大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2001. 4. 25. (wed)   
《同棲時代 1》
ヤングブギーズ/怖/ラボ・リボルバー/SUN

 ヤングブギーズlive at Fandango  4.25.08
ヤングブギーズ
COA live at Fandango  4.25.01
COA
男女が入り交じったこの企画。その名も《同棲時代》第1回目の顔ぶれは、メチャ濃い1日となっていた。 キーボードが脱退し、新たに強いサウンドに生まれ変わった、ラボ・リボルバー改めサテンズ。 このバンドもドロドロした世界を持ち、またそれに、引き込まれる魅力もある。熱く、時には優しく 唄いかけるV.Oの岸本氏を筆頭にこのサテンズ、しかと注目すべきなんじゃない?そして、 ファンダンゴ2回目の登場SUN。インパクトは、かなり有り。全員ベルボで裸足。こんなにもお客さんを 威嚇するバンドは、あたしゃ初めてみたね。ドスのきいた声もイカしてる。もちろん音にもすごい こだわりみたいなのを持ってる気がするし、バンドのスタイルがとてもしっかりしてる人達だ。
つづいて久しぶりの登場、怖。相変わらずのおとなしい二人組。ベースとドラムとゆう最低限のバンドなのに 奏でる音は、コリャ〜カッコ良いのです。ベースは、ベンベン響きまくってるし、けっこうリズムも 前に見た時のと比べ変わってたし、さすがです。まさしく怖。本日のトリをつとめてくれた、ヤングブギーズ 緊張ぎみの御様子でしたが、このバンドもやってくれよったわ。あのサングラスの下には、全員目のまわりが 真っ黒。なんじゃ!?今回突っ走って攻撃型と化したヤンブギ。地の底からはいずりまわる歌声とそれに からみつくギター、ベース、ドラム。やはし、カッチョイイの一言!ヤングブギーズも期待されるバンドの 中の一つであり、今後の活動が楽しみになりますわな。今日のイベントは、ドス黒い暗黒の世界みたいなのを お届けした感じでしたが、次回6月は、他では見れない素敵な集まりとなっている。
また、チェキして遊びに来て頂きたい。サバラ!
(文/写真 24)
SATINS live at Fandango 4.25.01`
SATINS
SUN live at Fandango 4.25.01`
SUN

go to fandango live report 4.21.01 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to fandango live report 5.06.01

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com