大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2001.02.18 (sun)   
KAKASHI(fm.TOKYO)/CHAINS/SONIC BLUE/夕凪

SONIC BLUE  live at Fandango  2.18.01
SONIC BLUE
CHAINS live at Fandango  2.18.01
CHAINS
2月のクソ寒い日になんぼ寒いから言うてこんな熱いイベントするかあ。それが、 この日の出演者を知った時の最初の感想やった。強烈な個性を発揮してる4バンド やから、最初から最後まで全バンド見たら、面白いやろうけど疲れるやろなあとも思うた。 まずトップバッターは、「SONIC BLUE」一回聞いたら忘れられへん感じのキャッチーな メロディーと甘い歌声、そして随所に見え隠れする男っぽさが魅力の彼等。クールに テンポよく曲を聞かせながら、要所要所でうまく客を引き込んでいったこの日のステージ。
彼等のセンスの良さが光ったライブだった。お次は「CHAINS」この日は、事情により ドラム、キーボード抜きの編成でのライブであったが、一曲一曲丁寧にしっとりと聞かせる CHAINSらしいライブであった。ただ、いつもと比べると少し淋しいような気もしたが・・・。
3番手は「夕凪」ライブごとに目覚ましい発展を遂げているこのバンドだが、この日のステージ に関しても、この日きてくれたお客さん全てを引き付ける様なパワーを感じさせてくれた。
4月に発売される新作「音楽」に期待!全てのロック・ファンは必聴!である。
そして、この日のトリを飾ってくれたのは「KAKASHI」毎回、出て来るや否や独特の雰囲気で 場内を包んでしまうこのバンド、やはり凄いものを感じる。この日のメニューは、新曲のオンパ レードといった感じの内容であったが、ほとんどの人々を踊らせてしまうステージに彼等の底力 を感じた。サイケでポップでロックでダンサブル!誠に素晴らしかった!!
全バンド通して見て、疲れるどころか物足りないような、そんな感じのスッゲー一日であった。
(写真/24 文/KATO)
*SONIC BLUE: 4/21(SAT)「ROCK SIDE 007」 W/プロペラ、ステンレス、sunfish
*夕凪、KAKASHI:4/29(SUN)「ROCK SIDE008」W/GRIND ORCHESTRA、INDIAN NO ECHO SING BINE NO
夕凪 live at Fandango 2.18.01`
夕凪
KAKASHI live at Fandango 2.18.01`
KAKASHI

tsuruchan's live report 3.01 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to fandango live report 2.18.01

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com