大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2015/5/16(SUN)   
『FANDANGO NIGHT
TOUR 2016 FINAL!!』
ギャーギャーズ/KiNGONS
/THEロック大臣ズ/バイセーシ




バイセーシ
バイセーシ
KiNGONS
KiNGONS
4月からスタートし岩手、仙台、東京、名古屋とこのメンバーで回ってきたファンダンゴナイトツアー! 今夜ファンダンゴでファイナルを迎えます!泣いても笑ってもラスト!ということでバンドの気合いが凄まじい、、 これはヤバイ一夜になる予感!
そんな1日のトップバッターを務めるのは、破天荒コミカルパンクバンド、バイセーシ!
「曲ーーー!!!!」の掛け声と共に突然スタート!初っ端から爆発的な盛り上がり! 二曲目の「たのむくれ」で早速ステージから姿を消すVo.病気マサノリ。 するとフロアの奥の方から回転式のテーブルを引っ張ってきてそのテーブルの上でくるくる回る!笑
] そこで奇妙なダンスをしながらフロアに降りてはステージに戻り全く何をやらかすか 予測できないバイセーシには冷や冷やです!笑 「小惑星」「ケツ」とキラーチューンを連発、 その中で病気さんワールドが全開!会場は熱気とカオスで包まれています(笑)
10曲ぶっ通しで歌うバイセーシの並外れたエネルギーはさすがです!

そしてお次はギャーギャーズ!「何があっても今日で終わりじゃー!ファンダンゴナイトツアーやるぞー!!」の 一言で始まったのは「チャリンチャリン」。一曲目からハイテンションでステージもフロアも ぐっちゃぐちゃにかき回すギャーギャーズ!夏祭りを連想させるギターリフに自由に踊るお客さんを 見ていてとても楽しくなります!MCでは何度も「今日しかないからな!」と繰り返しツアーファイナルを 噛みしめていました。そして「南風」ではVo蛭田さんが「バイセーシとギャーギャーズもトリのライブしてるからな! 朝4時まで誰が(今日のライブの)トリ行くかって話してたけどそんなんどうでもええわ!みんなトリじゃ!」の 一言にフロアから「ウォオ~!!」との歓声が!ハンパない熱量で最後までお祭り騒ぎの ギャーギャーズ、まさに"トリ"のライブでした!

しかしまだまだライブは続きます!お次は栃木から参戦KiNGONS!SEと共に勢いよく登場、 いきなりクラッカーを鳴らしまくり会場が一気にKiNGONSワールドに染まります! 一曲目の「P.O.P」から爆発したようなハイテンションで吐き散らかすパンクロックは圧巻です! 「今日が最高じゃないと何も始まらないからみんなよろしく!」とBeeBeeさんが言いフロアから 歓声が上がる!そして「シークレットシューズ」へ。ギターレスだがしっかりメロディがあって ハッピーでポップでありながら少し切ない曲、そんな中kjさんの尋常じゃない暴れっぷりが とても印象的でした(笑)MCではBeeBeeさんが「憧れのライブハウスのツアーに 参加できて胸がいっぱいで、ファイナルを迎えたくないという思いで今日来ました!」と このツアーに対する熱い思いを語りました。そして「カムトゥライズ」では楽器を投げたりする 暴れっぷりに飛び跳ねては踊ってそれに喰らいつくように踊るお客さん。 kjさんの「Are you ready!」の掛け声と共にフロアでは拳が上がり大盛り上がりです! そして「POP OF THE WORLD」「FAST FAST FAST」とステージも フロアもぐっちゃぐちゃにかき乱しどんちゃん騒ぎで終わりました!

そして今回のツアーファイナルのトリを務めるのはTHE ロック大臣ズ!
盛大なSEが鳴り勢いよく登場!Ba.がつおが「ウォォー!!!」と叫びフロアでは拳が上がる! そして一曲目「こんばんわTHEロック大臣ズです」で階段から走ってボーカル登場! 今までの空気を一転する青い衝動がビリビリ鳴り響く。
Voたなかけんすけが「このツアーで再確認したことがあって、FANDANGOに来てる お客さんが1番子供みたいな目してるね!」と言い始まったのは「KIDS ONLY」フレッシュ 爽やかさの中に熱苦しい真っ直ぐなパンクロックあり、その真っ直ぐさフロアでは拳が上がります! それから1番新しい曲「刹那」。等身大の繊細な歌詞に胸がいっぱいになる、 ギターのメロディがとても綺麗で淡い青春を感じました! MCでは「ギャーギャーズの蛭田さんがボソッと『こんな毎日が続いたらええなぁ』って 言ってるのを寝たふりしながら聞きました。その後にピッサンが『それで月27万貰えたらええなぁ』って 言ってて、俺はそこまでは思わないけどこんな毎日が続いたらいいなと本当に思いました! ファンダンゴナイトツアーとっても楽しかったです、どうもありがとう。」と言い今日が 終わってほしくない気持ちとピッサンの金銭欲を明かしていました!笑
そしてラストの「ロックンロールよ、永遠なれ!」では フロアでは大合唱、大盛り上がりで本編は終了! アンコールでは「バンドが街にやってくる」と「友達でいようね」と2曲披露! 凄まじい勢いで疾走するTHEロック大臣ズにお客さんもついていくような 熱いライブで大盛況のままライブを終えました! ライブ後もフロアでは歓声が上がっていました!

今回のファンダンゴナイトツアーファイナルは全バンドがファンダンゴに対するそれぞれの 熱い思いを持っていて、それをぶつけ合うようなバチバチのライブでした。 その中に愛や人間性などが溢れていて非常に温かく、熱い熱い1日となりました!
今を爆進していくこの4バンドをみなさん見逃さないように!今後とも要チェックです!!

(photo:あき/text:maco)
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
THEロック大臣ズ
THEロック大臣ズ
go to live report 160515 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1606

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com