link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2017/3/11(SAT)   

『SET YOU FREE
20th ANNIVERSARY~
「20TH×10TH」』
イヌガヨ/ギャーギャーズ
/人性補欠/THE抱きしめるズ


人性補欠 live at Fandango 170311
人性補欠
THE抱きしめるズ live at Fandango 170311
THE抱きしめるズ


甲子園とライブハウスに飽くなき探究心を燃やし、現役プロレスラーでもある千葉氏が 全国各地で手がける“SET YOU FREE”も発足から今年で20周年!そして アニバーサリーイベントがこの日よりスタートです!第一回目は、 今年結成10周年のバンドを集結させる「20TH×10TH」!

“SET YOU FREEのテーマ”が鳴り響きいた後、鹿児島中央高校の校歌“たいせつ”が 鳴り響き、人性補欠が登場!「SET YOU FREE、20周年おめでとう! そして、この3.11ていう節目に、大好きな場所であるファンダンゴで 歌える事を本当に幸せに思います!」と言い放ち、“口笛”で記念すべき宴の 火蓋を切って落とす!切なる願いを込めたバラードソングの後は、 「行くぞファンダンゴ!ついてこいよ!」と叫び“名前のない日々”、 “紫原夜明け前”、“気絶するほど抱きしめたい”と立て続けに持ち前の明るさを 全面に押し出したアッパーソングを披露!Vo.桑原田が「昨日29歳の誕生日を迎えました! 今なんかすごい楽しめていて、物凄く物事を一個一個噛み締めれていて、 10年間やってきたバンドの思い出は色々あるんですけど、 これから20周年、30周年、どんどんここにいる仲間達と、新しい思い出を 作っていきたいです。」と現在進行形の思いを語り、新しいバラードソング“我ら”を 響かせた。そしてシンガロングナンバー、“終わらない”、 “未来教室”でフロアを燃やし、最高のトップバッターを務めた。

二番手に登場したのは、東京のTHE抱きしめるズ! マーク・ボランの“20センチュリー・ボーイ”が鳴り響き、場内が湧く。 「セッチューフリー!ファンダンゴー!みなさんも!おめでとー!」と 叫び“僕のドラマに花束を”でスタート!持ち前のキャッチーなメロディーと 抜群のキャッチーなステージで一気にフロアを煌めかせる!“とりに願いを ”、“I wanna be your boy friend”と立て続けにポップナンバーをドロップ! 「僕たちも10周年、セッチュー20周年、ファンダンゴも30周年。 詰まる所、そんなのどうでも良くて、今生きてるみんながおめでとうって事なんだよ!」と 言い放ち“どろろ”、“ルミちゃんIN MY BLOOD”、そして、甘酸っぱい切なさと 前向きな感情を盛り込んだ大阪初披露となる新曲“モールスソング”を奏でた。 「10年やってたら色々あって、もちろん楽しい事いっぱいあるんだけど、 その分嫌になる様な事もあって、辞めよっかなあて考える事あるよねえっ 人性補欠の桑ちゃんに言ったら、辞めるって言ったら飛行機乗って鹿児島から ぶん殴りに行ってやる。て言われました。うん。10年、悪くないっす。」と 少し照れながらGu.大河が思いの丈を語り、「この先の未来に期待してます。 これからも、もっと、張り切ってスピード上げて生きていこうぜ!」と 焚き付け“スピードを上げて”“翔べ!十四歳”、 ラストに「爆発していけ!」と“東京震災”で文字通り、 フロアを揺らしてくれた!

三番手は東大阪の暴君、ギャーギャーズ! セッティングが終わり、SEが鳴るかと思いきや、Ba.ゲッテとGu.ワクワクが 静かにジャムセッションを開始!メンバーが叫びながら登場し、 「レッチリ風に開始や~!」とVo.蛭田が叫び“文福茶釜”でスタート!立て続けに“潮騒”! 「死の匂いのしないものだ嘘だ!」と感情をフロアにぶつける!Ba.ゲッテが 「セッチュー20周年、俺らと抱きしめるズと人性補欠、イヌガヨが10周年、 ほんでファンダンゴが30周年、全部で90周年ですー!」と迷子気味な発言で笑いを起こし、 「全員トリみたいなライブする、順番とか関係ないバンドが揃った最高な夜! お前ら当たり前やと思うなよ!」と更に焚きつける!“ギャラクティカファントムビーナス”では 「汚い男ども!服を脱げえ!」と非日常を存分に楽しませる!最後は“カッチュー少女”で 沸点を通り越し、荒くれ者が押し寄せるダンスフロアへと変貌! Dr.ぴっさんの華麗な飛行機スタイルのダイブも決まり、最後のバトンは汗だくで繋いだ。

そして本日のオオトリ!イヌガヨが登場! お馴染み、“男はつらいよ”のテーマソングで三人がステージに上がる。 「大阪府堺市北区からやって参りました。僕たちはイヌガヨ!」と静かに喋った矢先、 轟音がフロアに響く!“野獣、暁の荒野に死す”から始まり、“脱出”、“海亀と赤い惑星”と 立て続けに持ち前のアッパーなシンガロングナンバーをドロップ! 「音楽しか取り柄の無い野朗達がこんなに長いことやってきて、今も集まってるのがすごく嬉しいです!」と 感謝の意を込め、“ロードムービー2”、“朝焼けは燃えているのか”と情景深いミドルナンバーを響かせてくれた。 最後は“ロックンロール”、“生活”で大合唱を生んだ。アンコールは今日出演したバンドと SET YOU FREE千葉氏を呼び込み、全員で大合唱!余談だが、この日、 なんとイヌガヨは梅田AKASO(現TRAD)にてセカイイチ主催のイベントにも出演し、 ダブルイベントだったにも関わらず、灼熱の40分間を走り抜けた! 最高の宴を創ってくれたSET YOU FREEに感謝! まだまだ年末にかけてファンダンゴとSET YOU FREEの記念祭は催されるので、 是非知ってる人も知らない人も、 是非ライブハウスで起きる奇跡を体感しに遊びに来て下さいね!

(text:MURAKAMI/photograph:あき)
ギャーギャーズ live at Fandango 170311
ギャーギャーズ
イヌガヨ live at Fandango 170311
イヌガヨ

go to truchan's 1704 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 170316

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com