヤがオーディエンスにマイクを渡す、というか 無理矢理口にマイクを押し付ける!(笑) マイクを口にあてられ動揺すると思いきや叫びまくる! まあでもそうですね、キンブラを見たら男も女も全員そうなりますね。 マーヤが「この戦い、最後までどうなるか分からない、 次のKiNGONSでも最高のサポーター達頼むよ!」と ダイブし西宮と叫ぶと思い残す事はほぼないと言い、 ファンダンゴの熱気をそのまま絶好調にした状態で KING BROTHERSは全てを出し尽くしライブ終了。

そして次に登場するのが挑戦状を叩き出したKiNGONS!! SEが流れメンバーも興奮した状態で登場! オーディエンスもグッとステージに近づきます! そのまま1曲目“Aトレイン” 会場の色を一気に変えて行くKiNGONSさすがです。 勢いがとてつもなく強く、それでも必死に喰らいついてくオーディエンス!! 一体感がありすぎる!そしてみんな物凄く楽しそう! 一気に色を変えたKiNGONSは勢いを止める事なく“P.O.P” “she's the mods” “I Don't Wanna Stop My Music”を畳みかける! 途中MCでBB(Gt.Vo)がKING BROTHERSに対する気持ちを語り、 そのまま“この声を”に繋がる。 “COME TO RISE”の途中Kj(Gt.)が「俺らは宇都宮、KING BROTHERSは西宮! 西宮のバンドが素晴らしいってことはよーく分かりました! ただね、宇都宮のバンドもね捨てたもんじゃないとこをね、見せてやりますよ!!!」と 叫ぶとそのままフロアにギターを持ったまま滑り込む! そのままライブは終盤に差し掛かる!

完璧に作り上げられたステージング、美しく、すこし泥臭さもあり、 勢いもある、見ていて圧倒されるライブだ。そして何より楽しい! POPな曲調が多く、聴いていてハッピーになる。 キラキラするステージがとても似合う。 勢いを止めないままライブは終盤に差し掛かり、メンバーもオーディエンスも絶頂! ラスト“FAST FAST FAST”ではBB, Kj, NAKATA(Ba.)がフロアに 降りギターを投げたりアンプを倒したり大暴れ!

曲が終わるとBBが「今日は本当にKING BROTHERSという 日本で数少ない最高のバンド、俺が初めて見たブラックリスト18歳! THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、甲本ヒロトさん、そういう人たちの中に とんでもなくトゲのあるバンド、KING BROTHERSが本当にカッコいいと思いました。 それから時をえて今日できたこと本当に心から嬉しく思います。本当にありがとう! だからもうなんでもいい1、2、3ファイヤーをみんなでやって今日終わりにしたい!」 というBBさんの言葉で最後はみんなでファイヤーと叫んで(笑)
フィナーレを迎えてライブは終了! KiNGONSのライブは、映画を見ているような気分になったりもする。 本当に見ていて飽きないバンドだなあとつくづく思った。 今日は本当にKING BROTHERSもKiNGONS 両バンドともいいライブを見させてもらって熱くなりすぎた!

まだまだ寒い日は続きますが、みなさんもぜひライブハウスに 足を運んで暑い熱い気分になってください! 寒さ、吹っ飛びますよー!!

(photograph:KING BROTHERS~tommy,KiNGONS~Joe,/text:fujimu)
KiNGONS live at Fandango 160209
KiNGONS
KiNGONS live at Fandango 160209
KiNGONS

go to truchan's 1603 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  160215

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com