link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2016/10/16(SUN)   

『FANDANGO
29th ANNIVERSARY PARTY!!!』
イヌガヨ/ クリトリック・リス/
FIVE NO RISK/ UNDERHAIRZ/
DRUN'C'ROVERS/
CAMDEN YELLOW MARKETS/
MC:がつお(THEロック大臣ズ)


イヌガヨ live at Fandango 161016
イヌガヨ
UNDERHAIRZ live at Fandango 161016
UNDERHAIRZ
DRUN'C'ROVERS live at Fandango 161016
DRUN'C'ROVERS


とうとうこの日がやってきました!! 年に一度のFANDANGOアニバーサリーパーティ! 皆様のおかげで今年で29周年を迎えることができました! 大感謝祭にちなんで入場無料!!「このメンツで!?」と言いたくなるようなバンドを迎えて宴の始まりです! まずトップバッターを務めるのはCAMDEN YELLOW MARKETS。シンセサイザーやキーボードの電子音と 男女のツインボーカルが印象的でこの独特な世界観に酔いしれます。80年代のダンスミュージックを 彷彿とさせる、しかし古くないサウンド。鮮やかな照明がさらにムードを引きたて 初っ端からフロアを虜にさせました!

そして二番手に登場したのはイヌガヨ! 寅さんのテーマをSEにメンバーが登場、ボーカルがギターを鳴らしMCを始める。 「地獄の蓋が半開きみたいですね、それは俺たちがやるしかない!僕たちイヌガヨ、どうぞよろしく」 言い放ち歓声が上がりお客さんが拳を掲げる!缶ビールをフロアにブチまけるボーカル、 これぞ地獄の蓋が開いた瞬間ですね(笑)そんなことお構い無しに男臭いロックンロールは続きます。 「脱出」「もう地獄に墜ちたっていいや」を披露し会場のボルテージが上昇! 溢れ出る高揚感がひしひしと伝わってきました!

そして三番手に登場したのは大阪イチの清純派(?)アイドルUNDERHAIRZ! 青いつなぎを着た3人が登場!DJとラップ2人の編成、グループ名といい下ネタラップといい ゲスさ満点の清純派アイドルがやってきましたよ!最初は驚いていたお客さんも 後半にはノリノリに、気づけばフロアから歓声が上がっていました! この全力の振り切ったテンションが素敵ですね!笑 一瞬で会場をカオスにし虜にさせたUNDERHAIRZ、スゴイの一言です!!

そして四番手は大阪の酔いどれバンドDRUN'C'ROVERS!ビール片手に登場するメンバー、 最前列のお客さんと乾杯を交わしフロアにビールをブチまける!そして一曲目を披露、 某テーマパークのカ◯ブの海賊を彷彿とさせるのは私だけでしょうか?まさに“宴”! お酒でビショビショのフロアも良い感じになってきた頃、ステージにはメンバー6人分の テキーラが現れたり…普通では中々見れない光景ですね(笑) 最高のノリと熱気で大盛り上がりでした!

そしてパーティーも後半に差し掛かってきた頃、下ネタのナポレオン、クリトリック・リスが登場! 黒いマントに身を包みステージに現れガスバーナー?で火を吹くスギムさん、見ていてヒヤヒヤ…笑 「俺と~お前と~」でお馴染みの酒相撲から始まります。ステージに上がってきたマコトと 名乗るお客さんがスギムさんと酒相撲対決。スギムさんに飲まされまくりながらも挑み続ける マコトに会場からは拍手喝采、最高にロックでした!笑 そしてパンツ型のテルミンを操り始まったのは「柳瀬次長」。「うぉ~オッオイ!」に合わせて拳が上がる。 ステージとフロアの一体感がとても素晴らしかったです!

そしてラストに登場したのは大阪のハードコアバンドFIVE NO RISK! 「振り子」から始まり爆音が会場に響き渡る、すでに上がりきった会場のボルテージを さらに上げていくFIVE NO RISK。一曲目から圧巻の熱量に地獄絵図のごとく泥々に なっていくフロア。圧巻のステージに目が離せません。ハードコアだけでなく パンクやレゲエの要素があり、さらに叙情的な歌詞に思わず涙が込み上げてきます。 「夜の背骨」からの「TONIGHT」の流れかなりグッときました! そしてアンコールも披露しライブが終了しても鳴りやまない拍手。そしてダブルアンコールにも応えてくれました! ラストは「Mr.naturally」でお祭りどんちゃん騒ぎ!ステージもフロアもぐちゃぐちゃに掻き乱して大盛り上がりとなりました!

沢山のお客さんにご来場いただき素晴らしい29周年を迎えることができました! 遊びに来てくださった皆様ありがとうございました!最高なライブを肴に呑んだくれる 1日がたまにはあっても良いと思います!今夜が皆様にとってそんな1日になっていれば とても嬉しいです!これからもディープタウン十三からオモロイことを たくさん発信していきます!! 30.40.50…周年と止まらず突っ走って行きますので皆様今後とも宜しくお願い致します!!



(photograph:あき/text:maco)
クリトリック・リス live at Fandango 161016
クリトリック・リス
FIVE NO RISK live at Fandango 161016
FIVE NO RISK

go to 161006 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report  161022

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com