link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2016/6/12(SUN)   

『マイナーリーグ
20周年スペシャルライブ!!』
MINOR LEAGUE/
バミューダ★バガボンド/
レッドマンモス/BOUND
落語:焼酎亭呑兵衛


BOUND live at Fandango 160504
BOUND
バミューダ★バガボンド live at Fandango 160504
バミューダ★バガボンド


速射砲の如く繰り出されるビートと相まり聴こえるツインボーカルにより、 新たなハードコア・サウンドを展開しているMINOR LEAGUEが、 何と今年で結成20周年!全国各地で記念イベントを敢行し、 十三では同世代の盟友達をゲストに迎え灼熱の夜を彩った。

まずトップバッターに登場するのは、関西ハードコアの重鎮【BOUND】です! スタート早々機材トラブルに見舞われ、ベースの音が出なくなるにも関わらず 落ち着いた表情で「BOUND始めます」と言い「前来て騒げこらー!!」と 一転して怒り狂った表情で爆音を鳴り響かせる。重厚な音が鳴り響き、 3ピースバンドとは思えない音圧がフロアを交差する!MCでも 「僕たちも20年近くバンドをやっていて、今日のセトリは12曲。 全部1分以内です。笑」とぶれないマインドを笑いながら語り、 アッパーなショートチューン12曲をノンストップで かき鳴らせて圧巻のトップバッターを務めた。

舞台が暗転する中、屈強な男達がステージに続々と上がる。 そして、ルイ・アームストロングの名曲“この素晴らしき世界”が 登場曲として響き渡り、 2番手の【バミューダ★バガボンド】が登場! SEに被さるようにツインドラムのビートが鳴り響き“誰が為に斬る月夜”を ファーストドロップ!凶悪なアンサンブルが耳を刺激する! ツインギター・ツインドラム&ベースから鳴らされる轟音と和の要素を ふんだんに盛り込んだメタリックハードコアサウンドが音の威力を増大させ、 更に独特な詩世界をツインボーカルで放つ様はラウドの枠をゆうに 超えた無限世界!途中、感極まったMINOR LEAGUEのボーカル・ 大工原亨がステージに上がり、熱いリリックを披露。 東のマイナー、西のバミューダと称されるだけあり、 愛の満ちた30分間でステージをサウナにしてくれました!

3番手は【レッドマンモス】!イベントも終盤戦に突入です! 最初にギターボーカルの稲中がステージに上がり、静かにギターを 持ってアルペジオをつまびき、“光の目 闇の足”のイントロを歌う。 メンバーがステージに上がり「クソが!クソが!と思ってる日常、 吹き飛ばせや!!」ともう一度焚き付け、荒々しくも美しいメロディーを 響かせる!不格好でも不器用でも、素直な思いを全力で届ける レッドマンモスのステージにどんどん引き込まれ、折り返そう という頃には無数の拳が天井に向けて突き上げられていた。 威風堂々としたステージに何とマイナーリーグにバトンタッチする 前にアンコールが起きるマジックまで!笑 最初は拒んでいた レッドマンモスだったが、「これで終わりやぞー!」と結成当初のナンバー “この想い届くまで”を披露し、大阪代表として最高のバトンをマイナーリーグに繋いだ。

レッドマンモスの楽曲をSEに使用し会場のテンションが最高潮に包まれる中、 真っ暗な衣装に包まれた【MINOR LEAGUE】がステージに立つ! 「俺らで最後だから。思いっきり暴れて帰ってください!」と叫び、 バミューダ★バガボンドとのスプリットに収録されている“高見”から 記念すべき宴がスタート!立つ続けに“ネット de デート”・ “マルナシ”と演奏し、猛り狂うフィストコア・サウンドを展開! 一昨年前頃からイベント企画にも力を入れ、ライブハウスシーンに 想いが強い、ボーカル・匠から「20年経って、人生色んな事があるのに こうやってパンパンにフロアがうまって、同世代が腐ってない姿を見ると 本当に嬉しいです!」と目を潤わせながら、この日に対する想い、 エッグプラントから出会い集めってきた同志に熱い気持ちをステージから届けた。 甘酸っぱい想いがつまりながらも、MINOR LEAGUEの音の攻め方は劣ることなく、 むしろ加速度を増していく!単調なグラインド・ビートではなく緊迫感が 迫るリズムとアンサンブル、矢継ぎ早に襲ってくるツインボーカルの応酬は バンドのカテゴライズも超えた一級品!ゆるむ事なく駆け抜けたステージは まさに世界レベルのラウドミュージックだと確信しました! 25年、そして30年と、更に伝説となる1日を魅せてくれる事に期待です!

(photograph:あき/text:murakami)
レッドマンモス live at Fandango 160504
レッドマンモス
MINOR LEAGUE live at Fandango 160504
MINOR LEAGUE
焼酎亭呑兵衛 live at Fandango 160612
落語:焼酎亭呑兵衛

go to 160605 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  160618

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com