大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2002/03/06 (wed)   
"トーキンロック!THE NEWEST OF INDIES & L magazine 25th anniversary"
NEWEST LIVE #5
〜オルタナティブ男塾(集中講座2日間コース)2日目〜
FOUL & SCISSORS / 桂田5/ 宙ブラリ/ fOUL

FOOL & SCISSORS live at Fandango 3.06.02
FOOL & SCISSORS
桂田5 live at Fandango 3.06.02
桂田5
エルマガジン25周年おめでとう!ということで企画されたこの強烈なまでに濃厚なイベントの2日目である 。昨日も凄かったけど、今日のメンツも凄い!もう既に頭がおかしくなりかけだ。サブタイトルが「オルタナテ ィブ男塾」というだけあって、これでもかと言う位に男臭いバンドが集まったこの日のイベントの1番手を飾った のは "FOOL & SCISSORS" 初めて見るこのバンドは、鹿児島出身のスリーピースバンドで、白目をむいて激しく歌い まくるボーカル、激しく弾きまくるギター、リズム隊も申し分なしのスゲー奴ら。切れ具合が絶妙にいい味を出して いて、これからが凄く楽しみなバンドであった。次はお馴染み "桂田5" 歌を聞かすといったイメージがあった彼等 だが、この日のライブは以前にも増して音が重厚になっていたのが印象的で、最初から最後までゴリゴリな内容で面 白かった。次のライブも実に楽しみである。さて3番手は久々の登場となる "宙ブラリ" 着物姿で登場したボーカル がしつこい位に客をあおりまくるこのバンドだが、以前見た時の印象がぶっとぶくらい、更にシンプルかつストレー トそして強引な程パワフルに自分達を伝える。凄くかっこよかった。そして、もう腹一杯というところで登場したの が "fOUL" である。ナント、4人編成になっている。G.VOが骨折の為に急遽サポート・ギターを入れてのステージで あった。今後は2度と見れぬこの編成を一つも見逃してはならぬとじっくり見させてもらった。最高のステージだっ た。特にボーカルの動きやパフォーマンスは、特に説得力があったように感じた。どんな状況に置かれても、良いモ ノは良い!素晴らしかった。正に、男塾2daysのトリをとるにふさわしいバンドだと思う。早く骨折を直して、またフ ァンダンゴに来て下さい。そんな感じで、モノスゴク満足した2日間でした。もう腹一杯や!!!
(写真/24 文/ツル1)
宙ブラリ live at Fandango 3.06.02
宙ブラリ
fOUL live at Fandango 3.06.02
fOUL

go to live report 3.05.02 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com