link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2016/4/3(SUN)   

『石崎ひゅーい
「コッパミジン vol.4」』
石崎ひゅーい


石崎ひゅーい live at Fandango 160403
石崎ひゅーい
石崎ひゅーい live at Fandango 160403
石崎ひゅーい


SE が流れ大きな歓声と共に登場、一曲目は「3329人」。 フロアに身を乗り出して全身全霊で歌い会場の熱気は一気に上がります! そしてそのまま二曲目の「僕 だけの楽園」に。サビの「イェーイ」という叫びに 観客もピースサインで応える。それに笑顔を見せとてもピースフルな 雰囲気が会場を包みます。「ありがとう 大阪!」と一言笑顔で言い 『ファンタジックレディオ』へ。甘い声と温かいサウンドと甘酸っぱい歌詞、 サビは観客と一緒に熱唱。初っ端から盛り上がりを見せる。 そしてライブも中盤に差し掛かります!『メーデーメーデー』では曲入りに 「たこやき♪お好み焼き♪」と大阪にちなんだ遊び心ある歌詞を混ぜて バンドメンバーを見て笑う様子が微笑ましい。 サビでは観客の息の合ったシンガロングが素晴らしかったです。 「シーベルト」はハープの温かい音から始まり爆発するような展開を見せる一曲。 大サビはマイクを使わず生声で歌いあげる姿に圧巻! そしてライブも後半へ。「ピーナッツバター」ではフロアから 拳が上がり会場では熱気が溢れる。そして「星をつかまえて」と キラーチューン連発で畳み掛けるよ うに勢いを増していきます! MCでは「風邪ひいちゃうからTシャツを…」と言ってステージ上で びしょびしょのシャツから着替える場面にフロアから 「ヒュゥ〜」と黄色い煽りが(笑)そんなお茶目な場面も見せつつ 最後の曲「夜間飛行」へ。 繊細な歌詞とサビのキャッチーなメロディが印象的な一曲。
最後まで高揚感全開でまさに「ヤバイ」の一言に尽きます! バンドも観客も最初から最後までぶっちぎりのテンションで、 石崎ひゅーいのハンパないパワーを感じた1日でした!

(photograph:あき/text:maco)
石崎ひゅーい live at Fandango 160403
石崎ひゅーい
石崎ひゅーい live at Fandango 160403
石崎ひゅーい

go to truchan's 1605 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  160409

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com