link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2016/12/23(FRI)   

『ギャーギャーズ・ ワンマンライブ
「アホの万博」』
ギャーギャーズ


ギャーギャーズ live at Fandango 161223
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ live at Fandango 161223
ギャーギャーズ


大阪を拠点に全国各地でライブを行い、ロックンロールやパンクに留まらずお祭りのような ユニークさでファンを魅了してきたギャーギャーズが1年ぶりにファンダンゴでワンマンを開催! リハーサルの段階から和気藹々としながらも緊張がどこからか伝わってくる。

オープンし入場列が店の外まで伸びている。もちろんだが今日来るお客さんはギャーギャーズだけを見に来たのである。 そしてSEが流れメンバー登場?かと思えばステージに登場したのは今回のOAを急遽務めることになった暗闇ひとりぼっち! 上半身裸にプロペラ帽を被り「ギャーギャーズ!ギャーギャーズ!」とフロアを煽る。そこで「こんにちは~こんにちは~♪」と 「アホの万博」というテーマ通り万博のテーマ曲が流れメンバーがようやく登場!そんな和やかな空気が ボーカルの「やるぞー!」の一言で一変。爆音が鳴りそのきっかけで会場のボルテージが急上昇する。 一曲目はアッパーなお祭りナンバー「カッチュー」。イントロからオイ!オイ!と拳があがる。 そして「チルアウト」「プーアル」と序盤からゴリゴリのギャーギャーズ臭全開で盛り上げていく。 一曲の中でも展開が多く一度聞いたら頭から離れない中毒性のあるメロディこそギャーギャーズの音楽。 その後も「バケモノ」「ドロドロ」「ノコギリ」とユニーク且つキャッチーな中毒曲を連続で披露。 Baゲッテの指揮によりフロアから「オイ!オイ!」と拳が挙がりその合図で青春パンクナンバー「チャリン」が始まる。 イントロからブチ上がるような盛り上がりを見せる。メンバーがハンドマイク姿でフロアに身を乗り出して 歌いステージもフロアもぐちゃぐちゃに。「印刷会社で働きながら作った曲やります!11年ぶりの!」と Voひるたが言い「銀色」が始まる。さっきまでの泥臭い空気とは一変しロマンチックで甘酸っぱいバラード。 そんな温かさに涙が溢れてしまう。まるで野獣のような迫力で駆け抜けるゴリゴリのパンク、 ロックンロールナンバーと甘酸っぱいセンチメンタルなバラードを組み合わせその世界観にどんどん引き込まれていく。 「今から新曲やるから!知らん曲でもお前ら行けるやろ!」とフロアを煽り新曲を2曲続けて披露、 来年で10周年のギャーギャーズであるが最新の姿を見せつける貪欲さも1つの魅力だろう。そして再度Baゲッテが指揮を取り 「チョップチョップ!」とサビの振り付けをお客さんに指導。新曲とは思えないくらいステージとフロアが 息のあったチョップコールが響く。お客さんのノリの良さにも圧倒される! 「高級絵画持ってきたったから抽選すっかー!」と毎年の目玉(?)となりつつある絵画プレゼントコーナー! メンバー四人が独自のセンスで奇才を放った絵を描きそれを抽選でお客さんにプレゼントをするものである。 額縁に入っているせいかそれっぽい絵にも見えるような見えないような(笑) こちらも良い感じに盛り上がっていました(笑) そんなユニークなコーナーを挟みライブも後半戦へ。

「夕焼け」「あの世」としっとり温かい曲を立て続けに披露。Voひるたが「ええ曲やろー!!」と叫んでいて、 ミュージシャンとして頭り前かもしれないが自分の曲に自信を持っているのがわかる。 そんな曲にグッと感情移入してるリスナーも多いことであろう。少なくとも自分はその一人である。 その後も聞かせる曲でセンチメンタル感を増していく。 そしてライブも終盤に差し掛かる。初めは悪いことばっかしてた友達仲間だった四人、この四人でしかバンドをしたことがなく、 当初は適当にやっていたがだんだん歌いことができた。ワンマンをやってこんな人が集まってくれるのは ほんまに嬉しいことやと思うよとVo.ひるたが言う。「せいぜい楽しんでいけアホが!」と 照れ隠しに締めフロアから歓声か上がった。そして「デスビーム」「あきや」とキラーチューン連発で畳み掛ける。 「ラスト2曲やでー!!」と「潮騒ぎ」「南風」とシンガロングが会場に響きボルテージも最高潮、 歓声止まぬ中ピースフルな雰囲気で本編は終了。 アンコールに続きダブルアンコールまで披露する。最後は「ギャラクティカ」でフロアも 含めぐちゃぐちゃどんちゃん騒ぎに(笑)ギャーギャーズらしい終わり方で大歓声の中ライブは終了!! 四人の力がぎゅっと詰まっていて最高のライブだった。
来年は10周年ということで 何かしらやらかしてくれるに違いない。今後もギャーギャーズには目が離せません!!

(photograph:murakami/text:まこ)
ギャーギャーズ live at Fandango 161223
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ live at Fandango 161223
ギャーギャーズ

go to 161221 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to  161225

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com