大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2002/13/09 (wed)   
chelsea times / スクイズメン /
ゲントウキ / サンプリングサン

chelsea times live at Fandango 2.13.02
chelsea times
スクイズメン live at Fandango 2.13.02
スクイズメン
2002年のバレンタインデーの前日である。頂いたチョコレートの数なんて、俺が気にする程誰も気にしていなかった。そんな事を気にする前にこの日のライブを皆さんに紹介しちゃおう!まず最初に登場したのが、"chelsea times"久々の登場である。新曲のお披露目もあったりで以前にも増して音がしっかりしていたのが印象的なステージであった。彼等の持ち味であるポップ性も前面に出ていて、かなり気持ち良かった。今後の活動に期待してまっせ。次は最近めきめきと力を付けてきた感のある"スクイズメン"の登場だ。独特なメロディーとサウンドで自分達の世界を創り出している彼等のステージは、この日も素晴らしいものがあり、ついつい引き込まれてしまった。ジャンルを超越したかっこよさって、こんなバンドのことを言うんやろなあと思った。さて、3番手は話題の"ゲントウキ"いつも通りの何かほっこりした気持ちの良い曲とMCとステージ運びで、こっちもすっかり気持ち良くなってしまった。何といっても曲がええなあ。特に最後に演奏した「二人の生活」は名曲だ。そして、この日のトリを飾った"サンプリングサン"の登場である。待ってましたと言わんばかりに盛り上がるお客さんに、のっけから飛ばしまくるサンプリングサン。次々に演奏される名曲の数々に会場内はメロメロである。見る度にドンドン良くなっている彼等のステージに脱帽である。正にロックである。彼等を見た事の無い人は、是非アルバムを手に入れてライブに足を運んで下さいな。本当に素晴らしいイベントやったと思う。よし、これからもドンドンこんなイベントするぞ。そんな感じの1日でした。
(写真/24 文/ツル1)
ゲントウキ live at Fandango 2.13.02
ゲントウキ
サンプリングサン live at Fandango 2.13.02
サンプリングサン

go to fandango live report 12.01.01 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com