大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2001.02.02 (fri)   
"GO GO GO part.2"
THE NEATBEATS / JACKY&ENOCKY / SCOOBIE DO / THE SPRAGUE BROTHERS(USA)

JACKY&ENOCKY live at Fandango  2.02.01
JACKY&ENOCKY
SCOOBIE DO live at Fandango  2.02.01
SCOOBIE DO
今、各地で話題沸騰中のバンド"THE NEATBEATS"による熱きロック・イベント"GO GO GO"の第2弾が極寒で震える2月2日の大阪を強襲した。まず、 しょっぱなに登場したのが"JACKY&ENOCKY"である。のっけからバリバリのサーフ・サウンドで、場内がまるで真夏のビーチに早変わり。さすがベテラン! いつ見ても凄いぜ!兄貴!高校時代にサーファー気取りで始発電車に乗って磯ノ浦まで行ったのを思い出したぜ。お次は"SCOOBIE DO"!ボーカルの人、 いい顔してるぜ。正にロックをするために生まれて来たような。サウンドも正にロォックゥ!!古臭い言い方かも知れないが、何かいい意味で不良っぽい感じ。 出したくても簡単に出せない雰囲気が、バンド内から自然に滲み出ている。かっこいいぜぇ〜本当によぉ。3番目は"THE NEATBEATS"。
新メンバー加入で益々勢いに乗る彼等は、全員「黒いジャンパー」での登場である。演奏が始まるや否や荒れ狂う観客に、これでもか!という勢いで浴びせかける ロッケンロール・ナンバーの数々。やっぱ凄いぜぇ〜かっこいいぜぇ〜。最後に登場したのがアメリカからやって来たナイスガイ"THE SPRAGUE BROTHERS"見た感じは、 LAのビーチで海の家を営む気のいいおじさんといった感じである。演奏も実に落ち着いた感じだが、それだけには留まらずにグイグイとお客さんを引き付けてビールま で注文させてしまう所には脱帽である。いぶし銀の魅力とは、この事なのだ。渋いぜ!オヤジィ。あれよ、あれよとしてる間に"GO GO GO part.2"は幕を閉じた。 実に面白いイベントだと思うので、是非「ロックってどんなんやったかなぁ」等と一瞬でも感じた事のある人は、一度この"GO GO GO"に遊びに来て下さい。ロックンロォーーール!!!!
(写真/24 文/tsuru1)
THE NEATBEATS live at Fandango 2.02.01`
THE NEATBEATS
THE SPRAGUE BROTHERS live at Fandango 2.02.01`
THE SPRAGUE BROTHERS

go back to fandango live report 1.31.01 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to fandango live report 2.003.01

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com