大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2016/12/25(SUN)   
『クリトリック・リス
くりすますワンマン』
クリトリック・リス





クリトリック・リス
クリトリック・リス
クリトリック・リス
クリトリック・リス
みなさん、クリトリック・リスをご存知でこのライブレポを開いてくれましたか? それとも偶然ですか?どちらにせよこのライブレポを読み終わる頃にはあなたも クリトリック・リスのライブを見たくなることでしょう!

12月25日、世間的、世界的にはクリスマスというとても平和的でみんなが 笑顔になれる日であるが、この日の十三はクリトリック・リスが襲来することを 予感するかのように寒さが深まりいつにも増して静かな気がした。 そんな気持ちの中ファンダンゴの扉を開けると、嬉しそうにステージの装飾をする スギムさんが居てなんだか安心した。
先日、代官山UNITでもワンマンを開催したが、ステージからは緊張感が漂い、歌詞を間違えたり、 何とも言えない前半戦を繰り広げたが、そこから猛スピードでの巻き返しを見せ大成功した。 私も照明として同行したのだが、東京でのスギムさんのステージを見たことがなかったので、 お客さんの雰囲気といい新鮮であった。それを踏まえての今日という日をとても楽しみにしていた。

オープンと同時に沢山のお客さんが来て下った。東京よりも明らかに男性が多く、 会場は始まる前から熱気が凄かった。そしておなじみの食笑のマスターの熟練した 歌声が鳴り響き十三感が漂う。続いてスタッフのあいどんさんが例の髪型で登場し、 ハゲコールと共にクリトリック・リス、ワンマンがスタートした…!

そんな気迫迫る雰囲気をぶち破るSEの中、彼は登場し、まずは酒相撲のテーマから始まった。 シャンパンが回し飲みされカオスな空気しかしない。あえて一曲目から「RAIN」で スタートしたのに関係なく荒れ気味のお客さん、最高である。「秘密のパスワード」では ステージバックのLEDライトのカーテンが点灯し一気にクリスマス感が漂う。 クリスマスというワードが付く歌はたくさんあるが「くりしみくるしみクリスマス」は 本当のクリスマスの歌だと思う。最後はピンスポットを浴びた輝く頭頂部が沢山の お客さんの隙間から見えてすごく綺麗だった(笑)。
続く「はげしい光の中で」「トカゲ男の世話焼き女」では先日から取り入れたワイヤレスマイクを 利用し自由に動き回るスギムさん。私も「顔が好き~~!」と言われたい!
「柳瀬次長」ではコールアンドレスポンスで男性の声が響いていてやっぱりこんなクリスマス嫌だと思った。 最近俳優デビューもしたスギムさん、「シネマの光」では映画の撮影秘話なども交えていた。 「あの子の唄」と「私のベイビーちゃん」を死と生で繋げた。そしてMCではお客さんから野次が飛び交い、 「バーブラックナイト」ではカオスさが増していく。お馴染みの「マリちゃんと熊のアーノルド」では 安定感を見せていた。そして最近やり始めた謎のフリースタイルが始まった。 お客さんも呆気に取られていたがスギムさんは半笑いで即興で歌う。
なかなかこんなことを大事なワンマンでする人はいない。セキュリティのない俺のライブ、 もっとみんなで作っていこうとお客さんに訴えたがこれであの男が覚醒したのではないか。 そう、前半で何度か野次を飛ばしていた若者が、何故かステージに上がり酒を飲み、ビンタされていた。 どうなるのかと思ったが、そのまま「SWEATY」が始まるとお客さんは一気に元気になっていて、 めちゃくちゃ盛り上がった(笑)。急にお客さんからの野次も増え、
やっとみんなボルテージが上がってきたのか?!「ライス&ライス」ではお馴染みの コールアンドレスポンスも盛り上がり、ピコ太郎を取り入れると何故か批判されていて面白かった。 息を荒げながらクリトリック・リスを始めて10年経ち、メジャーと契約することになり、 これからの若手バンドの力になると思っています。と心境を語った。
「BUS−BUS」では今日1番の盛り上がりを見せた。「1989」では切なく哀愁漂う歌詞、 ダイナミックになる1989のフレーズ、まさにクライマックスにふさわしい楽曲である。 このまま終わるかと思いきや「青い空」が始まった。最後には真っ暗になり、 メリークリスマス!と一言残し去っていった。

アンコールは酒相撲のテーマから始まり「バンドマンの女」のトラックが流れた時、 この曲を聞かずには帰れないよなぁ〜とワクワクした。そしてよし!締めよう!と言い 「オアシス」が流れ、お客さんをステージに上げた!お前らバンドやれっ!!!と言うと お客さんはもう終わるというのに、今までどこに溜めていたのかというほどのエネルギッシュさを出してきた。 一旦BGMが流れるものの、アンコールに答えたスギムさんが選んだ曲は 「毒キノコ連ちゃん」だった。スギムさん、さすがだ!!
やはり地元大阪ということもあり、東京より賑やかに野次が飛び交い、 心なしかスギムさんも中盤からはリラックスしてやっていたように思う。 本人もMCで言っていたが、この歳になって年間に200本以上のライブを日々こなし、移動はほぼ夜行バス、 しかも決して1つ1つのライブは手を抜かず常にエンターテイメント性を忘れない。
秩序があるようでないような渾沌さに溢れたパフォーマンスを魅せてくれる彼に心から賞賛を送りたい。 最低なことからウルっとするような曲まで幅広く楽曲を作り続けるその貪欲さと全力さは尊敬に値する。 名前を耳にしたことはあるがなんだか怪しそう、変な人に絡まれないかと不安でまだ 彼のライブを見たことがない人は安心してほしい、クリトリック・リス自体は何も危険ではない。 彼のファンが泥酔し、そこに歯車の狂ったスギムさんが合わさった時にたまたま 「異常」が起こるのだ。あなたにほんの少しの勇気さえあれば日常を面白くできる場所を彼は与えてくれる。 彼のライブを見た後のお客さんは必ず清々しいほどに笑って帰っていく。 あなたも久しぶりに心から笑いませんか?!

これにてクリトリック・リスのクリスマスワンマンは幕を閉じたがこれは2017年に 持つ続く序章にしか過ぎない。
来る2月3日節分の日には再びファンダンゴにて リバーシブル吉岡、オッス!オラ和人!、KOMYという共演者と共に 栗貴族、4匹の鬼殺しが行われる。カオスな節分を共にやりませんか?? ぜひともお待ちしております!

(photo:murakami/text:tomoyo)
クリトリック・リス
クリトリック・リス
クリトリック・リス
クリトリック・リス
go to live report 161223 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1701

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com