link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2016/4/9(SAT)   

『騒音寺 VS ザ・たこさん 2016!!!』
騒音寺/ザ・たこさん


騒音寺 live at Fandango 160409
騒音寺
騒音寺 live at Fandango 160409
騒音寺


長きに渡りR&Rブルースを奏でる男達、騒音寺とザ・たこさんの盟友対決が実現! 満開の桜が舞い散る中、十三にて決戦開始!

まず先行を務めるのは、古都・京都の艶やかなR&R集団【騒音寺】です! “ロック・ザ・ダイナマイト”のイントロをバンドチームが 奏で始め、初っ端からセクシーな出で立ちで現れたVo.ナベ! 「久しぶりだな十三!花見の季節なのにこんなむさ苦しい場所に 集まってくれて有難う・・・・・!愛してるぜ。」と囁き、 “マネー・タウン・トニー”で粘度の高い歌唱力を披露!Gu.タムの 爽快なギターリフも交えつつ、「男の元気が足り ない!注入してやるぜ!」と 焚付けて“JACK&DICK”へと繋げる!ビートの高いサウンドに包まれ、 フロアの温度も急上昇!「俺はたこさん大 好きで、少し前に安藤さん(Vo.)が めちゃくちゃ痩せていて、少しがっかりしたんだけど、今日見たらしっかり リバウンドしていて安心しました!」と冗談 を交えつつ盟友への愛を 語ってくれた。軽やかなカントリナンバーが印象的な“東京ドール”、 そしてコンピレーションから“届け、君の街へ”、そして 「ザ・ たこさんが大好きな君たちを踊りに踊らせます!」と言い放ち “大阪ジョンガラ考”と名曲のオンパレード!Ba.コーヘイとGu.タムの リフバトルに加え、 Dr.絢太のドラムビートが響き渡り、フロアが 湧きたっていく!Ba.コーヘイがボーカルを務める“ハロー、エレキデビル”や “カモナマイハウス”など、 レアなナンバーを披露してくれたのも2マンの醍醐味! 「ウーイェイ!」とコール&レスポンスを煽り、「騒音寺も、ザ・たこさんも 一回聞いたら耳に 残るバンド名でしょ?ほんで、どっちも ぐちゃぐちゃなR&Rやってるでしょ。でも、良いバンドってそうなんだよ。 何にも縛られずに、やりたい事を 思いっきりやってるんですよ! だから、そんな2バンドを見に来たあんたらは正解だ!」という 言葉に盛大なクラップが巻き起こる!「ご唱和ください!」と煽り、 『絶対死なない!R&R!』とフロアが応え“Rock and roll (eill never die)”、そして「あなた達にもザ・たこさんにも、 ファンダンゴにも、そして騒音寺にも、良き一日が続きますように!」と 最後は“Happy Days”で笑顔で幕を閉じた。

熱気が冷め止まぬ中、「ザ・たこさんアワード!」の掛け声とともに グルービーなリズムがフロアに響く! 「あ~~~んどぅ!」と叫び、Vo.安藤をステージに呼び込む! ザ・たこさんのテーマ曲を早速ど頭に披露し、Vo.安藤がステージ前方で 目立とうとするも、Gu.山口とBa.オカウチ・ポテトに阻まれ、一向に 目立つ事ができない!(笑)こんな演劇ロックを観れるのもザ・たこさん特有! 曲間で板東英二のモノマネを挟ん だり、最前列のお客さんをいじったりと やりたい放題ながらも、毎回のパフォーマンス性が驚くほどに高く、 ついつい見入ってしまい、いつの間にかたこさん ワールドに のめり込んでいってしまうのだ!Vo.安藤「みなさん、背筋は曲がってませんか?」 Gu.山口『バックボーンズ!』Vo.安藤「肩は、あがりま すか?」 Gu.山口『ショルダーアップ!』となぜか英訳へのツッコミを 繰り広げるという訳の分からない展開に!(笑)しかも背骨はスパインです!(小声) 前方にいる外国人の方にも「お豆、ぽんぽんぽん。リピートアフターミー?」と マイクを向け、「セイ!お豆?」フロア『ぽんぽんぽん!』と笑が止まらない 奇跡も生まれる!そして長いショータイムも終盤に入り、「人生ワンダホー! ビューティホー!」とシンプルながらも力強いメッセージで場内を1つにする! 本編を終えるや否や、盛大なアンコールの掛け声と、楽屋に戻ろうとする Vo.安藤を出さないように円陣を組む光景が何とも笑顔に満ちていて、 笑いながらも、 すごく心が温かくなりました!最後は騒音寺の Vo.ナベ&Gu.タムを招き、レアなセッションを披露してくれる 豪華なアンコール!ユニークながらもグルーブに富んだ 最高のショータイムでした!

(photograph:あき/text:murakami)
ザ・たこさん live at Fandango 160409
ザ・たこさん
ザ・たこさん live at Fandango 160409
ザ・たこさん
ザ・たこさん live at Fandango 160409
ザ・たこさん&騒音寺

go to 160403 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  160415

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com