大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2017/2/27(MON)   
『FANDANGO NIGHT TOUR 2017 FINAL!!』
ギャーギャーズ/KiNGONS/ THEロック大臣ズ/バイセーシ





THEロック大臣ズ
THEロック大臣ズ
バイセーシ
バイセーシ
今回で2回目の開催となるFANDANGO NIGHT TOUR!前回はギャーギャーズ、KiNGONS、 バイセーシ、THEロック大臣ズこの4バンドで東日本を周り、今回は西日本編!2月4日から 始まり宮崎、鹿児島、小倉、広島、岡山を周って今日ファンダンゴでついにファイナルを迎えます!! 長いツアーの中で男たちのドラマがあり、それぞれのバンドがパワーアップをして帰ってきました! 今回このファイナルのトップを飾るのはTHEロック大臣ズ!この3月で解散が決まっている彼ら。 SEが鳴りメンバーが登場、Vo.たなかけんすけが口を開く、「良い思い出だったねだけで 終わらせたくないです。思い出す事よりたくさんのやりたい事の話をしよう」その一言で ライブが始まった。一曲目はニューアルバムのリードトラック「SONG OF WONDER」。 この曲の歌詞が少し切なくてとても素敵なんです。 こんな曲を残して解散か~と思うととても寂しいです。 ロック大臣ズの音楽は青春のど真ん中のような初期衝動と4人の人柄が滲み出ていて 本当に優しくて真っ直ぐで強い!!お客さんが手を挙げたり歌っているのを見ると とても胸が熱くなりました! ライブの定番曲「ロックンロールよ、永遠なれ!」で「終わりはないぜロックンロール」と 歌っている彼ら、音楽には終わりはないようにロック大臣ズの曲もずっと鳴っていて欲しいです!! 3/26にファンダンゴでラストライブがあるので今回見れなかった方はマストカムです!!!

次に登場したのは【バイセーシ】。「キョクー!!」の一言で急に始まりました! 一曲目から激しくステージを駆け回るメンバー、フロアの熱量もスゴイです! ライブ中に刀を2本持ち出すボーカル、フロアのお客さんに1本渡し殺陣が始まったり予測不可能です(笑) 日本でサンバではメンバー全員フロアへ降りて三輪車やミニバイを乗り回すライブハウスらしからぬ光景が…(笑) そして「ロック大臣ズステージに来てください」と言ってカンペを渡しロック大臣ズがサンバを演奏! その後のMCでVo.病気マサノリが「僕は(このツアーを)修学旅行やと思ってるんです、 去年が一年で今年が二年。4クラスあって教頭先生が修学旅行行こうって言って。 何が言いたいかというと僕はそのうちの1クラスの3月の予定を変えたいんです。ロック大臣ズのこと。 なんか出来ひんかなと思って浮かんだ案を今からやります。」と言ってメンバーに カンペを配り大臣ズの「ロックンロールよ、永遠なれ!」を即興でカバー。 バイセーシの大臣ズに対する愛にグッときました。 そして最後は「水」でステージもフロアもかき乱して圧巻のライブは終わりました!

そして次はギャーギャーズ!スタッフ海彦さんがステージに上がりGGZコールを煽り アン・ルイスのグッドバイマイラブとともにメンバー登場! 全員が横に並んだ独特なスタイルのギャーギャーズ。「デスビーム」から 始まりお祭りのような空気が会場に広がります!新曲では「チョップ!チョップ!」と お客さんもチョップをしている姿がなんとも奇妙で楽しそう!ギャーギャーズは メンバーもお客さんも本当に自由に音楽を楽しんでいる感じがしてとてもハッピーになれます! Vo.蛭田は「修学旅行がずっと続いてます!ロック大臣ズなんで解散すんねんーふざけんな! ロック大臣ゼットでやれや!」とロック大臣ズに改名してまで 続けて欲しいと解散を惜しんだり、このツアーの思い入れを熱く語っていました! 優しいバラードからパンクナンバーまで、お祭りのような雰囲気が とてもクセになるライブは最後までどんちゃん騒ぎでした!

そしてファイナルのトリ!KiNGONSの登場です!既に熱気で溢れているフロア、 SEと共に歓声が上がります!勢いよくステージにやってきてチャンピオンベルトを 掲げ迫力のある爆音が鳴る!一曲目「A-Train」でフロントの3人がピョンピョン 飛び跳ねたり暴れっぷりが最高です!踊ったり跳ねたりフロアに飛び出したり破天荒な 4人組のパフォーマンスは本当に圧巻です!「この4バンドを信じてツアーを 回れて最高な日々を過ごさしてもらいました。ファンダンゴの冠を背負って どこのバンドよりも十三ファンダンゴ感を出していくんでよろしくお願いします!」と 強い意気込みを見せました。 その後も勢いは止まらずBa.Guそれぞれのボーカル曲があったり、本当に飽きさせない バンドです!ラストは「POP OF THE WORLD」でフロアはモッシュの嵐、 曲の後半になるとメンバーがフロアに飛び出る、ボーカルBeeBeeがギターを ステージに投げつけ最後まで破天荒なライブでした! そしてアンコールでは定番曲「WONDERFUL GIRL」でボルテージを最高潮のさらに 上にまで持っていき灼熱のライブは終わりました! そしてVo.BeeBeeがこのツアーの主謀者であるファンダンゴスタッフの村上を ステージに呼び3本勝負と題してKiNGONSとのバトルがスタート! 終わりが見えないグダグダな感じになっていましたが最後はフリースタイルで盛り上がりました(笑) ラストは4バンド全員がステージに上がり「ファンダンゴー!!!」とみんなで叫び、 修学旅行のようなツアーは終了!

最後の皆さんの無邪気な笑顔が本当に素敵でした!男たちの熱いドラマが 詰まったこのツアーのラストは笑いあり涙あり愛に溢れた最高のフィナーレとなりました! 各地遊びに来てくれた方々ありがとうございました!そして最高な景色を 見してくれたギャーギャーズ、KiNGONS、THEロック大臣ズ、バイセーシに最大の拍手を! ファンダンゴナイトツアー次回はあるのか!?乞うご期待!!

(photo:あき/text:maco)
ギャーギャーズ
ギャーギャーズ
KiNGONS
KiNGONS
go to live report 170225 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go  turutyan's fandango live report 1703

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com